トップページ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さて。
哲学の歴史には、ある一定のパターンがあり、
だいたいの場合、以下の繰り返しである。

1)賢い人が出てきて
  「その時代において、もっとも説得力のある哲学」を流行らせる。
2)その哲学が世間に浸透してしまうと、
  行き詰ってしまい、ニッチもサッチもいかなくなる。
3)反逆者が出てきて
  「既存の哲学を乗り越えようとする哲学」を打ち出し、革命を起こす。