軍師-1

R郭嘉 SR司馬懿 R荀彧 C荀攸 C陳羣 SR諸葛亮
R馬謖 C糜竺 C法正 R龐統 SR周瑜 C張昭

        >> 軍師-2

魏・軍師001 R郭嘉

武将名 かくか ほうこう
郭嘉 -奉孝- 曹操の参謀として、数々の戦いで活躍。特に袁紹との
戦いにおいては、その動きを読んだ予言がことごとく的中した。
計略に長じ、物事の真実をつかんでおいり、
曹操に「郭嘉のみが我が意図を見抜いている」と言わしめた。

「いかなる策を立てようと、すべては俺の手の中だ」
兵略 再起興軍 (地) 撤退中の味方の撤退カウントを減らす
上昇:早 効果:一瞬
陣略 突撃闘陣 (天) 味方の武力と突撃ダメージを上げる
上昇:並 効果:長
Illustration 塚本陽子

兵略は「再起興軍」。シンプルで非常に使いやすい。
部隊の引き際がいまいち掴めないという初心者に特にお勧めできる。
軍師C陳羣も「再起興軍」を持つ魏軍師だが、軍師Lvが同じであればC陳羣の方が僅かに再起効果が高い。

兵略はR郭嘉オリジナルの「突撃闘陣」。範囲はかなり大きな正方形といったところ。
範囲内の味方は全員が武力+1され、さらに騎兵であれば突撃ダメージが増える。
増えるダメージの量は5か6か。もしかしたら5.5かもしれないし、正確なところは検証待ち。

一時期「突撃オーラを纏った相手にはこのダメージボーナスが得られない」という話もあったが、
検証の結果、ちゃんと効果があることが判明した。
しかし突撃オーラを纏っていると防御力が上がるので、このダメージボーナスも減少はする。


魏・軍師002 SR司馬懿

武将名 しばい ちゅうたつ
司馬懿 -仲達- 魏を支えた大軍師。最初は病と称して士官を断っていたが、
曹操に召しだされる。曹操亡き後は曹丕・曹叡と二人の皇帝に
重用され、その智謀で蜀の諸葛亮孔明の北伐を防ぎ、
公孫淵の反乱も自ら軍を率いて鎮圧した。

「確実に勝つまで準備をして戦にのぞむ。
一か八かは三流のやることよ」
兵略 兵力増援 (地) 味方の兵力を回復する
上昇:早 効果:一瞬
陣略 混元一気 (天) 敵の武力と移動速度を下げる
上昇:遅 効果:遅
Illustration wolfina

各国の独自妨害陣略を持つ軍師はこのSR司馬懿を含め全員が「兵力増援」持ち。
妨害陣略は強力だが、相手によって「再起興軍」に変更することができないのは弱点と言えるかもしれない。

「混元一気」はかなり小さめの妨害陣略であるが、範囲内の敵の武力を-5し、さらに移動速度を0.5倍する。
範囲の小ささの代わりに非常に強力な効果を発揮する。
主に敵城城門に配置したり自城城門に配置したりすることが多いようだ。

奥義ゲージが溜まりきっていない時に使うと、
効果時間がぐっと減るだけでなく武力減少効果が-3になってしまう。
武力-3でも強いといえば強いが・・・やはりゲージを最大まで溜めてから使いたいところ。
ゲージ上昇速度は遅いので、天属性を多めにデッキに入れよう。


魏・軍師003 R荀彧

武将名 じゅんいく ぶんじゃく
荀彧 -文若-





兵略 転進再起 (地) 味方を自城に戻し復活カウントを減らす
上昇:並 効果:一瞬
陣略 精兵集陣 (天) 味方の武力を上げる
上昇:遅 効果:長
Illustration hippo

兵略の「転進再起」は魏で唯一奥義ゲージ上昇速度が「早」ではない地属性奥義である。
とはいえ「並」なのでそんなに遅くは感じないかもしれない。
(逆に言うと魏の地属性奥義には「遅」が存在しないということになる。
魏において地属性の価値が天属性よりも少々低めに見られているのはこのためと言える)

「転進再起」は自軍の全ての部隊を城内に戻し、さらに撤退中の部隊に再起効果を及ぼす。
再起効果は本家「再起興軍」ほどではなく、軍師MASTERの奥義ゲージ最大から使っても18秒。

陣略は「精兵集陣」である。
奥義ゲージ上昇速度は遅いが、結構な面積を持つ正方形の武力+2陣略であり、なかなか優秀。
武力+2といえば相手が何らかの計略や奥義を使わない限りまず間違いなく押し勝てる上昇量である。
武力+2の陣略は他に2つ存在するが、その両方ともが人属性であり、
天属性の「精兵集陣」を持つR荀彧は一定の独自性を保っていると言える。


魏・軍師004 C荀攸

武将名 じゅんゆう こうたつ
荀攸 -公達- 荀彧の甥で、彼の推挙によって曹操に仕える。思慮深く緻密な作戦を
立てるのが得意で、計略を立てても誰にも漏らさなかった。表面は
鈍そうであったが、内に勇気を秘め、軍師として曹操を支え続けた。

「ただ慎重なだけではせっかくの策も生きないよ」

兵略 兵力増援 (地) 味方の兵力を回復する
上昇:早 効果:一瞬
陣略 兵軍連環 (天) 敵の移動速度を下げる
上昇:早 効果:短
Illustration 風間雷太

兵略は「兵力増援」、陣略は「兵軍連環」。
それぞれ前作の「増援の法」「連環の法」に相当するので、非常に扱いやすい軍師であることがわかる。

どちらも奥義ゲージ上昇速度が「早」なので、武将カードの属性を気にしなくても大丈夫。
たとえ全く属性の入っていない方を選んだとしても残り60カウントの時点で既にMAXになっているだろう。


魏・軍師005 C陳羣

武将名 ちんぐん ちょうぶん
陳羣 -長文- 曹操・曹丕・曹叡の三代に仕えた名士。官吏登用法「九品官人法」の
制定で、魏の内政を安定させ貢献した。曹丕の死後は皇帝の曹叡の
補佐をし、政治のみならず対蜀戦でも活躍し、司空の位に昇りつめた。

「私が思い描く戦を形にしましょう」

兵略 再起興軍 (地) 撤退中の味方の撤退カウントを減らす
上昇:早 効果:一瞬
陣略 知勇兼陣 (天) 味方の武力と知力を上げる
上昇:早 効果:長
Illustration 小城崇志

魏のスターター軍師。「再起興軍」と「知勇兼陣」はどちらも非常に使い勝手が良い。

スターター軍師の持つ「再起興軍」は軍師の奥義Lv上限の関係で他の「再起興軍」よりも効果が高い。
軍師LvMASTERであれば再起効果は26秒。撤退したばかりの部隊でも9秒で出撃できる。
初心者に特にお勧めの奥義ではあるが、普段陣略ばかり使っている上級者もたまには使ってみるといい。
デッキによっては意外と「再起興軍」の方が合っていたりすることもある。

陣略の「知勇兼陣」は強化系陣略の中では特に奥義ゲージ上昇速度が早い。
そして効果範囲も全奥義中最大であり、意外なまでに役に立ってくれるだろう。


蜀・軍師001 SR諸葛亮

武将名 しょかつりょう こうめい
諸葛亮 -孔明-





兵略 七星祈祷 (天) 味方の兵力を上限を超えて回復する
上昇:遅 効果:一瞬
陣略 精兵集陣 (人) 味方の武力を上げる
上昇:遅 効果:長
Illustration 末弥純

兵略の「七星祈祷」は「兵力増援」よりも奥義ゲージが溜まりにくい代わりに兵力上限を超えて回復する。
つまり兵力上限のせいで回復量が無駄になるということがない。
これは兵力が減るのを待たずに先打ちしてもよいという意味であり、
兵力100ではダメージ計略で即死してしまう武将でもそのダメージ計略に対する耐性を得ることができる。
なお、奥義ゲージMAXから使うと5割ほど回復する。非常に強力な兵略だと言える。

陣略はR荀彧と同じ「精兵集陣」である。ただしR荀彧の精兵は天属性で、こちらは人属性。
人属性の武力+2陣略はこのSR諸葛亮の他にC賈詡の「精兵戦陣」がある。
陣略面積はSR諸葛亮の方が優れているが、陣略の形状はC賈詡の方が使いやすいかもしれない。

なお、AC版ではVer3.10になって精兵集陣の範囲がたいへん狭くなったが、
ACVer3.02が基礎となっている大戦・天では当然ながら広いままである。十二分に活用しよう。


蜀・軍師002 R馬謖

武将名 ばしょく ようじょう
馬謖 -幼常- 兄の馬良とともに劉備の配下となる。孔明に高く評価され、彼の愛弟子
として政治・軍事を学ぶ。南蛮討伐の際には首謀者の孟獲を許すように
進言し、彼らを服従させ、後顧の憂いを断つことに大きく貢献した。

「我が策に誤りはない!速やかに実行に移せい!」

兵略 転進再起 (天) 味方を自城に戻し撤退カウントを減らす
上昇:並 効果:一瞬
陣略 回復奮陣 (人) 味方の兵力を徐々に回復
上昇:並 効果:長い
Illustration 清宮敦嗣

兵略の「転進再起」は戦場にいる味方を自城に戻し、さらに撤退中の味方に再起効果を与えるというもの。
再起効果はさすがに本家「再起興軍」には敵わず、軍師LvMASTERでも18秒。

「回復奮陣」は馬謖のオリジナル陣略。範囲内にいると兵力が回復し続ける。
回復する速さは城内回復や募兵による回復に近い速度。
なかなか優秀なのだが、全ての強化陣略の中で最も範囲が狭いため、ちょっと使いづらいかもしれない。
なお、開幕に使用しても人単なら20数カウント持つので開幕デッキなどにも使える。

なお、軍師Lvが上がると回復速度も上昇する
軍師Lv20だと軍師Lv1の場合の約1.2倍の回復速度となる。確認済み。
兵力最低値から兵力最大までかかる時間: Lv20→11.5C程度 Lv1→14C程度

弓攻撃をしている時
弓攻撃を受けている時
敵と乱戦している時
攻城ゲージが出ている時
これらの時は回復速度が 本来の回復速度の15%程度にまで一気に減少する
つまり「募兵持ち武将が募兵できない状況」には回復量がガクッと減るということ。
本来の15%ともなると少なすぎてほとんど回復していないようなものなので、
いっそ「回復陣」ではなく「移動中も募兵できる募兵陣」だと思って運用した方がいいかもしれない。


蜀・軍師003 C糜竺

武将名 びじく しちゅう
糜竺 -子仲- 先祖代々の資産家であったが、流浪していた劉備の後見人となり、
蜀平定まで劉備を支え続ける。その貢献のほどは、劉備が蜀を
平定すると、諸葛孔明よりも上の位に任命されるほどであった。

「だ、大丈夫ですかな?あまり自信はないのですが」

兵略 再起興軍 (天) 撤退中の味方の撤退カウントを減らす
上昇:早 効果:一瞬
陣略 知勇兼陣 (人) 味方の武力と知力を上げる
上昇:早 効果:長
Illustration ハマサカキミオ

蜀のスターター軍師は糜竺。他国のスターター軍師と同じく「再起興軍」と「知勇兼陣」を持つ。
蜀軍師の中で唯一の、兵略と陣略両方が奥義ゲージ上昇速度が「早」である軍師。

奥義Lv上限の関係で、軍師C法正よりも「再起興軍」の効果がほんの少し高い。
僅かな差ではあるが、どうしても再起しか選ばないというデッキであればC糜竺を採用するといいだろう。


蜀・軍師004 C法正

武将名 ほうせい こうちょく
法正 -孝直- 元は劉璋の配下であったが、重用されなかったため見切りをつけ、
劉備に蜀を奪うようにけしかける。劉備に仕えた後は、漢中侵略を進言し、
軍師として漢中奪取に大きく貢献した。

「我が智謀、ついに日の目を見るか……!」

兵略 再起興軍 (天) 撤退中の味方の撤退カウントを減らす
上昇:早 効果:一瞬
陣略 長槍閃陣 (人) 味方の武力を上げ、槍が長くなる
上昇:並 効果:長
Illustration wolfina

陣略の「長槍閃陣」は戦場の左右端まで届く細長い強化陣略。
味方全員の武力を+1し、槍兵であればさらに槍オーラが長くなる。
元の槍オーラの長さと比べると3倍。かなり遠くにいる相手でも迎撃できる。はっきりいって強すぎる。
DSの仕様上、数部隊で槍オーラを振り回せば接近してくるどんな相手にでもかなりの消耗を強いる事が出来る。
自陣に張り、挑発などを組み合わせれば純粋な武力押しで突破する事はおそらく不可能だろう。
流星や傾国など、自分から責めなくてもいいデッキに組み込まれていると非常に嫌らしい。
遠弓陣や馬鹿陣等には相性が悪いが、それ以外にはかなり有利に戦えてしまう。
相手にしていて一番戦いたくないデッキの完成である。

なお「長槍閃陣」の上で長槍戦法を使えばさらに槍が伸び、戦場の直径の半分近くにまでなる。


蜀・軍師005 R龐統

武将名 ほうとう しげん
龐統 -士元-





兵略 兵力増援 (天) 味方の兵力を回復する
上昇:早 効果:一瞬
陣略 鉄鎖連環 (人) 敵の移動速度を下げる
上昇:遅 効果:短
Illustration タカヤマトシアキ

蜀で唯一の妨害陣略持ち。

「鉄鎖連環」は範囲固定型の連環の計である。
検証してみたところ、移動速度低下率は連環の計と全く同じ0.2倍。つまり5分の1。
効果範囲の広さもだいたい連環の計に近い面積。

神速騎兵ですらピタッと止めてしまうほどの効果だと言われていたので、
「移動速度の最低値のせいで見た目では0.2倍に見えていても内部的には0.1倍になっている」
という可能性も考えられたが、
鉄鎖連環の中に騎兵を2体配置し片方だけが神速戦法を使った所、きちんと2倍速になった。
これにより鉄鎖連環の効果率が0.2倍であることが確認できる。

この鉄鎖連環の最大の利点は相手の状態に左右されないこと。
連環の計の場合は相手の知力が10だと5C少々で効果が切れてしまうが、鉄鎖連環ならそんなこともない。
しかも「敵の計略の対象にならない」効果を持つ計略を使われていても関係なしにピタッと止める。

その凄まじい効果のかわりに、効果範囲はそんなに広くない。挑発などを使って上手く鉄鎖に誘導しよう。


呉・軍師001 SR周瑜

武将名 しゅうゆ こうきん
周瑜 -公謹- 義兄弟の契りを結んだ孫策の参謀として、その快進撃を支える。
孫策の死後は孫権を補佐し、赤壁の戦いでは火攻めで曹操軍を打ち破った。
その後、蜀と漢中を併合する策を立てたが、36歳の若さで死去した。

「この周瑜の戦いは、天下を目指す戦いだ」

兵略 兵力増援 (人) 味方の兵力を回復する
上昇:早 効果:一瞬
陣略 極滅業炎 (地) ダメージを与え移動速度を下げる
上昇:遅 効果:短
Illustration 山田章博

呉のSR軍師枠は周瑜。順当なところであろう。
他の3勢力の独自妨害陣略持ち軍師と同じく、このSR周瑜も兵略は「兵力増援」である。
妨害陣略が効きそうにない相手(張角入りデッキ、転進入りデッキなど)であれば諦めて増援を選ぼう。

陣略の「極滅業炎」は敵味方関係なく効果を及ぼす唯一の陣略である。
業炎の範囲に1ドットでも触れていれば1秒ごとにダメージを受け、移動速度も低下する。
AC版より範囲が小さくなっているように見えるが、AC版と違って当たり判定が部隊の中央ではなく、
部隊がミニマップでほんの少し範囲に触れるだけで当たっていると判定されるため、
見た目とは違ってずいぶんと広い範囲に効果がある。ACと同じ範囲だと思っておくといい。

軍師Lvを上げても業炎ダメージは全く増加しない。強化されるのは効果範囲と効果時間のみ。
Lv1とLvMASTERを比べると、範囲はほんの少し広がる程度だが、時間は約2Cも延びる。

なお、業炎のど真ん中にいても端っこギリギリの位置にいてもダメージや速度低下率は同じ。
呉軍がらみや妙に地属性が多く、弓兵が少ないデッキは極滅を疑ってかかったほうが良いだろう。


呉・軍師002 C張昭

武将名 ちょうしょう しふ
張昭 -子布- 孫策の招きに応じて配下となった賢者。孫策の死後は孫権に従った。
若き孫権を支え続けたが、その一方で諌めることも多かったため、
周囲に適任と思われていても、丞相の地位につくことはなかった。

「殿、ここはワシの策に従ってくだされ!」

兵略 転進再起 (人) 味方を自城に戻し撤退カウントを減らす
上昇:並 効果:一瞬
陣略 知略昇陣 (地) 味方の知力を上げる
上昇:並 効果:長
Illustration 成庵

兵略「転進再起」と陣略「知略昇陣」を持つ。
どちらも少々クセがあり、呉の他の軍師と比べると使用率は低めとなっている。

「転進再起」は戦場にいる味方を即座に自城内に戻し、さらに撤退中の味方の撤退カウントを減らす。
ただし、ため計略をためている最中の武将と舞計略を舞っている最中の舞姫は転進しない。
奥義ゲージが溜まっていなくとも転進効果は変わらないので転進目的で使うならゲージは気にしなくて良いが、
再起効果の部分は少々中途半端で、しかも奥義ゲージ最大から使っても再起興軍ほどの効果はない。

「知略昇陣」は知勇兼陣の半分程度の範囲で、範囲内の武将の知力を+3するというもの。
知力が重要となる武将と組み合わせたいところ。R周泰や群雄のR張遼は地属性なので相性がいい。
相手のダメージ計略や妨害計略に対する抑止力にもなるが、上がる知力は3だけであることに注意。
赤壁や連環に対して安心して固まれるほどの防御力は得られない。



        >> 軍師-2