※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小笠原旅行その1
小笠原旅行その2←今ここを見ています
小笠原旅行その3
小笠原旅行その4

○天国と地獄

になし:九重さんの遺品を捜しておきます

月空:「なんともこう、世界が二つ同時並列で進んでる気がしますね(浮き輪膨らませながら)」>謎の人さん

謎の人:(月空さんに、うなずきかえす)

になし:「お姉さま、泳いでみませんか?」

ぽち :「い、犬掻きとかしたことないし」(顔を赤らめ)

水沢紫遠:「大丈夫です、僕も先日まで泳げませんでしたし」

御鷹:「そのお召し物では熱すぎませんか?他の衣装をご用意できますが」

御鷹:「海にはいるだけでも気持ちいいですよ?」

瑠璃:「姫様、浮き輪なぞ使って見ますか?」(荷物から取り出して差出)

になし:「大丈夫です、実は私は泳ぎは好きなんです。教えて差し上げますよ」

若月宋一郎:(はんおー(様子をうかがいながらぐっと指を立てる) ぐーです、その調子です!)

水沢紫遠:「うちの国だと、海は凍ってない時でも冷たすぎて泳げませんからね……ここは夢みたいなところです」

ぽち :「じゃあ。ああ。でもだめよ。ここでは着替えられないから」

ぽち :「王宮に戻ります」

瑠璃:「姫様、王宮まで戻られなくても、近くに学校がございます。 更衣室もありますよ?」

月空:「よし(浮き輪完成。次はボートを膨らませている)」

になし:「瑠璃、御鷹さん、おめしかえを手伝ってあげて下さい。お姉さま、お姉さまの着替え中は命に代えても私が守ります。安心してお着替え下さい。」

ぽち :(顔をあからめ)「いや、でも」

謎の人:(さっき潮干狩りで取ってきた貝でシーフードカレーなどをつくったりしながら、姫の方をじいっと見ている)



(一方、その頃漢たちは――)

セイ・エイジャ :(太平洋上)「ははは!」

ファイ・エイジャ :(太平洋上)「うはははは」

九重 千景:(太平洋上)「うははははは」(吹っ切れた)

玲音:(太平洋上)「むはははもごごっ! むはもごっ!」(そろそろ限界)

下丁:(太平洋上)「離されてなるものか」

玲音:(ああ、わかっていたさ。水平線の向こうって……それ場所じゃないよね)


(一方、さらに漢たちは――)

セイ・エイジャ :(ハワイ沖)「いいな。兄者!」

ファイ・エイジャ :(ハワイ沖)「ああ。気持ちがいい!」

下丁:(ハワイ沖)「ぜーぜー」

玲音:(ハワイ沖)「ははは。死にそうだな下丁! 九重! でも意外に人間って丈夫なことを知ったよ。うん」

九重 千景:(ハワイ沖)「セイ殿、ファイ殿。そろそろ戻りませんかー!?」(ぜいぜい)



月空:「(ああ、エイジャ兄弟にさらわれた人は生きてるかなぁ、と空を見上げる)」

御鷹:(ハワイ沖とは凄いスピード…)

謎の人:(視線は、ずっと海の方)

水沢紫遠:「せっかくの機会ですし、姫様と一緒にあそびたいです。きっと、みんなそう思っていますよ」

若月宋一郎:「そうです藩王。我々も風紀委員の名にかけて、不埒者は決して近づけません!」<敢えて「何故か」海の彼方から聞こえる騒ぎは聞こえないふりをしつつ

月空:「玲音さん達何所まで行ったんだろう。沖まで行っちゃったのかな(カレーが気になりつつ)」

若月宋一郎:「今、声が聞こえた気がしたよ」>月空さん 「玲音さん、下丁さん、九重さん……元気でやってるかな……」(青空に浮かぶ笑顔を見上げながら)

月空:「声ですか? じゃあ近くに居るんですか(若月さんから言われて辺りを見渡す)」

瑠璃:「ええと・・・ 水着姿がお嫌でしたら、パレオですとか、体型が隠せるタイプのものもあると思いますけれども・・・」(こっそり姫様に耳打ち)

御鷹:「何かお困りですか?」

になし:「……不埒な考えをした奴がいたら、になし藩国の名にかけて、二度とそんな事考えられないようにしてやる(ぼそっ)」

ぽち :「じゃあ・・・」

ぽち :(ぴー、と走った)

御鷹:追いかけます

になし:辺りを全力で警戒しつつ、見失わない程度に追いかけます

水沢紫遠:「……」(色々考えた結果、女性に任せた方が良さそうだと判断

瑠璃:「ひめさま。。。?!(悲しい顔)」

謎の人:(スープが一口分のったお皿を、月空さんのほうへ向ける)

月空:「あ、すみません。ありがとうございます(嬉しそうに受け取り味見」

になし:いつでも理力攻撃できるようにしておきます。

になし:「って、瑠璃も追いかけてあげて。」

御鷹:「誰かー水着を取ってきていただけませんかー」

ぽち :(おそるおそる瑠璃をよんでる)

若月宋一郎:「いけない、残った私が頑張らないと。ソックスの魔の手から姫と藩王を守らねばっ」(藩王の後を追いかけます)

若月宋一郎:(っていつソックスが出てきたんだ(笑)<風紀委員病)

水沢紫遠:「ほら、お呼びですよ」>瑠璃さん

瑠璃:「はう? あ、はいです姫様、いまおそばにー」(ダッシュ

になし:「御鷹さん、九重の用意していた水着です。」渡します

御鷹:「ありがとうございます。になし藩王」

になし:「九重、お前の遺産は無駄にはしなかったぞ……」

瑠璃:走りながら水着受け取りつつ参りますっ



(一方、さらにさらに漢たちは――)

ファイ・エイジャ :(アメリカ沖)「来たぁ!」

セイ・エイジャ :(アメリカ沖)「これが力だ!」

玲音:(アメリカ沖)「力こそ自由よ! 自由の風よ!」

下丁:(アメリカ沖) 「人間は頑丈だった…よ」

九重 千景:(アメリカ沖 )「ぜい・・・ぜい・・・」

下丁:(アメリカ沖 )「ああ、そう言えばこの国では男同士の結婚が認められていたー!!」復活

玲音:(アメリカ沖 )「そういう復活いやああああ」(悲鳴。まだ元気らしい)

玲音:(はんおー、若月さん、月空さん。自分はいろんなものを失いました。けど、何かを見つけたような気もします)



月空:すごい理由で復活してるー!(笑)<下丁さん

謎の人:(『しゅこーっ!?』と最大級に大きな音を)

若月宋一郎:(大丈夫…きっと、それはきっと、貴方の力になるはずですよ!(青空へ玲音さんに))

月空:「…?(玲音さんの声が聞こえた気がしたのであたりを見渡してみる)…何所まで泳いでるんだろうなあ。流されてたりして(味見」

謎の人:(カレーは仕込が大切なので、ここから離れることは出来ず)

月空:「んまいっ。やっぱりこういう所で食べるカレーって美味しいですね」>謎の人さん

謎の人:(でも、視線は太平洋の方)

謎の人:(もう一杯差し出す)

月空:「あ、すみませんなんだか催促してるみたいで。でもあまり食べると後で食べられなくなるので、これで最後で(受け取り」>謎の人さん

謎の人:(うなずき、再び作業に戻る)

ぽち :(どんなのが似合う?)>ひそひそばなしで瑠璃に

御鷹:(瑠璃さんにおまかせして一応周囲を警戒)

瑠璃:「どんなのが着たいかにもよりますね。パレオつけるんでしたら大胆なカットにしても良いかと思います」

になし:建物の外側で警戒中

若月宋一郎:「はんおー、せめて、お供くらいは、おつれください…」(ぜーはー)

になし:「そんな時間はなかった(きっぱり)。物事には優先順位があるのだ。」

瑠璃:「ただ、お肌が弱いんでしたら、ワンピースにされてもよいかと思いますよ」(にこり

水沢紫遠:(メイン会場でさりげなく男性陣の様子を警戒。御鷹さんとはアイコンタクト)

ぽち :「このおなかが出るの?」

瑠璃:「そちらがお気に入りですか? では同じデザインで色が違うのもありますけれど」(色とりどり)



(一方、やはり漢たちは――)

ファイ・エイジャ :(大西洋)「ついに来たな」

セイ・エイジャ :(大西洋)「パナマは大変だった!」

九重 千景:(大西洋) 「死ぬ…死んでまう…」

玲音:(大西洋) 「何をおっしゃいます、セイ殿。ファイ殿。たかがパナマ、されどパナマ」(どうやら少し変になってきてるらしい)

玲音:(そして思う。どうして自分は生きているのだろう。ありがとうアイドレス、と……)

下丁:(大西洋) 「西にまで着ちゃったよ、でも東に向かってるんだよね」



若月宋一郎:(…ひょっとして、パナマ運河…掘った?)

になし:「……嫌な予感がする。」

になし:「皆、海に気をつけるんだ。」

になし:と、伝えておきます。

若月宋一郎:「……あのー、地球って、丸い、ですよね」>藩王に、半眼で

月空:「海ですか?サメでも来るんでしょうか」>藩王

になし:(いや時間がかかると一周して奴らがね(笑))

謎の人:(しゅこー)

水沢紫遠:「了解、”西の”海に気をつけます」

水沢紫遠:(星見司御用達高精度望遠鏡で西の海を警戒)

月空:「まあ、一応見ときます。<海//さて、私は当初の計画を実行に移そっかなー」(シャベルを持って)

ぽち :「瑠璃、瑠璃、教えて。私、何も分からない」

御鷹:(ほのぼのしてていいですねー)

ぽち :ポチはしっぽしおしおだ。

瑠璃:「大丈夫です、いっこずつ覚えていかれれば良いのですよ。」

謎の人:(カレーの仕込が終わり、今度は酒蒸しをつくるため、再び潮干狩りへと)



(一方、もちろん漢たちは――)

セイ・エイジャ :(インド洋)「俺たちは太陽においつくぜ」

ファイ・エイジャ :(インド洋)「おお!」

玲音:(インド洋)「否、いずれ我らならば太陽を越えますぞ。唸れスクリュー泳法」

下丁:(インド洋)「はーはー、なんかもう、悟りが開けそう」



御鷹:(もうインド洋!?)

月空:(世界一周組が帰ってくる辺りに一波乱の予感ありですが…(笑)

になし:というかその速度は明らかに追い越してる気がする(笑

水沢紫遠:(予想以上に早い……加速してる?)

水沢紫遠:(もはやそのスピードだと泳いでるんじゃなくて海の上は知ってるんじゃないだろうか)

になし:「……近い、近くまで来ている……」

若月宋一郎:「夕食は、お魚ですかねえ……世界の」(シリアスな表情のまま、藩王に向かって)

水沢紫遠:(……お披露目が先か、帰還が先か)

謎の人:(しゃこしゃことあさりを取りながら、西の方へと視線を向けて)

月空:「んんー、このスケールで作るとすると細かい所よりも全体を見てバランスを取った方がいいかなあ(砂浜に指で何か描いてる)」

月空:「あれ、城の裏側から見た見張り台ってどんな感じだったっけ…あっちの方あんまり行かないからなあ(ぶつくさと砂で土台を作りながら」

瑠璃:「ではですね、藩王とおそろいのものから」

芝村 :結局彼女(ぽち)は、ワンピースにした。

になし:ワンピース。良い。(PLの感想)

芝村 :あまり地味でないのだ。

ぽち :(おずおず戻ってくる)

瑠璃:「ふふ、お似合いですよう!」

御鷹:「お似合いです」

謎の人:(酒蒸しを作りながら、姫の方を見る)

水沢紫遠:「…………すごくお似合いで、その、綺麗です」(望遠鏡から目を離してぽかーん)

になし:「お姉さま、お着替え終わりましたか」

になし:「(硬直、一瞬頭真っ白)」

若月宋一郎:(藩王をつつく)

になし:「か、いや、と、とてもお似合いですよっ(ごまかし)」

月空:「おー、きれーだなあ。さすが(小声で)」<王女

瑠璃:(にこにこ)

ぽち :(ぽちはほめられるのに慣れてないので、慌てて海に入った)

御鷹:(エスコートを~)

瑠璃:(はんおーに早くいってあげて!の目)

になし:「あ、待って下さいお姉さま!」

水沢紫遠:「え、ちょっと待って、いきなりは……」(準備されてた浮き輪を引っつかんで飛び込む)

御鷹:「ポチ姫、急に海にはいると危ないですよ」

になし:「急に入られると……!」転んだりをおぼれたりを想定して駆け寄ります

ぽち :「塩の味がする」

になし:あ、良かった

になし:「ええ、これが海ですよ」

若月宋一郎:(そろそろ、西の海に機雷でも撒いた方がいい気がしてきたですよ…(笑) 無駄だけど)

瑠璃:(ふと、兄弟が戻ってくるころじゃなかろうかと思って水平線を警戒)

月空:「(ちょっと休憩)塩梅はどうですかー」<料理の>謎の人さん

謎の人:(酒蒸しを、一個差し出す)

月空:「あ、頂きますー(酒蒸しを受け取り」

になし:「冷たいでしょう?」

ぽち :「おぼれないわ。 きゃっ」

になし:「あわわ」慌てて助けに行きます

御鷹:(浮き輪、浮き輪)

水沢紫遠:「御鷹さん、これを」(浮き輪パス)

水沢紫遠:「あ、あと瑠璃さん。設置したままの望遠鏡、よければ使ってください」

水沢紫遠:「なんか、その、もうそろそろな気がします。勘ですが」

になし:「お姉さま、海に入る準備をしませんと。日焼け止めと、簡単に体操してからにしましょう?」



(一方、当然漢たちは――)

セイ・エイジャ :(インドシナ沖)(大声で歌っている)

ファイ・エイジャ :(インドシナ沖)「密林かぁ」

下丁:(インドシナ沖)「蒸し暑い~」

玲音:(インドシナ沖)「おおインドシナよ。漢の海よ♪」(自作歌)



若月宋一郎:「……なんか、聞こえてきません? 歌のような……」>瑠璃さん(笑みを引きつらせて、海の彼方を眺めつつ)

瑠璃:「ありがとうございます。 ・・・・ですよね、彼らはいい人ですが油断は今だけはできません。」>水沢さま

水沢紫遠:「ええ、気持ちは僕も同じです」>瑠璃さん



(一方、それから漢たちは――)

九重 千景:「…ここはどの辺でしょう。三途の川?」>エイジャ兄弟

ファイ・エイジャ :(日本海)「ここは、日本海だ」>九重

セイ・エイジャ :(日本海)「もう少しだ」

九重 千景:(日本海)「あー日本海ですか。え?日本海?」

玲音:(日本海)「世界は、広い。されど、我らにはさほどのものでもありませんでしたな」

下丁:(日本海)「塩の臭いが懐かしく感じる」



御鷹:「…一時避難をした方がいいかもしれません」

になし:「さあ、こっちにいらして下さい」ぽちの手を掴んで誘導します

御鷹:(水平線を警戒します)

になし:「(なぜか急いだ方がいい気が)」

若月宋一郎:「日本海の、美味しい魚が、食べたいなあっ!」(無駄とは思いつつ、少しでも侵攻を遅らせるべく西の海に向かって叫んでみる)

月空:「んー。美味しい。どこかで料理習ったんですか?(味見しつつ)」>謎の人さん

謎の人:(マントをぶるっとふるわせると、そこから料理本が落ちてきた)

謎の人:(『ザ・料理(ザ・筋料理)』と書いてある)

月空:「(拾い上げて砂を払う)…なるほど。勉強の賜物だったんですね」>謎の人さん

月空:「泳ぎに行った人達が帰ってきたら食べてもらえたらいいですねえ。随分長く泳いでますし、お腹も空いてるかと」>謎の人さん

謎の人:(うなずく)



(一方、ともあれ漢たちは――)

セイ・エイジャ :(北極海)「どうした?」>九重

ファイ・エイジャ :(北極海)「寒いな」

九重 千景:(北極海)「さーむー…ていうかイタイ。氷いたい」

玲音:(北極海)「さすがに冷えますな。されど、我らの熱き心を凍らせるには、足りない。ふはは」

下丁:(北極海)「道違いませんか、太陽の向き的に」

玲音:(北極海)「違うよ下丁さん。道は我らが作るものだ」

下丁:(北極海)「おお!!我らこそが道になるのか」



水沢紫遠:(逸れたっ!?)

御鷹:(…平和が保たれましたね。ほんの少しの間ですが)

になし:「プレッシャーが離れていく……あれはなんだったのだろう」

謎の人:(再び、熊手とともに立ち上がった)

謎の人:(今度は刺身を作るため、再び海岸近くの方へと)

ぽち :(ちょっと泳いでいる)1mくらい。

ぽち :(嬉しそうだ。(ちなみに今は髪をあげておだんご頭にしている))

月空:「…さて。私も続き作ろっかな。まだ土台しか作ってないし(砂の城作り再開)」

御鷹:「海はいかがですか?」

ぽち :(うんうんうなずいている)>御鷹

になし:「泳げてるじゃないですか! そうそう、その調子ですよ」

水沢紫遠:「楽しんでいただけているようですね。よかった……」

御鷹:(浮き輪渡しそこねたのでつかまって浮かんでる)

瑠璃:(その浮き輪にちよこさまを乗っけてみる)

若月宋一郎:「……思うにですね、我々があわてても、あの人達は戻ってくる気がしてきました」

若月宋一郎:「というわけで、私も遊びますっ」(海に飛び込んで) 「ちよこさまー、私の頭の上にもぜひー」

御鷹:(ちよこ様! ご一緒だったのですか)

水沢紫遠:「ヌル様も連れて来ればよかったですかね?」>御鷹さん

御鷹:「そうですね。ヌル様もご一緒すればよかったですね。失念してました」>水沢さん

ぽち :「になし、になし。こっちよ。私、海とは相性がいいみたい」

謎の人:(戻ったあとあさりを捌きながら、何となく姫の方へと視線を)

になし:「待ってくださいお姉さまー。」

謎の人:(捌いたアサリは、鮮度を保つためクーラーボックスの中へ)


ぽち :(謎の人に、手を振った。嬉しそうだ)



(一方、もうなんというか漢たちは――)

ファイ・エイジャ :(カリブ海沖南下中)「そうか?」>下丁 

セイ・エイジャ :(カリブ海沖)「さすがに広いな。世界は!」

下丁:(カリブ海沖)「もう、細かい事をきにしません、兄者様についていくのみ」

玲音:(カリブ海沖)「ふはは。どんどん世界を貫け僕の身体~(謎の呪文)」

九重 千景:(カリブ海沖)「……海の色って場所ごとに違うんやなぁ(ぶくぶくぶく…)」



謎の人:(姫に、手を振り返す)

になし:「でも、油断して水を飲んでしまうととても辛いですから、気をつけて下さいね」(ちゃぷちゃぷ)

瑠璃:「沖まで行き過ぎないようにご注意くださいねー」(ひめさまとはんおーに向かって叫ぶ)

になし:「ありがとう、瑠璃ー」

月空:「…かわいいなあ。うん(手を振るぽち王女をぼんやり見つつ)」

ぽち :(ぽち、実は怖いので足のつかないところにはいってない)

謎の人:(今度は何を作ろうかなどと考えつつ、ぼーっと姫の方を見ている)

になし:「お姉さま、浮き輪を借りて使ってみませんか?  浮き輪につかまれば、もう少し沖まで行っても平気ですよ」

若月宋一郎:「ああ、すごい絵になる光景です……写真撮りたーい」<姫とはんおーを眺めながら

瑠璃:「ふふふ、後で私この光景を絵にしようと思うんですよ。 また皆で来れますようにって」>若月さん

若月宋一郎:「それは素晴らしい! きっとみんな喜びますよ」



(一方、誰か止めてくれ漢たちは――)

セイ・エイジャ :(南極海)「うおぉぉぉ」(ペンギンと戦っている)

ファイ・エイジャ :(南極海)「やるな、ペンギン……」

下丁 :(南極海)「うおー!!はいてない国人の根性見せてやる」 (注:になし藩国は当初、アイドレスページに『はいてない国人』と誤植をしていました)

玲音:(南極海)「セイ殿! ファイ殿! 今こそ漢の技を。我らお供しますぞ」

九重 千景:(南極海)「ぜい・・・ぜい・・・」(ちょっと休憩)

九重 千景:(南極海)「なんかあったかそうだからエイジャのそばを離れないようにしよう」

芝村 :玲音は海から出た瞬間に-50度

芝村 :九重も-50度

になし:(死んじゃう死んじゃう!)

玲音:(南極海)「甘い! 絶対零度より程遠いそんな程度で、凍ると考える方が、甘い!」(そしてかきーんと凍る)

九重 千景:(南極海)「うおおお外さむい。海戻ろう」



若月宋一郎:(ペンギン強い!?)

御鷹:(ハードボイルドじゃないのに?)

水沢紫遠:(ペンギン強っ!?)

月空:(九重さんだけ流されて帰ってくれば…と考えた私(笑))

若月宋一郎:(兄弟の回り、沸騰してるんじゃないかなあ)

御鷹:(それだと足場崩れませんか?>沸騰>若月さん)

瑠璃:(だからペンギンとバトルしてるんでしょうか・・・)>沸騰領土侵犯

月空:「あれ、ここ復興前と後で形変わったんじゃなかったっけ…(ううんと悩む)」

謎の人:(立ち上がり、味が変わっていないかどうか確認しに行く)

ぽち :「私、そのうちになしに泳ぎを教えられるようになるかも知れないわ」(浮き輪を受け取って)

になし:「それは本当に光栄です! 楽しみにしますね」

ぽち :「うふふふ。きっとよ」

御鷹:「その意気です」

水沢紫遠:「姫様なら、きっと出来ますよ」

玲音:(藩王、元気でやっていますか? 王女と仲良くされてますか?)

玲音:(いろいろありましたが、ありがとうございました。生きて戻ることがあれば、また、あなたの元で……)

になし:「(何か、不吉な電波が……)」

月空:「よし。後は窓とか作れば完成(ふう、と汗をぬぐい)」



(一方、戦い終わって漢たちは――)

ファイ・エイジャ :(太平洋沖)「いい戦いだったな」

セイ・エイジャ :(太平洋沖)「ああ」

芝村 :(ペンギン):(太平洋沖)「グエ、グェ」

九重 千景:(太平洋沖)「仲間が増えた」

玲音:(太平洋沖)(徐々に解凍されていく)



御鷹:(もしかして、友情が芽生えている…?)

若月宋一郎:(ハードボイルドペンギンに継いで新たなペンギン、漢ペンギンが参戦?)

謎の人:(調整が終わったあと、今度は瑠璃さんに視線を向ける)

謎の人:(がんばれ、と言いたいらしい)

瑠璃:「あ、はいなんでしょう。 。。。いただいても、いいですか?」>謎の人さん

謎の人:(なぜか数秒間を空けたあと、酒蒸しを渡す)

謎の人:(エール、のつもりらしい)

月空:「(砂の城の窓とかをシャベルの先で掘ってる)」

瑠璃:(差し出された酒蒸し受け取りもぐり)「・・・んー、おいしーっv」(そして姫様の声を聞いてにまにま)

若月宋一郎:「ふむ、一次はどーなるかとおもいましたが…」(同じくにまにま)

月空:「でーっきたっと!(になし藩国藩城砂の城のバージョン)」

になし:(泳ぎながら)「お姉さま、実は今日はお姉さまに贈り物があるのです」

ぽち :「? なあに?」

になし:「色々な方が、お姉さまに思いを届けてくれたのです。」

になし:「お姉さまは、数多くの人に愛されています。」

になし:「最近は沈まれていたとお聞きしましたが、元気を出してください」

水沢紫遠:(ぽち王女とになし藩王の様子を見守っている)

になし:「浜辺に戻ったらお渡しいたします。それを見れば、きっと元気がでると思います」

ぽち :「ありがとう。になし。好きよっ」

になし:「え、えええええええ!?(一瞬頭真っ白)


ぽち :?(遠くで声が)

御鷹:(嫌な予感がするので周囲を警戒)