※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

648名前:それぞれのはじめて、大阪篇[sage] 投稿日:2007/06/04(月) 00:54:03 ID:HVen7QYT
感想は>>637>>647で申し上げたので、ここでは割愛させていただきます。
申し訳ありません。

あゆちよ前段階、大阪片想い投下します。
======================================================

今日な、いつも通りちよちゃんと帰ったんや。
ほんでな、私、なんとなく、なんとなーくやで、言うてみたんよ。
「みんなって、彼氏おらんのかな」
まだ子供のちよちゃんに聞いても、知らんもんは知らんやろうけど、
私っておつむがしっかりせえへんからな、聞いてしもうたんや、つい。
「みんな?」
「あの、よみちゃんとか榊ちゃんとか」
ちよちゃんはまだ汚れとらんから、迷わずにこう答えおった。
「いるかもしれませんけど、ちゃんとした人たちですから。
 みんないつかは結婚して、幸せな家庭を築くんでしょうね」
せや、結婚や。
彼氏、語尾は上げても上げんでもええ、彼氏ってのは、
将来結婚するためにあるんやな。
「家庭かー、ほんなら、私もちよちゃんと一緒に……」
あれ、なんや?
今、おつむのどっから来よったか知らんことを口走った気がするわ。
「私ですか?」
あかん、ちよちゃん、あからさまにおかしな顔しとる。
「なんでもあらへん」
私が首を横に揺らしてもな、ちよちゃんのきれいな目ん玉はずっとこっちを見ておった。



649名前:それぞれのはじめて、大阪篇[sage] 投稿日:2007/06/04(月) 00:55:24 ID:HVen7QYT
全くいらん話をしてもうたわ、しゃあない、話題変えよ。
こういう時こそ、もっとしっかりせえへんとあかんのになあ。
「ちよちゃんは、好きな人おるの?」
あんまし変わってへんなあ、そう気づきよっても、もう遅かったんや。
「分かりません」
せやな、子供やからな、普通は分からんよ、当たり前やがな。
「ほな、た……タイプとか、あるんか?」
ちよちゃんは人差し指をあごに当てて、ちょっと考え事をしとったわ。
ほんで、しばらくして返ってきた答えがこれや。
「うーん。 そうですね、しっかりした、大人らしい人がいいですかね」

あかん、これはあかん!
ボケた私にとっては何となく、別にちよちゃんに好きになってもろーたりとか思うてへんけど、
雷さんにへそを取られるくらい痛い気分がするわ。
「ほ、ほんならや。 しっかりした、しっかりした、大人っぽいタイプの人間ってのを挙げてみぃ」
「大阪さん、どうしたんですか? 不安な事でもあったんですか」
ああ、あかん。
しっかりしておりたいのにちよちゃんに心配されるとか、ほんまもんのアホやわ。
「ええよ、ええ、気にせんでええよ、あの、え、あのな」
表現に使える言葉が足りひん。
今、私の中にぐるぐると巡り巡っておるこの感情ってもん……なんやろう。
「大人らしい、ですか。
 あ、すぐに思い浮かぶのは……」

ちよちゃんが次に出しよったのは、榊ちゃんの名前やった。
私が狙っとる人、ちゃうで、別にああいう意味で、
かおりちゃんみたいな意味で狙っとるんやない。
それやったら、私はちよちゃんを狙って、あ、間違うた。
また変な思考回路が組み込まれおったわ。
私の頭は、中身は空っぽやけど、ぐっちゃぐちゃに混乱しとった。
しっかりした人、大人らしい人、二つの言葉がずっと残っとってな、
どっちにも当てはまらん自分に、あかんって心の中で叱り付けたりしてみた。

650名前:それぞれのはじめて、大阪篇[sage] 投稿日:2007/06/04(月) 00:56:50 ID:HVen7QYT
ちよちゃんはついでにもう一発、追い討ちをかけてきたんや。
「榊さん、大事な時に優しく守ってくれますから」
「そ、そんな仲になっとったんか!」
「はい? そんな仲、って……それはまあ、友達ですから、ねえ」
さっきから私の考えがおかしくなっとんのは、きっと頭のネジが全部飛んでもうたからなんやね。
冷静にならんと、冷静に。
「あはは、せやな」
「大阪さんは?」

今度はちよちゃんの方から、不意打ちや。
私の好きな人、誰やろう。
そう思うたら、いつの間にかちよちゃんの方に目が行っとった。
なして? どないして?
今日の自分、夢の中におるんちゃうかな。
ちよちゃんは私とおんなじ女の子、しかもほんまなら同級生やない、小学生か中学生かそんくらいや。
これって、いわゆる……ロリコン、ってもんやないか。
よくニュースとかでおっちゃんが捕まっとる、あれや!
怖ぁ、まさか、私も犯罪者になってまうのん?
「大阪さん、おーさかさーん」
「え、な、なんや?」
動揺を止めきれん私は、何を聞かれたのかすっかり忘れておった。

「大阪さんの好きな人は誰ですか、答えてください」
ああ、なるほど、話はまだ続きやったな、でも、あかんわ。
「……教えへんで」
理由は聞かんといて、と心の中で付け加えながら、私はちよちゃんに言うたんや。
「ずるいですよ、私のだけ聞いて」
「ちよちゃんにはおらんのやろ? 私もおらんってことでええ」
この場は平和に済ませんとな。
ともちゃんみたいなんと違って、これ以上問い詰めたりはせえへんやろ。
「あの、それって。 ……いる、ってことですよね」

651名前:それぞれのはじめて、大阪篇[sage] 投稿日:2007/06/04(月) 00:58:35 ID:HVen7QYT

「へ、なして、なんでや」
「本当にいないんだったら、すぐにいないって言いますから」
私は、まったく、自分のアホさに絶望したわ。
ほんまにその通りや、最初からおらんって言うておけばええのに。
しゃあない、もう教えたる。
「ヒントだけ、な?」
「別にそれでもいいですから、教えてください」

くだらん冗談を楽しむように笑っとったちよちゃんが、
「ちいちゃくて、かわいくてな、しっかりとした……すぐ近くにいる、女の子」
この瞬間に、真ん丸の目を見開いて、驚いた顔をしよった。
あかん。
今日、ちよちゃんが好きだと初めて気づいて。
一時間もせんうちに、正直な気持ちを伝えることになったわ。
そう思うたんやけど。
「へえ、やっぱり大阪さんはすごいですね」
……あっけなく受け流されとるね、私。
「でも、私が聞いてるのは、好きな男の人の話ですよ」
せやな、やっぱり好きな人は男の子であらんとダメなんやろうなあ。
やっぱし、女の子はあかんのかなあ。


652名前:それぞれのはじめて、大阪篇[sage] 投稿日:2007/06/04(月) 01:00:30 ID:HVen7QYT

ようやく分かったで。
私は、改めて、しっかりせなあかん。
ちよちゃんは絶対に私のことを友達としか思うとらんけど、
しっかりとした人が好きやって言うんなら、ちよちゃんの望むようにならんと。
「大阪さん、いるんですか」
それにしても、なしてちよちゃんを好きになったんやろ。
かわええからかな、純粋やからかな、いつも一緒におるからかな、よくよく考えると分からへん。
今は、ちよちゃんやから、としか言えんわ。
「おおさかさん?」
「おらんよ」
「本当ですか?」
「今は、おらんよ」
ちよちゃんは、女の子やもん。
「なあ、ちよちゃん」
「はい」
大切な、友達やもん。
「このまま、ちよちゃんちにお邪魔してもええかな」
「いいですよ。 いつでも開いてますから」
せやから、友達から、一緒の友達から始めても、ええやろ?
「あー、ほんま、ありがとな」
「そんな、お礼を頂く必要はありませんよ」
のろまな私の歩きが、ほんのちょっとだけ速くなったみたいやった。

私はしっかりせんとあかん。
そのためにも、ちよちゃんと、しっかりと仲良しになっていかんとな。
しっかり、しっかり。


(おわり)