※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


白兵

部隊評価




作戦

【陣形】
  • 敵に対して多数で攻撃することを前提とし、敵1体に2人以上で攻撃できるようにポジションをとる。
  • 敵に後ろを取られないように味方同士でお互いに背中を守る。

【体術】
≪全般≫
  • フェイントを交えて相手の防御を崩してから攻撃する。
  • 相手の目線、体捌き、ポジションから間合いや攻撃のタイミングをはかる。
  • 相手の懐に飛び込む際は防御を意識しつつ相手の急所を狙って突く。
  • 相手が飛び込んできた際は体全体を攻撃線からはずして防御する。
  • 相手の打撃が来た場合、銃や杖、刀など手持ちの装備を使って防御する。
  • 相手の攻撃の軌道を見極め、上段・中段・下段受けを状況によって使い分ける。
  • 攻撃を受けた際は相手の近くから離脱するか、攻撃を続行するかを選択する。
  • 反撃の際は防御したら即座に突く、蹴る、打つなどして攻撃する。
  • 初撃で相手の動きを止めた後、続けて突き・蹴りなどで攻撃を続ける。
  • 基本的な攻撃の技術を応用し、連続して技を繰り出すようにする。
  • 相手が前に進んでくる勢いを利用し、脚を払ってバランスを崩し、次の攻撃につなげる。
  • 力がない者は敏捷性・スピード・タイミング・バランス感覚を最大限に利用する。
  • 単純なスピードだけでなく、攻守のタイミングを常に意識する。
  • 一度に倒しきれないほど多数の敵は、前衛の負荷を超えない範囲で、少しずつおびき出して倒す。
  • 脇を締める
  • 打突に体重を乗せるためには腰の回転を意識する
  • 力みすぎないよう心がける(動きに柔軟性がなくなるから)
  • 相手の勢いを意識する
  • 相手との間合いを意識する
  • 自分にとってベストの間合いで戦うことを意識する
  • 決めたと思っても気を抜かない
  • 打撃を行うさい、姿勢が崩れるほどの体重をかけないこと
(体が流れるため、打ち終わりに自分の姿勢が崩れるため)
  • 即座に行動できるよう自身の姿勢を意識し、常に維持すること
  • 打撃は、相手に当たったらすぐに引く(姿勢維持と打撃力が上がるという効果がある)

【ダンボール・エイジャ兄弟用】
≪歩兵≫
  • ナイフやソードなどの刀剣類で突きや斬撃を行う。
  • 装備している物が体の動きを制限したり、身軽さや素早さを低下させないよう配慮する

≪打撃≫
  • 状況によってアッパーカットや手刀、拳槌、肘打ち、膝蹴りを使い分ける。
  • 突く際は全体重を乗せて、相手の体の向こう側を意識して打ち抜く。
  • 状況に応じて横蹴り、前蹴り、回し蹴りなど蹴りの種類を変える
  • 回し蹴りを打つ際は脚、膝、腰の力を利用し、上半身でバランスをとりながら相手に全体重を叩き込む。
  • 蹴るときは踵、つま先、脛など状況によって蹴りに使う部分を変える。
  • 打撃の種類
基本突き:脇を絞り、真っ直ぐ拳を突き出す。上半身の力だけでなく体重移動や腰の回転を意識し体重をかけて打つ。
上段突き:胸やノド、頭部を狙う。頭部は特に目、鼻、こめかみ、あごなど急所が集中しているので効果が高い。
中段突き:相手の胴体のど真ん中=鳩尾を中心に狙う。鳩尾にまともに打撃が入ると内臓へ衝撃が伝わって立っていられなくなる。
裏拳:手の甲でスナップを利かせて打つ。顔面など比較的もろい部分を狙う。
拳槌:握った拳を振り下ろしたり、体を回転させるようにして打つ。
肘打ち:人体の中でも硬い肘を使い、相手を打つ。全体重をかけて相手の弱い部分を狙う。
上段蹴り:下半身のばねを使って脚を振り上げ、上半身のバランスをとりながら相手の頭部を蹴る。
中段蹴り:相手のわき腹、みぞおちを狙う蹴り。相手の状況で前蹴りや回し蹴りを使い分ける。
下段蹴り:膝や足の甲を使って相手の太もも周辺めがけて蹴りこむ。足をつぶして立てなくしたり、素早さを封じたりできる。
前蹴り:片足を上げて抱え込み、体重を乗せて真っ直ぐ蹴りこむ。

≪棒術≫
  • 棒状の武器は全体重を乗せて突き、払い、スナップを利かせて打つようにする。

≪刃物≫
  • ナイフや刀剣で攻撃するときは攻撃角を意識し、上下左右斜めに斬ったり最短距離で突く。
  • 斬撃の種類
唐竹割り:まっすぐ振り下ろして斬る。
袈裟斬り:刀剣を斜め上から敵の体に振り下ろして斬る。
水平斬り:刀剣を横水平に切り払って敵を斬る。
刺突:敵の胴体真ん中を狙い、まっすぐ突く。する時は刃を寝かせて(横にして)行う。そうすると、骨に当たらずに貫ける

SS

□投稿者/ 若月宋一郎 -(2007/06/16(Sat) 10:48:46)
 ダンボールのコクピットで、若月はその集団を見つめていた。
 鍛え上げた肉体、装甲に身を包んだ騎兵、話にだけ聞いていた人騎兵。
 前方に布陣している彼らは、チルやオズルの山とは違う、威容とでも言うべきオーラを放っていた。
 戦のためにある、それはまさに、古き「軍勢」であった。

 黒オーマ。
 堂々たる鍛え上げられた戦の担い手。その姿は、若月にとっては見慣れるほどに見慣れていた。
 故に、今までのオーマとは異質な雰囲気も十分に、わかっていた。
 こちらを見下さず、戦いを楽しみ、礼節と騎士の心を忘れない。しかしていざ剣を交えれば、その強さは天下無双。
 になし藩に滞在する“黒オーマ”の2人、エイジャ兄弟は、風紀委員の中では何かと厄介の種であったが、その一方で、偉大な騎士であり、風紀的に困ったところはあるが礼節も仁義に溢れており、何より“漢”である。
 彼らの姿をいやがおうにも見慣れているになし藩民にとって、黒オーマの軍勢は、最も身近であり、最も理解してしまった、敵。

 勝てるか。
 背後を見る。
 剣を握るのが本当は嫌いだけれど、あえて騎士の道を選んだ月空さん。
 剣とペンの二刀流、姫の大肖像画を描いた祐輝さん。
 共に心強い、仲間だ。

 自分は剣の技術は無いけれど、彼らがついている。
 自分にあるのはぎりぎりの根性だけだけれど、姫に捧げた剣は騎士と変わらない。
 不安があっても、飲み込むのみ。それが自分の役割、I=Dが踏み込みをかける、一足が自分にかかっている。
 白兵距離での一撃必殺、それがになしI=D使いの、本来の姿だ。

「さて、参りますよ……お二方。準備は良いです?」
「了解ですー」
「ええ。剣はお任せを」

 ふわり、と笑って。前方に向き直る。
 ダンボール、突撃開始。敵は黒オーマ、数はたくさん!




ロールプレイ(事前)

Areb:「我らぽちの騎士は、その信ずる正義によってそなたたちに立ち向かう。ともに騎士なれば全力を尽くして打ち合うのみ。いざ!」
Areb:「ぽち姫よ御照覧あれ!我ら騎士団、ここに全力をもって敵を打ち倒さん!」
琴美:「この一撃が、姫様の志を守る。だからこそ、全てをかけてっ撃つ!!」
若月宋一郎:「王女に捧げた剣にかけて、堂々と。参りましょうか!」
若月宋一郎:「風紀と騎士のコンビネーション、黒オーマの皆様に劣るものではないと、お見せしましょう!」
若月宋一郎:「伊達や酔狂でエイジャのお二人の近くには居られないのですよっ」
になし:「死ぬつもりで戦う気はない。皆、生きて帰るぞ!」
になし:「簡単に死ねるなどと、思わぬがいいとは、セレナよ、きついな」
になし:「いいな皆、ぽちの騎士たる力、今こそ見せる時!」
になし:「小笠原でお姉さまが待っているのだ! 蹴散らすぞ!」

ロールプレイ(リアルタイム)