ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド (Negasonic Teenage Warhead)/エリー・フィミスター(Ellie Phimister)

属性:ミュータント、女性
初登場:New X-Men #115(2001年8月)

能力

未来予知、予知夢
エマ・フロストのテレパス・クラスで授業を受けていたことから、ある程度のテレパシーを有していたと思われる。

概要

カサンドラ・ノヴァセンチネルで1600万人のミュータントを虐殺したジェノーシャ襲撃事件の犠牲者の一人。
エマ・フロストの授業中に未来予知の能力で「みんな死ぬの」と発言した瞬間に襲撃に遭い、死亡。生きて描かれたのは僅か2コマだけだった。
青白いゾンビのような外見に前進黒尽くめの不吉な姿をした少女だった。

2016には映画版デッドプールに主要キャラの一人として登場。
それに合わせてコミックスでも"Deadpool & the mercs for Money" Vol.2にて久々の登場を果たした。外見も一新、健康的な美少女になった。

その他

名前はアメリカのバンド"モンスター・マグネット”の曲「Negasonic Teenage Warhead」からとっている。
"Astonishing X-Men" Vol 3でこの名前を聞いたキティ・プライドは「マジでコードネームが尽きちゃったのね」と発言。
アメリカのファンサイトでは最悪のコードネームとしてラインナップされている。

映画版

2016年公開の映画版『デッドプール』ではデザインも能力も一新。
エネルギーを溜めて突撃し、核爆発を起こす能力になった。



アメコミ@wiki