ディファレンシャル(執筆中)


まずは、デファレンシャルがどういった装置なのか知る必要があります。
出来る限り噛み砕いて説明しますが、理解しづらい点も多々あるかと思います。ご了承下さい。

デファレンシャル(差動装置)とは?

自動車というのは、以下の図のように外側の車輪よりも内側の車輪を遅くしないと上手く曲がることが出来ません。
なぜなら、内側と外側では車輪の移動距離が違います。
内側は移動距離が短く外側は移動距離が長いためです。
運動会の時の更新を思い出して下さい、曲がる際に内側と外側で歩くスピードが違うはずです。

デファレンシャル、日本語で差動装置と呼ぶように、曲がっている時の自動車のエンジンのパワーを内側の車輪と外側の車輪に適切に分配するという役割があります。
デフの仕事によって、外側の車輪が速く回り、内側の車輪が遅く回ります。

しかし、これは一般乗用車に使用されるオープンデフと呼ばれるもので、レーシングカーやスポーツカーには不向きで使用されません。
ここで本題、レーシングカーに使用されるデファレンシャル(LSD)とはどういったものか、次の項で説明します。

レーシングカーのデファレンシャル(LSD)はどういったものか?

オープンデフでスポーツ走行を行うと以下のようなが症状が起きます。

オープンデフだと不都合な部分をLSDの働きによって制御します。

デファレンシャルのセッティング<検証中>

Power 加速側(コーナーの立ち上がり)に作用する。
強く効かせることで、コーナー立ち上がりでのトラクションを向上させる狙いがあるが、R3Eに収録されている殆どのハイパワー後輪駆動車の場合、オーバーステア気味になってしまいスタビリティが悪化する可能性がある。
セッティングにおいては、アンダーステア傾向、オーバーステア傾向の調整に用いるものと思っていいだろう。

Coast 減速側(コーナーの侵入)に作用する。
強く効かせると、コーナー進入時の安定性が上がるが、ターンインでアンダーステア傾向にもなる。

Preload 加速減速に両方作用する。
イニシャルトルクとも呼ばれているもの。
要するに、あらかじめ”かけておきたいデフの効き強さ”と”デフが効くまでの速さ”を調節することができる。
強く効かせることで、素早く穏やかにデフが効く。弱く効かせることで、遅れ気味に強く効く。