天夜奇想譚 test


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コミュニティ名:統括組織

コミュニティの作者:グリム

出展作品:---



1 コミュニティの名称
  • 統括組織

2 施設の概要(喫茶店、蕎麦屋、等)
  • 退魔組織
  • 関東一の規模を持つ大型組織
  • 元老院

3 国籍 住所
  • 天夜市市内

4 コミュニティの店主、店員他。
<本部常駐>
  • 隠居   :『元老院』6名 (本部最奥)
  • 総統括 :安倍 桜花 (長官室)
  • 司書   :メガネの女 (資料館受付)

<不規則>
  • 裁定者 :桶屋(天夜市内全般)

5 コミュニティの売り。
  • 遥か昔から土地に根付く歴史と権威
  • 多数の術式・異形に対する戦術を記した書物の収められた資料館
  • 日本古来の退魔家系・外国諸組織とのパイプ
  • 傘下に下った組織への依頼の斡旋、研究資金の提供


6 詳しい説明
  • 倭王権時代に発足され、詳しい年号は不明。起源は王権の元についた占星師集団(とは名ばかりの呪術師集団に近いもの)だったとされる。市民に奉仕するということはあまりなかったが、平安時代に入る頃、異形の最盛期には料金を受け取ることで退魔士としての活動を開始。元老院に実権を握られながらも、他の退魔組織を吸収して現在へと至る。他の日本古来からの退魔組織から見れば、その組織を吸収していく活動は、『俗』と捉えられ、その多くからは毛嫌いされている。しかし、異形・術具の研究・開発のために提携を結ぶ退魔組織も少なくない。

  • 統括組織は傘下の組織に依頼を斡旋し、その依頼を完遂させた場合に報酬を与える。信用がなければ当然、退魔士に依頼は入ってこない。古くから存続する統括組織を権威、後ろ盾として、力の弱い退魔組織が傘下に下るパタンが多い。

  • 資料館にある研究資料は、研究・技術職の退魔士にとっては宝の山である。日本の土着信仰調査から、海外の魔術書の写本など資料のジャンルは様々。媒体は書物だけである。とある事件以降資料にあったセキュリティが解除され、本棚に普通に納められている。置かれている書物は持ち出し不可、閲覧のみである。

  • 統括組織のもつ研究施設は天夜市内に点在している。研究施設を利用する場合は統括に使用届を出す必要があり、また、研究内容に危険性がないことを示さなければ使用できない。度合いにもよるが危険性があったとしても、統括から派遣された人間の監視下での研究が許可されることもある。

  • 統括組織における最強の12(13)人、戦闘におけるエキスパート、万夫不等のエースオブエース。それが裁定者と冠される存在である。全員、非常に高い戦闘力、または特異な能力を保持している。統括との関係は『元老院』を参照。


7 その店で得られる情報他
  • 資料館(本部内)
  • 研究施設(市内各所)


| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|