※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • テロ被害による他国搬送者帰還支援および孤児支援に関する政策

当政策の公布に際し、過日のテロ行為に対する非難の意を新たにすると共に、
被害に遭われ命を落とされた皆様への哀悼の念、大切な方を失われた皆様への遺憾の意を表明致します。

/*/

この度、になし藩国政府は、過日のテロ禍の最中、緊急措置として他国の医療機関に搬送され、
無事治療を終えられた方の帰還支援を行う事を決定致しました。

当政策は、搬送を受け入れて下さった各国と連携の上、実行して参りますので、
搬送された方でになし藩国への帰還を希望される方は、搬送先藩国の窓口までご申請の上、になし藩国より帰還手続きを行います。

になし藩国内におきまして、近親者が搬送されました方につきましては、
最寄りの政府窓口までご申請下さい。
搬送先藩国へ該当される方の確認を行った上で、帰還手続きを行います。


/*/

また、テロにより家族を亡くされてしまい庇護のなくなってしまった何の罪もない子たちを
特に手厚く支援することを藩国首脳部は決定いたしました。
政庁の方にて職員の聞き取り作業等の元、今後成人までの生活、学資支援などを行う予定です。
また、身元保護に関連して、希望する子はになし藩国児童養護施設への入所、
および護民官の里親支援などが受けられるように進めていく予定でおります。

ただ、ご家族の他国搬送で国外に現在おり、つらい思いからになしに戻りたくない、といった要望を持たれているようでしたら
星鋼京はセタ藩王も、移住に際し受け入れを表明してくださっております。
他の移住希望先があれば可能な限り希望の国に移動できるよう配慮させていただきます。

いずれの場合におきましても、他国との連携となりますので、
今しばらくお時間を頂いてしまいます事、誠に申し訳ありません。
可能な限り迅速な処理を行って参りますので、ご理解とご協力を頂けますよう、
重ねてよろしくお願い申し上げます。

/*/

そして、末尾となりますが、
この度緊急の事とは言え、他国の患者を受け入れて下さり、その命を守る為に尽力して下さった、
各藩国の皆様、医療従事者の皆様、レスキューに携わる皆様全てに向けて、
になし藩国より厚く御礼申し上げます。

この度は、誠にありがとうございました。

/*/

1.帰還支援

になし藩国政府は、先のテロ禍被害者の内、他国へ緊急搬送された者について、
確認の上でその身元保証を行い、享受した医療、帰還に際しての諸費用を負担する。

2.孤児支援

になし藩国政府は、先のテロ禍被害者の内、孤児に対する生活・学資の支援を行うこととする。
子ども達の希望を最大限に優先しつつ、引き受け支援を行うものである。

摂政 瑠璃


質疑掲示板根拠:http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=13694
29:特になし