女子力


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



女子力(謎のパワー!!じょしぢから)


  • “魅力が周囲の人々へ与える影響”から得られるエネルギーを、特典と似た系統の技術で回収して効果を発揮する力のこと。
  • エネルギーを得られる条件は“崇拝や尊敬などの強い感情を抱かれる事。
  • 単に好きとか、友達程度の関係では不可。強いアレな感情はOK
  • 伝える媒体は情報にノイズが混じる度に回収率が落ちてしまう。

【直接>映像>写真など>文章のような順で下がっていく】

  • 感覚としては信仰とかが近いとの事
  • 魅力向上による注目とはそれほど強い感情では無く、一瞬だけ注意を向ける程度。
  • エネルギーを得られる域にまで強い好意を抱いてくれる人はほんの一部
  • 美人と思っても、数秒後には忘れてしまう程度なので歩いただけでエネルギー確保とはいかない。
  • 第一印象は全体的に良いので後は努力次第
  • 女子力=“天然のメイク”の強化版のようなもの
  • ミシェーラさんそのものは女子力によって何も変化はしていない。
  • 様々な容姿の変化にすら対応する、極めて高機能なフィルターのようなものらしい
  • 画一的なフィルターを用いてしまうと、ヒトの認識能力に重大な障害を残してしまう可能性がある

《“全ての人にとっての美人”を実現しようとすると、
    それこそ全ての人の認識に介入しないといけませんのでー》


使用結果


   1回目・10スレ目6200周辺
   魅力をちょっとだけ上げる
  • 『町一番の美人”の域から、(人間基準で考えた場合に)道を歩けば2人に1人からは注目される程度の美人”には上がってますよー』



美の基準


  • その時代、その世界で、最も多数派を占めると思われる価値観を参考にしている。その為、全ての人にとって美人に映る域に達するのは難易度が高い。

   《例えば、痩せている方が美人派が大勢を占めている世界に行った場合、
    太っている方が美人派にとっては、ミシェーラさんは美人には映りません》
   《その逆もまた然りです》
  • 人以外にとって美人に見せる事も可能
  • ただしそうした場合、ヒトにとってはスゴイモノに見えてしまう


魔術書と特典との組み合せによる女子力の再現方法

  • 魔術書では全く同じ事は再現不可能。対象の価値観を調べる時点で、普通のやり方では挫折してしまうとの事。
・特典で“価値観”を手に入れ、魔術でそれを“纏えば”女子力再現は可能
  •  余程の事が無い限り価値観の激変はあり得ない為、一度得た価値観は相当長く使える
  • “フィルターを纏う”為に必要なエネルギーは、価値観を調査するエネルギーより遥かに低く済む
  • 要するに、自分の姿をドロップス等で変えてしまえばOK
    1、特典で価値観の調査から変更までを一気にやってしまう
      (利点:楽です! 欠点:毎回特典を使わないといけませんねー)
    2、価値観の調査だけは特典で済ませて、変身は魔術やドロップスなどで済ませる
      (利点:特典使用回数を抑えられます 欠点:変身方法を模索する手間がありますねー)

女子力 ≠ 洗脳


  • フィルターは、あくまで“ミシェーラさんに掛けるもの“
  • ヒトの精神に直接作用するものではない
  • 洗脳とかではなくミシェーラさん自身が変装しているイメージ

レミエル《新しい価値観を手に入れることは、新しい変装道具を得るようなもの。》                                              レミエル《魅力を強化する事は、変装道具の質を向上させるようなもの》

ミシェーラ《それなら……。じょしぢからのようなエネルギーは、道具を買ったり改良する為に必要なお金――みたいな感じでしょうか?》

レミエル《まさにその通りですねー!》《なかなか良く出来た道具ですが、道具はあくまで道具です。
         外見が良ければ便利なのは確かですけれど、それだけで何でも思い通りかというと――》《ちょっと難しいですねー!》

メモ 先走って作ってみました 情報と使用回数が少ない為、暫定版です。改定必須