タマミツネ

部位 打撃 部位 怯み 気絶
63 5(10) 0 10(15) 5 8(10) 100
43 8(10) 0 10(15) 5 8(10) 0
25 5 0 10(15) 5 5 0
背ビレ 43 8(10) 0 15(20) 5 10(15) 背ビレ 0
前脚 21(28) 5(10) 0 35(15) 15(5) 30(10) 前脚 0
後脚 38 5(10) 0 10(15) 5 5 後脚 0
尻尾 33 5 0 10(15) 5 5 尻尾 0

攻略


今作で初登場でメインモンスターのうちの一匹。
特徴として泡ダウンという特定の行動中に怯ませると取れるダウンや
泡まみれという新しい状態異常を持つことが特徴。
行動派生が多いのでどんな観察して自分なりにメモをするのも良い。
基本的に行動した後は隙がでるので欲張らなければ少ない被弾ですむ。

行動別攻略


泡ダウンが取れる行動には下線を引いてあります。
◎がついた行動は知っておくと大変便利な行動。
音撃震ⅲは威嚇やブレス、移動先がわかる攻撃の場合に打つ。
威嚇
色んな行動の後に行う。 泡ダウンは取れない。
泡吐き
1~2回首を振り泡を出す攻撃。
だるま、泡沫、状態異常無効が無い場合泡が吐き終わってから攻撃する。
また、バックジャンプしつつ行う場合もあり、その後は尻尾叩き付けに派生しやすい。
◎ジャンプ
ジャンプしてハンターの背後に回る。
近距離なら威嚇又は全身水ブレスに派生しやすい。
遠距離ならはぼ確実に薙ぎ払い(前進)に派生する。
着地と同時に攻撃で泡ダウンをとれる。
◎水ブレス(全身)
体を丸めほぼ360度に水ブレスを発射する。
ブレスを吐いている最中に攻撃すれば泡ダウンをとれる。
ブレスは近距離ならば後方で下を潜って回避することもできる。
体が丸まってきたら前足と後足の中間あたりから叩き付けをすれば頭に攻撃が入る。
吐き終わった後は確実に威嚇する、攻撃しよう。
薙ぎ払い(前進)
尻尾で薙ぎ払いつつ前進しつつ右側に泡を3つ飛ばす。
体にも判定があるので注意、泡と尻尾を回避できるよう練習。
この後に薙ぎ払い(後退)に派生しやすい。
◎薙ぎ払い(後退)
尻尾で薙ぎ払いつつ後退しつつ左側に泡を3つ飛ばす。
最後に左側に一歩寄って威嚇する。左側に寄るので攻撃を外さないように注意。
◎突進
滑るように突進する。赤or緑の泡を出した場合もう一度行う。
この攻撃も泡ダウンをとることが可能、取るなら突進中あるいは突進後のブレーキ中。
突進中にとる場合二回目の突進が狙い目でミツネが飛び出す瞬間に被弾覚悟でもいいが
少し左へより、右斜め下へ背面後方を行えば被弾なしで頭部に当てれる。
この後威嚇もしくは水ブレスに移行する。疲労時なら転倒。
水ブレス
首を振り水ブレスを吐き、その後威嚇する。
威嚇する時間が全身水ブレスより少し短い。
サマーソルト
尻尾を使ってハンターをかちあげる。
攻撃中、あるいは攻撃の終わりに泡ダウンをとることができる。
疲労時なら簡単に泡ダウンをとることができる。
判定が甘いのでテキトーに回避すれば避けられる。
滑る
上半身を上げ滑った後に体を180度回転させる。
攻撃後は後方なりいれるのが良い、判定も甘いので無理やり回避できる。
大きく滑る
上半身を上げて少し溜めをいれてから滑る。
滑っている最中と攻撃の終わりに泡ダウンをとれる。
攻撃の終わりには判定が無いので攻撃後の地点に予め移動する。
尻尾叩き付け
尻尾で叩き付ける、ホーミングする。
変に横によけるのでは無く前進するのが良い。
攻撃後に隙ができる、頭を振るのでパターン化すると安定する。
◎怒り移行
怒りに移行しハンターの背後に回り咆哮する。
着地際に泡ダウンをとることが可能、空中の場合撃墜。
後方なら簡単に背後を攻撃できる。
二連噛みつき
二連続で噛みつきながら前進する。通称エリアル殺し。
回避が困難な技で、立ち位置が悪いなら爪に引っかからないようにすれ違うのがよい。
立ち位置が良いならそのまま当たらないように範囲外へでる。
また 胴体には判定が無いので股をすり抜けるように前方回避を行うのがよい。
臨戦で回避しつつ二連噛みつき後の地点へ飛び後方を当てるのも良い。
稀に距離を空けていると小ジャンプで接近してから二連噛みつきを行う場合がある。
◎振り向き
振り向く。ハンターの位置によって振り向き方が変わる。
基本的に後方を当てるのがよい。欲張るなら背面後方+連音1当て回避。
又は前方+右ぶん、この場合振り向き方が浅いとその後の派生する攻撃に間に合わない。
◎二連サマーソルト
サマーソルトをした後に軸合わせをしてもう一度サマーソルトしつつ前進する。
一回目のサマーソルトで 赤泡を3つ確実に飛ばす ので普通のサマーソルトと見分ける。
見分け終わった場合理想なのは赤泡を一つ取りミツネから離れる。
前進するのでむやみに近づくのではなく離れて着地地点に攻撃を重ねるつもりがよい。
攻撃後は威嚇する場合があるが期待するものでは無い。
確実に赤泡を手に入れられる攻撃。
◎怒り時後退→泡吐き→二連サマーソルト
後退し泡を3つ吐き ハンターがいる方へ飛びつつ背後を取り、
そこから二連サマーソルトへ派生する攻撃、 ミツネの体力が少し多いと派生しやすい。
追いかけるのではなく 背後を取ろうとジャンプする時が狙い目。
ジャンプ中ならば撃墜、着地際の場合泡ダウンを取ることができる。
音撃震ⅲを着地地点に置くのもよし、後方で撃墜するのもよし
但し撃墜の場合ダウン時間が短いので注意。
◎怒り時後退→ジャンプ
後退からジャンンプして泡を巻き散らかす。
一回のみの場合全身水ブレス、二回の場合二連サマーソルトに派生する。
着地地点を覚えて泡まみれ状態を避けつつ頭を攻撃しよう。
体力が減ってくると使用しやすくなる。
◎ダイブ
ある一定の体力を削り且つ怒り状態で使用する。
バックジャンプで大きな泡を吐き、その後3つの泡を吐きつつ
ハンターを狙ってダイブする。攻撃後は威嚇する。
一度使用した後は怒り状態以降した後に使う。
回転中or回転後に泡ダウンを取ることができる。
3つの泡吐き時に怯ませれば長いモーションをカットできる。
◎スタンや泡ダウン
頭をうねうねしてとても殴りにくいと感じるカリピストも多い。
スタンの場合は右ぶん→叩き付け→右ぶん→叩き付け→前方→叩き付けがキレイに入る。
また後方→右ぶんループも入るには入るが、首に吸われたり胴体側にズレていったりする。
泡ダウンの場合、右側の場合は後方右ぶんループもしくはぶんまわしループがオススメ。
左側の場合はスタンと同じ感じで殴るのがベスト。

攻略(簡略化)

  • 欲張らず攻撃する。

獰猛化

尻尾を使った攻撃がかなり痛いので絶対に食らわない。
いつでも絶対回避が使えるようにしておくのがよい。

闘技大会

チャレンジクエスト
武器はアズマンドウィンドLv3 だるま旋律は吹くと便利。
落とし穴は疲労時に使うのが良い
砥石はダイブ攻撃又は睡眠時に使うのがよい
砥石は1つ使えば問題ない、臨戦は無理して使い攻撃機会を減らさないようにする。
音撃震ⅲがキモで、外した場合かなりの損になる。
睡眠回数は一回でも問題なくSとることができる。
5分台を目指す場合2回睡眠をとる方が良い。
ダメージがでかいので被弾しないようにする。
大連続狩猟4
武器はハザードコールLv2 登場は二番目で予めオルケスタソウルⅢを行う。
オルケスタソウルを打つタイミングは大体討伐してから1分後が望ましい。
開幕は タマミツネの登場位置を把握 しておけば段差を利用して叩き付け→後方ループが可能。
ガムートと違い安定して麻痺は取れないがガムートと違い運要素は少ないモンスター である。
ギルドと違い前方回避ができないので尻尾を使った攻撃には注意する。
旋律は攻撃大のみを維持すればいい、そもそも自己強化を切らすと後のディノで保険が無くなりタイム的に厳しい。
1麻痺2スタンを目指してS取得を目指すなら8分を切っておくのが望ましい。

推奨武器

轟鼓【虎鐘】

空赤笛でだるま無効+耳栓+攻撃大が吹けるのが素晴らしい。
素で火力が高くさらに攻撃大で泡ダウンを取ることができ、
更にだるま無効で泡まみれ状態すら防ぐことができる。

覇重笛クーネハウカム 夜笛【逢魔】 風化した狩猟笛

この三つの笛はスキルを徹底して攻撃特化にした場合会心率を100or0にしやすい武器である。
会心率が一定ならば怯み管理もしやすく、後何発で怒り状態にになるかも分かりやすい。
是非風化した狩猟笛を使ってあげよう。