アオアシラ

部位 打撃 部位 怯み 気絶 ジャンプ
55 20 5 10 15 0 100
上半身 50 25 5 10 15 0 上半身 0
前脚 35 30 5 30 20 0 前脚 0
腹・後脚 55 15 5 10 20 0 腹・後脚 0
66 15 5 10 20 0 0

攻略

行動別攻略

  • 技名:

状態

回復、演奏タイミングについて


まとめ



紅兜アオアシラ


部位 打撃 部位 怯み 気絶 ジャンプ
40 5 0 0 0 0 300 100
上半身 38 15 0 0 5 0 上半身 420 0
前脚 20(36) 20(25) 0 15(20) 10 0 前脚 250 0
腹・後脚 23 5 0 0 15 0 腹・後脚 500 0
34 5 0 0 15 0 350 0
※()内は部位破壊後の肉質

紅兜
Xで追加された青熊獣アオアシラの二つ名。
原種と比べると尻の肉質が硬化しており、原種でよく見られた尻転倒をあまり見ることがない。
攻撃は前方に集中しているため、紅兜から常に軸をずらし、反時計回りに移動して尻付近にいるのが望ましい。
Xではラリアットを5連続で繰り出すことが多く、抱きしめ攻撃の判定が長く避けにくかったが、
XXになるとこれらは避けやすいように調整された。
「判定は一瞬」と書かれている攻撃は、回避性能なしでも避けることができることを指す。
「←」はその攻撃に派生する行動、「⇒」はその攻撃から派生する行動。
軸合わせ(二足歩行時)
気を付けの姿勢で二回まで軸合わせをする。
 軸合わせ完了までに背後まで移動しておくと、クイックターン後方を尻に当てつつ攻撃を避けられる。
咆哮
拘束時間の短い咆哮をする。こちらが動けない間に攻撃を重ねてこないので耳栓はなくてもよい。
 密着していれば咆哮までに右ぶんもしくは連音の一撃目を当てられ、
 咆哮やられが収まってから後方一回を当てられる。
上体起こし
←ノーモーション・ブレーキ・ヒップドロップ
四足歩行のときに使う。ハンターを追尾しつつ二足歩行になる。
当たると尻もち+微小ダメージを受ける。
のしかかり
二足歩行のときに使う。当たると尻もち+小ダメージ。
拘束攻撃
唸りながら上半身を震わせた後飛び掛かり、拘束する。
背後を取るようにして大きく反時計回りに移動すれば避けられる。
超個体に拘束をされたらこやし玉を投げよう。
レバガチャでは到底間に合わず、怒り喰らうジョーの拘束よりも大きく体力が減っていき力尽きる。
拘束で力尽きて前脚から離され、転がっている間なら粉塵救助できる。
回転爪攻撃
←抱きしめ攻撃
二足歩行のときに使う。判定は一瞬。
攻撃を溜めているときに紅兜の前方にいると尻もち+ダメージを受ける。
ヒップドロップ
素早く地面に前脚を置くモーションから派生する攻撃。
被弾すると大きくダメージを受ける上、必ず気絶する。着地点から震動が発生する。
下を潜ることも可能だが、できれば向かって右斜め前へ移動して避けたい。
 非怒りであれば落下後に隙ができるので、耐震があるとスタンプを当てられる。
 紅兜の背後から回り込むと、頭に左ぶんの頂点を当てることもできる。
 怒り状態であれば必ず上体起こしをするので、紅兜に背を向けて後方を頭に当てられる。
ヒップアタック
背後にいると使ってくる。震動が発生する。
 下がった頭へスタンプを当てられる。
連続ラリアット
唸ってから攻撃するパターンと、唸らずにノーモーションで攻撃するパターンがある。
判定は一瞬。リオレイアの尻尾回転を避けるようにして前脚に交差すると避けられる。
必ず左前脚から繰り出し、最初の一撃を避けると後の攻撃も避けられるだろう。
怒り状態もしくは疲労時かつ「紅兜から離れていると」最大5回まで繰り出す。
 唸ってからのパターンだと、唸っている間に尻へ右ぶんを当てられる。
抱きしめ攻撃
←ノーモーションで繰り出したラリアットの〆・抱きしめ攻撃
前脚がクロスする位置は威力が非常に高い。
超個体のこの攻撃は、980程度の防御力なら耐えられる。
なので、防御小を吹ける笛を担ぐととても助かる。
前進する胴体・前脚の片方のみに当たるとダメージは大きくない。
ホーミング性能こそ高いが、前脚を大きく広げられる前に側面~背後へ回り込んでおくと移動で回避が可能。
判定は一瞬。ラリアット避けと同じ方法で避けられる。紅兜の側面に判定はない。
 前脚をクロスした後、尻に右ぶんを当てられる。
 距離感を掴めば、クロスした後の頭に前方攻撃か背を向けて後方を入れられる。
飛び掛かり
←抱きしめ攻撃
左右どちらかへ軸を外して避けるとよい。
突進
ホーミング性能は高いが、判定は一瞬であるのでシャガルの突進を避ける要領で前脚を掠るようにすると避けられる。
⇒ブレーキ
四足ダッシュ
G級行動。突進よりも移動速度が速く、おもむろに四足歩行に移行すると繰り出す。
ハンターの背後を取るように大きく回ってから戻ってくるパターン(左回転・右回転)と、
ハンターに向かって走るパターンがある。
ダッシュ中に被弾するとそこそこのダメージを受ける。
⇒ブレーキ・切り裂き
 二足歩行→四足歩行の移行時に尻へ右ぶんを当てられる。
ブレーキ
←四足ダッシュ
そこそこのダメージがある。
切り裂き
←四足ダッシュ
G級行動。抱きしめ攻撃と同じぐらいの威力を誇る。
ダッシュ中に「今から殴りまーす!」と言わんばかりに右前脚をくるくる回すとこの攻撃に派生する。
攻撃する場所はダッシュする瞬間に決めているため、その場所から大きく移動すると回復・演奏が可能。
 攻撃後、下がった頭へ右ぶんと一拍置いて後方を当てられる。
 怒り時はスタンプか演奏攻撃を当てられる。
紅兜の右半身からスタンプをすると最初の振り上げも頭に当てられる。
地面抉りアッパー
紅兜最大の威力を持つ大技。長い溜めがあり、必ず右前脚を用いる。振り向きながら繰り出すこともある。
向かって左側へ移動すると被弾しやすいため、 向かって右側に移動して避けよう。
前脚をかちあげるまではハンターを捕捉しているため、左回転で背後に回る方法が一番危ない。
紅兜の背後から向かっていても、右脚付近に密着すると飛ばされるので気を付けたい。
 溜めの間、尻に背を向けて後方を当てられる。
 前脚をかちあげた後、尻に後方を当てられる。
超個体の前脚部分(隆起する地面ではない)に被弾すると防御力1000、体力150でも力尽きる。

状態
疲労
回転爪攻撃に風圧がなくなり、当たり判定が狭まる。銀冠サイズにもなると、密着すると当たらない位置ができる。

推奨武器

覇巌笛イクセハウカム

 カチカチ肉質なのではじかれ無効を切らさないようにしたい。

ディアブムル=ダオラ

 イクセと同旋律のクシャ笛。尻を中心に攻撃をしていくならこっちがやや優勢だが、
 頭も殴れるようになればイクセを担いでみよう。

推奨スキル

耐震

 攻撃チャンスが増える。

回避性能

 スイスイ避けられるようになる。