ティアマト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


                               、 iゝ、才´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>:.、:.:.:.///////////////////
                             {、  }ゝ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:才/:.:.:.:.`ヽ、/////////////////
                             V}:.:.ィ:.才:i i i i >‐-;,;_: : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、/////////////
                            {ゝ:.:.イ:.//: イ´i i i i i i i i ,ハ: : : {:.:.:.:.:.:.:.:.iー--、ヽ///////////
                         {ヽ、/:.::,:’:.///:.才'´ ̄ `{:、: : :ヽ〃ヽ:.:.:.:.:.:.i` ̄ヽ、ハ/////////イ
                        {ヽ,>リ:.:.:/:.:.ィ/::::/      ヽヽ-‐;ハ: : : ヽ:.:.:.:.i: : : : :i: }:ハ//////イ
                      ,、 ンイ:.:.:.:/:.://:.:./          Vヽ/.ヽ: : :ハ:.:.:.i: : : : ハ:{:.:ハ:///イ
                    ,孑'´,.</ィ}:.:/:.://:.:/           V: : ヽ、_}: : :}:.:.:.:i: : : :>'´`:.ハイ
                   /:.,ィ、,.ィ,ィ:./:.:.,’イ:./              V: : :i /:.:./:.:.}: :/: : : /:.:.:、>
                  /:./:/ィ: /´ア:.:.//:.:./             }: : /:.:才:.:ィ´:.,:’: :ィ:.:.:.:.:.:ハ
                ,ィ:.,/壬./ィ´ ;{:.:.//:.:/                 /: :/:.:.:/,イ>{: : :才:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
               /:.ィァ:./´:.ヾ:.≧ {://:,イ                 /:.:/:.:.:.{≦: : : }’:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i}
            __ 才<}`ヾ }:.:.:⌒ヽ_.ェメ才                  ィ:{:_:{:.:i{:.:{: : : : : {:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.イ:.:}>
           {:.:ィ:.:.:マ'´゙'': : : ._..ィ´>´                i:.:.}、{i:.i{:.:}: : : : :ハ:.:.:.:.:.:.:.:ハ__,,イ:}: i}
           `ヾi`'`´才:.>-‐‐''´                  {i、} ii:.iハハ: :ハ ̄`{:.:.:.:.:.:.:.:.{: : : :,イ: ,’、
             ヽ_,イ.イ´                       レリ レルリ:.:.:.:ハヽ  ヽ:.:.:.:.:.:ヽ: /:.:./ ̄
               ̄                         `   ` ヽ:.:.:.:.ヾヽ’.`}:./:.:.:.ヾ:./、
                                               }:.:.:} ./: : : }三二'':/─
                                               ,’:.://: : : /:.:.:.:.:.:./、
                                              /:.:./:/: : :,イ:.:.:.:.:.:.:.{ヽ}
                                              {:.:.イ:/: ィ´:/:.:.:.:.}:.:.:}
                                             {:.:.:/’: /イ./:.}:.:./i:.:/
                                             {:.,イ: : : : :/:.{:.:.:{ .{:.{
                                            /: : : : イ:.{:.i:.:ヽ/〉レ’



  • 知性を持ち、言葉を話すハーティリド。外見は5階建てのビルに匹敵するサイズのドラゴン。
  • 世界から殆どのヒトが消え失せたあと、知性や自我を得た。
  • まともに会話したこともないため、ヒトを憎んではいない。
  • やや言語が異なる碑文を、解読出来るほどの知性と好奇心を持つ。
  • ヒトがなぜハーティリドを敵視するのか、長年疑問を抱いていた。
  • 年齢を数える風習は持たない。
  • 趣味は、未知の何かに触れたり、様々な土地を飛び回ること。
  • ふだんは遺跡巡りに時を費やしてみたり、同族と語り合ってみたり、稀にヒトと戯れてみたり…。その日の気分次第で、気持ちの赴くままにしたい事をやっている。
  • 目的は特にないが、ヒトとハーティリドの断絶が少しでも修復されるなら、面白いことになるのではないかと思っている。その実現は困難であることも認識しているが。
  • 恐竜肉と携帯端末とスペシャル☆ドロップスをプレゼント。恐竜肉が一番喜ばれた。
  • スペシャル☆ドロップスはその気になったら試してみるとのこと。
  • 念の為通話用の携帯端末を渡してある
  • ちなみにミシェーラさんが考えた名前はジェントルマン+ドラゴンで、ジェンドラとか、ジェンドラコとか