【“原色の原始林”オプティモ・レガーロ】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

    年月日不明

    リスポーンポイント
    祭壇のある洞窟内(入口近く)


世界説明

  ・恐竜に似た異形が闊歩するジュラ紀のような野性味溢れる世界。
  ・洞窟の祭壇から知的生命体の存在は確認できるが・・・。


登場人物

  ・ティラノサウルス:ミシェーラの初めて(命)を奪ったニクい奴。
  ・アノマロカリス:空飛ぶUMA。触手要員その1。
  ・電気クラゲ:浮き上がり、空中を移動できる。祭壇のスイッチを押すと自爆する。触手要員その2。
  ・ステゴザウルス:ミシェーラが初めてを捨てた(意識しての殺害的な意味で)ニクめない奴。
  ・草食恐竜:13頭 野生の触手の犠牲によって生存する
  ・野生の触手:意思がある?合体拒否派触手
  ・巨大UMA:水平線の彼方に確認。イカの足?お土産候補。

地理・名所など

   密林ど真ん中
   恐竜やアノマロカリスなど危険な生き物が多い。
   祭壇のある洞窟内
   最深部には、地底湖と謎の祭壇モドキがある。
   ・祭壇の構成は像・燭台・土台部分の装飾・右側の小さな柱・変な像・妙に真新しい蝋燭・変な窪(クラゲ&自爆スイッチ)
   ・祭壇(壊れた像の中)からは宝石を入手し、【“朽ち逝く希望”ナジェジヴァストーク】に移動できるようになった。
   ・祭壇はミシェーラさん曰く「しっくり来るんです、何故か」「まるでどこかの教会か何かを見ているような…」
   ・祭壇には十字架があったりする
   ・第一帝国時代の言語に似た文字で刻まれた文もあり
    In principio creavit Deus terram.Et creavit Deus hominem ad imaginem suamと書いてある。
   ・訳すると「初めに神は地を創った。また神は、己の姿を模って人を創った
   ・祭壇を探索すると 虹色に輝く透明な石のような物らしき何か を発見した
   ・水深は深い部分でも1メートルは無さそう?
   ・岸から祭壇までの地底湖の距離は10メートルちょっと
   ・地底湖水中を探査した結果、電撃クラゲ?以外の生物の気配が存在しないようだ。
   ・地底湖のほぼ中心部に縦穴がある。大きさは1~2メートル四方程度。深度は計測不能。

   祭壇のある洞窟の近くの崖
   ・高さは――大体30メートル程度。傾斜は45度くらい
   ・視界がかなり拓けている。かなり遠くまで見通せるようだ
   ・地図を書いた後、夜間に閃光弾を打ち上げた

   大樹と下の穴
   ・洞窟と一緒に見つけた野宿候補地。樹の下に大きな穴があり休めそう。

   ファブリカ社本社兼ベースキャンプ要塞(仮)
   ・海沿いの洞窟(海岸近くの崖下の洞窟。湿気が無くそこそこ大きく祭壇が無い)を元に建設中?
   ・建設予定地の看板がある。

   海岸
   ・巨大なUMAを水平線の彼方に見つける。安全の為海中調査は必要?

   プライベートビーチ
   ・「穢れなき青い海、美味しい気がする空気、燦燦と照りつける太陽に――正体不明の南国風の木が彩りを添える白い砂浜!」
    「まさに完璧なプライベートビーチです!」


メモ

  ・ステゴザウルスはミシェーラがMk66-57Axによる不意打ちを仕掛けて倒せる程度の強さ。
   当然ながら恐竜の種類によって強さは異なると思われる。