大会ルール

目次
1.試合形式
2.出場点制度について
3.勝点と順位決定方法
4.優勝決定戦の試合形式
5.下剋上杯の出場順について
6.試合中の選手交代について
7.対戦部屋のトラブルの対処
8.個人トラブル発生後の対処

1.試合形式

  • 試合時間4分
  • スタジアムBig Easy
  • スコアリミット無し
  • 同点の場合は引分
  • 得点が認められるのは試合時間3:59までとし、4:00の場合はノーゴール


2.出場点制度について

 「出場点」は、より多くの選手に出場機会があるように設けられている制度です。

 ①2試合以上にフル出場した選手1人につき出場点1点付与します。
  出場点の上限は決勝リーグ6点,予選リーグ8点です。
  出場チーム不定の大会には出場点はありません。

 ②大会に遅刻した選手は出場点無しとします。
  ドラフト開始時点で不在の選手は遅刻選手と見なし、原則として出場点を得ることができません。
  ただし、第1試合の開始に間に合いドラフトに影響を与えなかった場合には出場点を認めます。


3.勝点と順位決定方法

 ①勝点は試合の勝利3,引分1,負け0
 ②勝点と出場点の合計点により順位を決定
 ③合計点が同じ場合は得失点差で決定
 ④得失点差も同じ場合は総得点で決定
 ⑤総得点も同じ場合は当該チーム同士の対戦成績で決定
 ⑥当該チーム同士の対戦成績も同じ場合は順位決定戦を行う
 ⑦5チーム開催の場合は1位vs2位の優勝決定戦を行う


4.優勝決定戦の試合形式

  • 上位チームが3on3か4on4を選択
  • 上位チームに0.5得点のアドバンテージを与える
  • リーグ成績による追加アドバンテージ無し
  • 出場点無し
  • 前後半各4分
  • インターバルにコートチェンジ
  • スタジアムBig Easy
  • スコアリミット無し
  • 2戦合計スコアで勝敗を決める


5.下剋上杯の出場順について

 ①即席チームの出場順は運営が決めます。
  出場機会は未所属の選手を優先します。

 ②ただし、チーム内の同意があれば変更可能です。


6.試合中の選手交代について

  交代可能なタイミングはキックオフ前(試合開始前と得点後)のみです。
  交代を希望するチームの監督は、自分でPauseをかけるか対戦部屋のチャットで運営者に伝えてください。


7.対戦部屋のトラブルの対処

 ①経過時間が3:31~3:59(残り時間が0:29~0:01)の場合は、そのまま試合終了とする。

 ②経過時間が0:00~3:30(残り時間が4:00~0:30)の場合は、対戦部屋を作り直し試合を再開する。
  再開する際の試合時間は、中断前の残り時間の秒を30秒以上は切り上げ、29秒以下は切り捨てる。
   (例)経過時間1:30(残り時間2:30)で中断→試合時間3分で再開。
    経過時間1:31(残り時間2:29)で中断→試合時間2分で再開。
  スコアは中断前のスコアと再開後のスコアを足したものをその試合の最終スコアとする。


8.個人トラブル発生後の対処

  • 対戦部屋からの退室
  • desynchronisedの発生
  • 本人または監督から要請
  • 審判がトラブル発生と判断したとき
  のみをトラブル発生とする。
  審判は試合対象外チームの監督が兼任する。

 ①いずれの場合も、審判が対戦部屋のチャットで「トラブル発生。約10秒後に試合を止めます。」とアナウンスする。
 ②審判が「トラブル発生」のアナウンスから約10秒後にPauseをかける。Pause後は必ず③の処理を行う。
 ③Pause後はプレイヤーの復帰を待つか、予備メンバーを投入する。復帰を待つ時間は最大2分程度。
 ④Pause前に点が入った場合は全てに優先して通常の選手交代と同じ扱いとして投入を許可する。