※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

238 アレルヤ・ラッキースケベ伝説① [sage] Date:2008/07/01(火) 22:22:55 0 ID: Be:


※小ネタ

ミッション前の長い訓練を終え、空腹に限界を感じていた僕は食堂へと向かっている。
今日のメニューはなんだろう。なんだかあっさりしたものが食べたい気分だから和食がいいな。そんな
事をぼんやりと考えていた。だがあまりに空腹で迂闊だった。角を曲がった瞬間、ハロが足元めがけて
飛び込んできたのだ。
「わ、ハロ!」
叫び身をかわそうとしたが遅かった。僕は足首めがけて突撃するハロにつまずき、盛大に前のめりに
なってしまった。ふわりと体が浮き、つま先で千鳥足になりながら、バタン!と盛大に床へめり込む
ように倒れる。でも倒れたはずなのに柔らかい。僕が丈夫なせいで痛くないのだろうか。
「ふう、よかった。」
「それはよかったな、アレルヤ・ハプティズム。だが…」
だが?目の据わったティエリアにいささか恐怖を覚え状況を確認すると、僕はティエリアの柔らかな
太ももと股間の間に挟まれるように倒れていたのだ。うわ、どうしよう。なんだかすごい状況だ。
なんていうかスラックス越しでも足の付け根がエッチだ。頭を挟む腿も柔らかい。そんな事を意識すると
いてもたってもいられず、とにかく必死でティエリアから飛び退いた。
「ご、ごめんティエリア!」
しかしその瞬間僕の手はティエリアの股間に触れてしまった。
「あ…っ!」
な、なんだ今の色っぽい声。いや僕が触れたから感じちゃったんだろうけども。恐る恐るティエリアの
法を確認すると、先ほどの声に顔を真っ赤にして震えていた。まずい、これは怒っている。

「ば、っば…万死に値する!!!!!!!!!」


239 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/01(火) 22:25:17 0 ID: Be:
①ってあるけど②はない。
アレルヤのラッキースケベ伝説のうちのひとつという意味だ!
他の伝説は好きなだけ捏造してくれ。


→パラレル アレティエ♀ ラッキースケベ(SS)へ