シルバーサーファー」の検索結果
シルバーサーファー」 から 次の単語がハイライトされています :


シルバーサーファー(Silver Surfer) / ノリン・ラッド(Norrin Radd)


初出:Fantastic Four#48(1966年3月)
種族:ゼン・ラ星人(ギャラクタスの力で超人化)

概要

マーベルのヒーローの中でも屈指の力と高潔な魂を持つ存在。アメコミ界で数々のヒーローを生み出した重鎮スタン・リー氏も最も好きなヒーローに挙げている。
その名の通り銀色に輝く肉体とボードで宇宙を駆ける。

初登場

初登場時は惑星のエネルギーを吸収しながら宇宙を旅する存在ギャラクタスの「ヘラルド」(先触れ、尖兵)として地球に来訪した。
ヘラルドはギャラクタスに仕えて大宇宙を旅し、餌となる惑星を探す役目を負っている。
だがファンタスティック・フォーとの戦闘の後、偶然にザ・シングの思い人、アリシアに出会う。
盲目の女性アリシアと会話する中で地球人の優しさに触れ、地球人を救うため、ヘラルドとなって初めてギャラクタスに逆らった。
シルバーサーファーがギャラクタスと戦っている間にヒューマン・トーチは宇宙の旅から帰還し、遥か宇宙の彼方に停泊していたギャラクタスの母船から「アルティメット・ヌリファイアー(究極破壊装置)」を持ち帰った。
アルティメット・ヌリファイアーを突きつけられたギャラクタスは装置を返すことを条件に地球から撤退した。
しかしシルバーサーファーの反逆は許せず、能力を弱体化した上にバリアを張って地球から脱出できないようにした。

オリジン

そのオリジンはシルバー・サーファーの冠タイトル"Silver Surfer#1"で描かれる。

ノリン・ラッドは高度な文明持つデネブ星系の惑星ゼン・ラの住人だった。
ゼン・ラは犯罪、戦争、飢え、病気を克服し、政府は念じるだけであらゆる物質や機械を造り出す装置すら所有いていた。

そんな中でノリン・ラッドは恋人シェラ・バルと幸福に暮らしながらも、太古のゼン・ラ人が挑戦していたような宇宙の大冒険を夢み、そういった冒険の機会が失われてしまった現代に生まれたことを嘆いていた。

しかし、ノリン・ラッドの運命はある事件をきっかけに急転する。
宇宙を旅しながら惑星のエネルギーを吸収して生きる存在ギャラクタスの襲来である。
ゼン・ラ人は長く平和を享受し過ぎていたせいで戦いの方法を忘れており、太古の最終兵器を使用するも惑星の環境に被害をもたらしただけで、ギャラクタスを撃退することはできなかった。

ノリン・ラッドは宇宙船で単身ギャラクタスの元を訪れ、ゼン・ラ星人を救うように交渉する。しかし、ギャラクタスにとってゼン・ラ人とは足下のアリに過ぎない存在であり、さして救うに値しないものだった。
だがギャラクタスの言葉から、飢えを満たすため他の惑星を探す「ヘラルド」がいればゼン・ラを見過ごしても良いと思っていることを知ると、ノリン・ラッドは自らヘラルドとして志願する。

かくして「シルバー・サーファー」として生まれ変わったノリンは、ヘラルドとしてギャラクタスと共に大宇宙を渡る存在となったのだった。

能力

ギャラクタスに与えられたパワー・コズミック。
物質操作、制御。大宇宙のあらゆる物質を再構成し、変質させ、おおよそ何でも意志の力で操作できる。
これにより、様々なことが可能。
惑星を破壊できるレベルのエネルギービームを両手から放出。
フォースフィールドを張ってバリアにする。
固形物を通り抜ける。
惑星レベルで生物の進化を促進させる。
過去を見たり、時間や次元を移動することも可能。
幻影を造り出す。
人間の感情や精神に影響を与えたり、心を読むことができる。
他者に限定的なパワー・コズミックを与えることも可能。
瀕死の状態の生物を回復させることができる。ただし、死者の復活はできない。

腕力:神族レベル
不死身の肉体:銀色の皮膚は物理的な攻撃ではほぼ傷つかない。素肌で宇宙空間を飛行し、大気圏に突入可能。熱や冷気にも耐性がある。
超新星爆発やブラックホールの圧力にも耐えられる。
亜光速飛行:光速の99%の速度で移動できる。または超空間移動により光速を超えて移動することも可能。(いわゆるワープ?)
コズミックセンス:宇宙空間で1光年以上離れた人物を見分けることが可能。また原子レベルの小さな物質を見ることも可能。

また皮膚から直接コズミックエネルギーを吸収するため、飲食の必要がない。


実写映画のシルバーサーファー

2007年の実写映画「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」に登場。演じたのはダグ・ジョーンズ。
概ねコミックの設定通りのキャラクター。CGを駆使して銀色のボディが表現された。