過去に存在した、クラスカテゴリー。シルエットフォーミュラとも呼ぶようになった。
日本では、富士スーパーシルエットシリーズが馴染み深い。

見た目だけ市販車に似せれば、何でもOKということで、「まるでフォーミュラみたいな作りだ」と言われたそうな。
そんな理由から、箱車のフォーミュラマシン=シルエットフォーミュラと呼ばれるようになった。

そういった意味では、現代の、DTMやSuperGT、NASCARもある意味でシルエットフォーミュラと言える。
これらも、市販車に似た別の何かであるわけで。

1970年後半~1980年前半までの、ハイパワーレーシングカーがカテゴライズされている。
古いレーシングカーなので現代のマシンとおなじ感覚で乗ってはいけない。
シャシーも足回りも非常に弱く、強力なパワーに負けている。
ブレーキも効かないため、イメージよりもかなり手前でブレーキングしないと間に合わないことも。
ダウンフォースも非常に弱く、高速コーナーで非常に不安な挙動を示す。
それでいて、エンジンは非常にピーキーで扱いづらい。

故に、初心者にはまったくオススメできない。
パワーバンドをしっかりと把握し、繊細なアクセルワークで、ピーキーなエンジンをしっかりと制御できる、上級者でないと難しい。

荒々しい挙動、獰猛なエンジンサウンド、爆発的な加速力、現代のレーシングカーでは決して味わうことは出来ない麻薬のような快感を、マシンコントロールに自信のあるドライバーは、ぜひ体験して欲しい。

4月27日ののアップデートで、マシンデータの大幅な変更が行われた。
挙動が改善されたということだが、扱いやすくなったわけではないので注意。
腕に自信のある、上級者向けのコンテンツであることに変わりはない。

収録車種