※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

221名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/04/15(日) 17:59:36ID:aeZpo3J9
暦と智が出ていって少し経つ。
ちよちゃんと大阪は寝てしまった。
神楽はずっと私の横でぶつぶつ言っている。
彼女は黒沢先生の話に少し動揺しているようだった。
私もちょっと意外に感じたが、神楽は特別だろう。
からかわれて赤くなった頬が女の子らしくてなんとも可愛い。
暦が意地悪言いたくなったのもよくわかる。
「神楽はそういう話は興味ないのか?」
私が聞くと、神楽の顔はさらに赤くなる。
「な…なんだよ、榊まで。お前の方こそどうなんだよ!」
ムキになっているところがまた可愛い。
「興味は…ある」
高校二年だ。普通そうだろう。
興味がある方が健全だ。
ところが神楽は「何だよ…」と言ってうつ向いてしまう。
この子は興味がない風をしているわけではなく、本当にこういう話には弱いようだ。
大きな胸とは裏腹に、幼い顔で恥ずかしがる神楽にいつもの元気はない。
私は自分が少しずつ彼女にもたれかかっていくのがわかった。

222名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/04/15(日) 18:00:19ID:aeZpo3J9
「何?重いよ、榊」
言いながらも彼女は私の腕をやんわりと掴んでくる。
私は彼女の背中に手を回した。
「本当に興味ないのか?」
神楽の肩がぐっとすくむ。
「なんだよ!しつこいなぁ!無いって言ってるだろ。バカ」
ぴったりとくっついた体から彼女の心音が伝わる。
何となくふわふわした気分だ。
いつも可愛らしい子だとは思っているが、今感じる彼女の可愛さは別のものだ。
これも黒沢先生の話の影響だろうか。
私は背中にまわしていた手を彼女の頭に置いて髪を撫でた。
ぐいと頭がこちらに向き、私を見上げる。
「榊…意地悪すんなよぅ…」
言いようのない甘い気持ちが私を襲う。
自分の中の気持ちが何であるか気付いたような気がした。
空いていた方の手で神楽を抱き寄せる。
抵抗はせず、体を私にすり寄せてくる。
やわらかくくねる体が愛しい。
「榊…」
うっとりと潤んだ瞳が私を見つめ、彼女の唇が名前を呼んだ。
その唇に吸い寄せられるように顔を近付け…
「何しとるんやー?」

223名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/04/15(日) 18:01:05ID:aeZpo3J9
私たちは反射的に体を離した。
振り向くと、上半身を起き上げて大阪が座っていた。
まさか、一部始終を…。
「お?よみちゃん達まだ戻ってないんか~。ちょっと様子見てきたろかな」
大丈夫…のようだ。
多分今起きたんだろう。
ふらふらした足取りで廊下へ出ていく。
大阪が完全に見えなくなり、安心した私は神楽の方を向こうとした。
と、私の唇に何かが触れた。
「さ…榊がもたもたしてるから!」
それだけ言うと神楽は布団に潜ってしまった。
胸がきゅんと締め付けられる。
この気持ちは一時のものではない。今それを確信した。
私はぐっと目を閉じている彼女に近付いて、顔の両脇に手を置いた。
覆い被さるようにしてさっきよりも長いキスをする。
彼女は目を開けようとしなかったが、シーツの端をぎゅっと握っていた。

それから、悲鳴とともに暦と智が駆け下りてきた。
顔を真っ赤にした二人はしっかり手を握っていた。