【”星辰との結合”ルーナ・サブリメイション】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

    2386年5月26日日曜

    リスポーンポイント
   コロリョフ宇宙港-どこかの建物の陰


世界説明

 ・人類が木星まで到達した世界。すごく平和。
 ・人類全員がDNAなどによるIDの登録を受けている。
  DNAが無いサリエルの扱いは用心するべきかもしれない。
 ・生きるのにお金がかからない世界であり、嗜好品や一般的でないサービス(宇宙船のファーストクラス席や酒タバコなど)以外は無料。
  公共交通機関や住居、一般的な品物もタダ。
  加えて、シミュレーテッドリアリティ内では贅沢し放題なので、良い暮らしを求めて働いている人はそんなにいないと思われる。
 ・教育も無料で入学試験すら無いが、無理してハイレベルなところへ入っても、付いていけなければ卒業できない。
  個人所有の教育施設では、有料のところもある。
 ・“生きてるナノマシン”の働きで、重力差による肉体の虚弱化を自動管理で防ぐことが出来る。
 ・銃弾状の物体から熱々のコーヒーが出せる技術がある。味も調整できる。
 ・そこら中にインフォメーション・センターなる機械があって、無料で情報端末を配布している。
 ・ミシェーラさんが最初に着いた地点、エアロック・第115-Bに到着する予定だったのは、アトランティック・スターウェイズの1146便。


登場人物

   ・トグサ:コロリョフ宙港職員。ミシェーラの正体は打ち明け済み。協力的態度。
   ・キュウべぇ:コロリョフ宙港警察職員トグサの知り合い。一般常識に詳しい。こちらも既に正体は知っているものと思われる。
        この世界については彼?に聞くべし。
   ・キャルヴィン・ヘーゼルダイン:国際共同政府機構大統領

地理・名所など

   セルゲイ・コロリョフ研究学園都市

   ・通称コロリョフ市
   ・ミシェーラさんが初めてルーナ・サブリメイションに降りたった地であるコロリョフ宇宙港がある。
   ・数ある研究学園都市の中では比較的小規模で、あまり発展してもいない。
   ・研究機関も、セルゲイ・パヴロヴィッチ・コロリョフ記念工科大学1つきり。
   ・一般向けの教育機関に到っては、1つも無い。
   ・既に高度な専門知識を身に付けているので無い限り、ここでの学問は、あまりオススメできない
   ・星系間を航行可能な、超長距離用宇宙船の研究では太陽系でも最先端。
   ・4.37光年離れたアルファ・ケンタウリ系まで、30年以内で到達する事を目標にしている

   ”オーシャン・オブ・ストームス市”
   ・略称はストーム市
   ・月面で最も多くの人口を抱える都市。
   ・太陽系全体で見ても有数の大都市で、周辺の小都市を含めて考えれば、3500万人位の人々が生活している
   ・その人口に相応しい程に色々なものがあるところだから、何か用事があれば、とりあえずここに行っておけば間違いは無い

   クラヴィウス・クレーター
   ・最大級のクレーター。古くからある貿易都市で、月でも最大級の大型宇宙港がある。
   ・宇宙船の開発・製造で有名な大企業ライトシュミット社の本社や造船設備がある。
   ・もう一つ有名なのが“食物史博物館”。
   ・人類の歴史上のありとあらゆる食文化が再現されていて、おまけにいつでも実際に食べることが出来る。
   ・ここ目当てで他の惑星から来る人も一杯居る。
   ・最近、物語に出てくる食べ物を再現する展示が始まった。
   ・連日超満員。

   シミュレーテッドリアリティ
   ・現実同様の感覚を味わえる情報空間。
   ・娯楽以外にも、現実世界でやってしまうと被害が大き過ぎることのシミュレーションや、
    遠隔地での公的サービスなんかにも使われてる
   ・その気になれば、現実に戻らずとも過ごせるため、そちらで暮らす生き方もこの世界では主流の一つになっている。

   軌道エレベーター
   ・月の赤道近くに存在。
   ・地球のものと違って、商用にはあまり使われる事はないが、観光客向けのポイントとしては今でも人気がある。
   ・いわば凄く高い展望台。


メモ