MT*2_8-震災日誌 / 震災後記 喜田貞吉

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MT*2_8-震災日誌 / 震災後記 喜田貞吉

2009.9.12 第二巻 第八号

震災日誌 / 震災後記
喜田貞吉

定価:200円(税込)  p.255 / *99 出版
付録:別冊ミルクティー*Wikipedia(18項目)p.101

※ オリジナル版に加えて、ミルクティー*現代表記版を同時収録。
※ JIS X 0213・ttz 形式。Windows & Macintosh ハイブリッド。
※ この作品は青空文庫にて入力中です。翻訳・朗読・転載は自由です。
(c) Copyright is public domain.

(略)転じて本郷の通りへ出て、焼けたという一高へ行ってみると、これも噂ばかりで何のこともない。門内には避難者が群集している。様子を聞こうと門衛所の前へ行くと、「喜田先生ではありませんか」と声をかける生徒がいる。よく見るとこれは原博士(京大文学部長)の令息が警戒に立っておられるのだ。
 帝大の大部はすでに無残にも焼け落ちている。門衛について聞くと、法文両学部は全滅で、図書館の書庫まで焼けてしまったという。なんという情けないことであろう。ここには金で補いのつかぬ多くの書籍があったはずだのに。しかし史料編纂掛が無事だと聞いて、国史科のためには思わず万歳を唱えざるを得なかった。
 大学の前は避難者でいっぱいだ。その中を押しわけて本郷三丁目の十字路へ来てみると、角の長島雑貨店など二、三戸を残したほかは、本郷座の方へかけて見渡すかぎり一面の火だ。これではたとい水があったとて消防の手のまわるはずはない。猛火は容赦なくあらゆる物を焼いて、下谷・神田・浅草の方まで一つになっているのだという。湯島の和田英松君(史料編纂官)のお宅が気にかかるがとても寄りつかれそうもない。同君は自分ら仲間ではことに蔵書家として知られている人だ。浅草には黒川真道君や大槻如電翁がおられる。有名な書肆(しょし)浅倉屋がある。その莫大な蔵書はどうなったことであろうと気にかかる。

2_8.rm
(朗読:RealMedia 形式 380KB、3'04'')



【週刊ミルクティー*第二巻 第八号】 ※ ダウンロードサイトへジャンプします。
(574KB)

喜田貞吉 きた さだきち
1871-1939(明治4.5.24- 昭和14.7.3)
歴史学者。徳島県出身。東大卒。文部省に入る。日本歴史地理学会をおこし、雑誌「歴史地理」を刊行。法隆寺再建論を主張。南北両朝並立論を議会で問題にされ休職。のち京大教授。

◇参照:Wikipedia、『広辞苑』。


底本

震災日誌
底本:『喜田貞吉著作集 第一四巻 六十年の回顧・日誌』平凡社
   1982(昭和57)年11月25日発行
初出:『社会史研究』第10巻第3号
   1923(大正12)年11月
NDC 分類:915(日本文学:日記.書簡.紀行)
http://yozora.kazumi386.org/9/1/ndc915.html

震災後記
底本:『喜田貞吉著作集 第一四巻 六十年の回顧・日誌』平凡社
   1982(昭和57)年11月25日発行
初出:『社会史研究』第10巻第4号
   1923(大正12)年12月
NDC 分類:915(日本文学:日記.書簡.紀行)
http://yozora.kazumi386.org/9/1/ndc915.html



2009.9.20:公開
目くそ鼻くそ/PoorBook G3'99
翻訳・朗読・転載は自由です。
カウンタ: -

名前:
コメント: