Macau(マカオ)

Few, if any other, circuits around the world can claim a 60-year history using virtually the same layout, but that is precisely what Macau's Guia circuit has achieved. Since 1954, drivers have threaded their way through its precarious twists and turns, its big altitude variations and a very long main straight, making this track one of the most complete and challenging of the world.

世界中のサーキットを見ても、60年もの間同じレイアウトを使い続けているサーキットはほとんどありません。しかしマカオ・ギアサーキットはまさにそれを実現しています。1954年以来、ドライバー達はその危険なコーナー、激しい高低差、長いメインストレートを走り続けてきました。そしてそれこそがこのコースを世界の中で最も完成された挑戦的なサーキットのひとつとしてきたのです。

正式名称はギア・サーキット。

公道サーキットであるため、モナコGPのモンテカルロサーキットによく似た雰囲気。
ホームストレート区間を除き、道幅が非常に狭く、マシン2台がようやく通れるほど。
その割には、スピードが乗るので精密なドライビングを要求される。

超低速コーナーのメルコヘアピンは、クリッピングポイントに目安となる壁も何もなく、路面のブラックマークか白線を頼りに曲がらないといけないため、最初はかなり戸惑うだろう。

レースの際に無理な追い越しをして事故を起こすと、道を塞いで後続のドライバーに大きな迷惑がかかるので、要注意。


コメント欄

名前: