MANUAL_5

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MANUAL_5
加工

●登録への最後のステップは、ファイルの加工です。

■青空文庫の基本フォーマット

●原則として一つの作品には、テキストとxhtmlの、二種類のファイルを用意しています。(2002年5月7日以前に登録した作品では、加えて電子本形式の、エキスパンドブックもしくはドットブックを提供していました。)
●xhtmlファイルは、プログラム(Perlスクリプト)を用いて、テキスト・ファイルから自動生成しています。
●自動生成を実現するためには、レイアウトや外字注記に関して、青空工作員マニュアルに記載されていない、より細かなルールを定め、確実に記述していくことが求められました。
●より細かな注記規則の暫定案は、「テキスト版の注記をどう書くか」にまとめてあります。
●厳密なファイルのチェックを徹底するために、「入力ファイルを「テキスト版」に仕上げるために」と名付けた、「内部マニュアル」を用意しました。
●ファイルの形式点検と整備にあたっている点検部屋メンバーは、マニュアルに加え、これら二つの文書にもとづいてテキスト・ファイルを整えた上で、プログラムを用いて、xhtmlファイルを作成しています。
●マニュアルに記載のない新しいルールは、現時点では守っていただかなくても結構です。ただし、これらはいずれ、マニュアルに組み込まれます。先取りして実践していただければ、点検部屋メンバーの負担は軽減されます。
●自動生成プログラムは、開発の中心となった大野裕さんのページ(「ファイルの自動生成メモ」)で、公開されています。



総インデックスへ|◆作業マニュアル目次へ



ご不明の点がありましたら、青空文庫(reception@aozora.gr.jp)宛にご連絡ください。