レースの流れ。


プラクティス
限られた時間の中で、練習走行を行います。
ウォーミングアップを行ったり、セッティングの具合を確認したりします。
ここでの、ラップタイムは予選やレースには何ら影響はありませんので、あまり本気で走り過ぎて予選やレースで実力を発揮できない、なんてことにならないように注意してください。

予選
決勝レースでのグリッドポジションを決める予選を行います。
時間の限り、持てる実力を最大限に発揮しポールポジション(予選一位)を目指しましょう。
良いタイムを刻むために、クリアラップが取れるように、ピットロードから出るタイミングも考えましょう。
時間を有効に使うため、マシンセッティングは控えましょう。
プラクティスなどで、事前にしっかりと準備しておいてください。

レース(決勝)
いよいよ決勝です。良いグリッドポジションにはつけましたか?

<シングルの場合>
ガレージにて、燃料調節やセッティングのチェックを済ませてください。
  • レース開始時
シグナルが消えるまでは、ギアを1速にいれないでください。
フライングはペナルティの対象となりますので注意してください。

<マルチの場合>
シングルとは違い規定の時間内の間だけ、ガレージ戻りセッティングを行うことが出来ます。
この間に、燃料調節やセッティングのチェックを済ませてください。
  • レース開始時
ギアを1速に入れた状態でも、シグナルが消えるまでは発進しません。
ギアを1速に入れた状態で、スタートに備えてください。

<ピットインの方法>執筆中
まずは、キーコンフィグのプライマリーファンクション内の、赤い括弧内で示した項目

Pit Speed Limiter
Pit Menu Select
Pit Menu Up
Pit Menu Down

を設定します。(この設定を元に以下、説明します。)

UP DOWN は矢印キーです。

設定の後、レースを行います。

速度制限に気をつけて、ピットレーンに入ります。
速度制限区域に入る直前に、必ずスピードリミッターを作動させて下さい。
速度違反は、即ペナルティとなりますので注意して下さい。
それと同時に、右側にピットメニューが表示されます。
ここで、矢印キーを押して、変更したい項目を選び、エンターキーで有効or無効を選択します。
(有効にすると選択項目が緑色になります。)

変更を完了するためには、”Confirm Pit Stop Actions”を選択し、エンターキーを押して有効にする必要があります。


”Confirm Pit Stop Actions”の有効を選択しないと、ピット作業は始まりませんので注意して下さい。


<補足>


予め、有効無効をピットストッププリセットで決めることが出来ます。
その他、余裕があればキーを割り当てることで、レース中にピットメニューを呼び出すことも出来ます。


コメント欄

名前: