ヴォルガノス

部位 打撃 部位 怯み 気絶
63 0 10 10 10 5 100
43 0 10 5 5 5 0
25 0 10 5 5 5 0
背中 35 0 30 20 20 5 背中 0
ヒレ 55 0 10 5 5 5 ヒレ 0
25 0 10 5 5 5 0
尻尾 35 0 30 20 20 5 尻尾 0

攻略

       /⌒ヽ     
      /  ゚д゚ ) 
      | U  /J 
    ~~~~~~

まさかの再出張を果たしたヴォル様。
今回は獰猛化個体もいる。

頭は最後に登場したP2Gから大幅に柔らかくなり、代わりに脚や背中が硬くなったので
基本的に 出来るだけ頭に当てていく立ち回り を目指そう。
ヒレも柔らかいので狙えそうだったら狙っていく。
ちなみにヒレは、背中のすぐ側にあるヴォル様の腕。

行動別攻略

頭の位置が高いが、笛は打点が非常に高いので相性は良い。
地面から半身を出してキョロキョロしてる時に怯ませると飛び出して長時間もがくので狙いたいところ。
この時に頭に当てるコツは半身を出した直後に右ヒレの辺りで少し斜めを向いて右ぶん回し、
その後ヴォル様が右を向いた時に後方攻撃が当てられる。

這いずり
ヴォル様の代名詞だが、今回はやや頻度が低め。
高いホーミング性能は相変わらずなのでジャスト回避や納笛してかわしたい。
地中潜行の後に行う這いずりは開始が早いので注意。この這いずりが終わった後は必ず威嚇をする。
マグマブレス
ご褒美行動。目の前で着弾させる事もあるので安全確認出来るまでは近寄らない事。
着弾地点に火薬岩が残り、一定時間が経過するか、一発でも攻撃を当てると即爆発する。
噛み付き
恐らく一番強化されている行動。発生が非常に早く、さらにスライド移動までしてホーミングしてくる。
高確率で尻尾回転に繋げる為、迂闊にジャスト回避すると薙ぎ倒される。足元に逃げるか、距離を取ろう。
尻尾回転に繋いだ場合は頭に後方を当てるチャンス。
尻尾回転
単体で出す事は少なめ。大抵は上記の噛み付きから繋げて来る。
尻尾払い
右→左と尻尾で薙ぎ払うアレ。薙ぎ払った時に真横に火薬岩を飛ばすが、前方と後方に入れば飛んでこない。
前にいた場合は頭を狙うチャンスだが、前に立っていてこれを放つ事は少ない。
大ジャンプ
ヴォル様の代名詞。独特な鳴き声を発して体を縮めた後、ピョン!っと跳ねてから降って来る。
この行動の後は倒れてもがくため、頭を狙うチャンス。震動が起こるので早く近寄りすぎないように。
タックル
ガノトトスのあれ。ぶっちゃけガノトトスのものより亜空間入ってる。
胴から頭にかけての判定が異常に強く、逆に尻尾側はかなり緩い。
うまく頭側で避けれた場合は攻撃チャンスだが、ブシドーでもなければリスクが高い。
潜行
ブレスと同じ予備動作を取るが、ブレスを地面にぶつけて穴を開けて潜り込む。
潜る時に頭を物凄い上下に振るが、適当に叩き付けをしても頭に当たる。
飛び出し
潜行状態で使用。ハンターの足元まで来てから飛び出し、また潜る。
地面が割れて溶岩が露出するというとても分かりやすい予備動作がある。
再度潜る時に溶岩弾を飛ばす。この行動の後は穴から半身を出してキョロキョロするので大チャンス。
なお、半身を出す時に火属性やられ大を伴う削りがあるので注意。
飛び出しブレス
潜りながらハンターから距離を取った後、飛び出して一発ブレスを撃って来る。
ブレスが着弾した時にブレスの向きと同じ方向に破片が飛ぶので注意。
2回、稀に1回行った後半身を出してキョロキョロする。
倒れこみ
這いずりと同じ予備動作で倒れこむが、即座に立ち上がりながら振り向く。
この後はブレス、潜行、タックル等に派生。立ち上がらない時もあり、その時は這いずり。

攻略(簡略化)

  • 頭を殴る。ヴォルは死ぬ。
  • キョロキョロしてる時は殴る。

推奨武器

覇重笛クーネハウカム

 ヴォル様は水属性弱点だが、メインで狙う頭には然程通らず、
 また頭は非常に柔らかいので選択肢に十分入る。

ハプルニクス

 ヴォル様は水属性弱点だが(ry 死に旋律が多いのがやや気になる所。
 挑む時期を考えると強化前の63式軍楽口風琴が最適になるだろう。

ロア=ルドラ

 頭の属性の通りは悪いが、防御力大を吹けるので
 ダメージが不安ならこちらを担いでも良いかもしれない。

氷笛フェノミナル

 火属性やられが頻発するヴォルガノス戦で火属性やられを無効化すれば非常に快適に戦える。
 攻撃力強化旋律も合わせ持ち、殴り性能も十分。