アイスマン Iceman / ロバート(ボビー)・ドレイク Robert drake

初出:X-MEN#1
種族:ミュータント

X-MEN初代メンバーの一人。
初登場時は16歳でチームの最年少メンバー。戦闘中でもビーストと二人でジョークばかり言うムードメイカーであった。

能力

冷気を操る。物体を凍らせ、氷を自在に造り出し、自らの体を氷の塊にする
その能力は時代を追って成長を続けている。
最初は全身に霜をつけて雪だるま状に変身してみせたが、やがて氷の体になるというスタイリッシュな変化を遂げた。
氷を操る能力は応用が効き、氷の足場を作り続けてサーフィンのように空中を自在に滑空する、体を巨大化させる、などの技を身につけていった。
現在はアイスフォームの状態で体が粉々になっても復元する無敵の能力を発揮できる。

潜在能力は、12人の最強のミュータントの一人と考えられているくらい高い。

ヤング・アイスマン

ビーストが過去から連れて来たファースト・ファイブの1人。
現代のアイスマンはストレートだが、なぜか若いアイスマンはゲイであることが判明した。

映画版のアイスマン

映画版X-MENでは第一作から登場。
ただし最初はX-MENメンバーではなく学園の生徒という扱いで、ローグにちょっかいを出す役所だった。
徐々に存在感を増し、第二作X-MEN2から重要な役どころとなった。
X-MEN3では晴れて正規メンバーとなった。
三部作を通して炎を自在に操るミュータントパイロのライバルとして描かれる。

トリビア

  • ボビーの母親はユダヤ教徒、父親はアイルランド系のカトリック教徒である。
  • エマ・フロストが学園に来た直後、彼女がテレパシーを使って、アイスマンの能力を強制的に高めたことがある。文句を言うアイスマンに、エマは「偉大になりたいと、あなたが望んでいたことでしょ」と答えた。
  • ディストピア的な未来を描いたアースXシリーズでは、アイスマンは、氷山をつくりアメリカに持って行って水として売る商売で大金持ちになった。これがユートピアに氷山を持って行くアイデアの元ネタか?