96

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

960 近代文学

 

日本の近現代文学史

 

「書き出し」

名文!胸震える文学作品書き出し50選

 

Ans. 連翹
※ 桜桃忌(おうとう・06/19:太宰治)、石榴忌(ざくろ・07/28・江戸川乱歩)
檸檬忌(れもん・梶井基次郎:03/24)、連翹忌(れんぎょう・高村光太郎・04/02) ← 生前好きな花で棺に収められた(だけ)

4択の問題です。
次の4つの植物の名が付いた「忌日」のうち、
自身の作品名に由来しないのは「【 何 】忌」でしょう。

“桜桃”忌  “石榴”忌  “檸檬”忌  “連翹”忌

16/04/02「定期化記念

 

【書き出しクイズ】です。
これは【 何 】という書籍の書き出しでしょう。

“「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。”

16/02/06「如月特別

 

中村正直(なかむら・まさなお)

 

西国立志編

サミュエル・スマイルズの『自助論(Self Help)』を、
留学生・中村正直が日本語に翻訳し出版した
明治時代のベストセラーのタイトルは『 何 』でしょう。
16/02/13「建国記念

 

夏目漱石

・「Web版夏目漱石デジタル文学館

 

 

川端康成(かわばた・やすなり)

 

“【 ○○○○ 】は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した 
近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。大阪府出身。東京帝国大学国文学科卒業。” ・・・ 
“代表作は、『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など。”
16/01/16「ウィキペディア杯

 

雪国

Ans. 鉄道 (※ 「夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。」と続く。)
三択の問題です。 
川端康成の小説『雪国』は 
「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」 
という書き出しが有名ですが、 
主人はどのような手段でこのトンネルを通ったでしょう? 

鉄道  馬車  バス

16/01/23「大雪特別

 

太宰治(だざい・おさむ)

 

小説家「津島佑子」の父親で、
本名を“津島修治”という文豪は【 誰 】でしょう。
16/04/30「昭和記念

 

樋口一葉(ひぐち・いちよう)

たけくらべ

亡くなる約半年前の1896年4月に一括掲載されると、
森鴎外、幸田露伴などの文豪から高い評価を受けた、
“樋口一葉”の代表作といえば『 何 』でしょう。
16/02/13「建国記念

 

松本清張(まつもと・せいちょう)

 

或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞したのち、
点と線』、『ゼロの焦点』『砂の器』黒革の手帖
などの代表作で知られる20世紀の小説家は【 誰 】でしょう。
16/01/15「C3」

砂の器

伊勢市の旅館が作中に登場する、
1960年から『読売新聞』夕刊に連載が行われた
“松本清張”の長編推理小説は『 何 』でしょう。
16/05/21「伊勢志摩記念

 

森鴎外(もり・おうがい)

 

今から100年前の1916年1月に「中央公論」に発表された
短編小説『高瀬舟』の作者は【 誰 】でしょう。
16/01/14「B2」

 

 

井上靖

1988年には主人公・趙行徳を“佐藤浩市”が演じ映画化もされた、
北宋時代の“西夏”を主な舞台とした井上靖
歴史小説のタイトルといえば『 何 』でしょう。 [16/01/03-金杯]

 

江戸川乱歩

[2015/10/11-A25L]

 

賀川豊彦

死線を越えて

1920年に改造社から出版された、
“賀川豊彦”の自伝的小説の題名といえば、
『【 何 】を越えて』でしょう。
16/02/13「建国記念

司馬遼太郎

代表作である「梟の城」「竜馬がゆく」「燃えよ剣」
「国盗り物語」「坂の上の雲」
などで知られる
大阪府出身の小説家は【 誰 】でしょう。
16/02/06「如月特別

 

壺井栄

1899/08/05~1967/06/23、香川県出身(現・小豆島町)

代表作:大根の葉、柿の木のある家、母のない子と子のない母と、坂道、二十四の瞳、石臼の歌、あしたの風

『二十四の瞳』/壺井栄

VIP:2008/05/19、2008/06/23、2009/09/20ボツ問、2010/12/11C
舞台:「瀬戸内海べりの一寒村」(実写映画等では香川県小豆島)、1928年~1946年

 

山本有三

戦後は国会議員としても活躍した作家で、
『真実一路』『路傍の石』『女の一生』などの
代表作で知られるのは誰でしょう?
05.12.10「2回戦」◆437p0bo/vc

 

横溝正史

 

金田一耕助シリーズ

『悪魔が来りて笛を吹く』は、横溝正史の長編推理小説。 
 「金田一【 ○○ 】シリーズ」の一つ。”
16/01/16「ウィキペディア杯

 

ショートショート

生涯で1001編以上の作品を執筆したSF作家で、 
掌編短編を得意としたことから「ショートショートの神様」と呼ばれ、 
自身は「現代のイソップ」を名乗っていたのは誰でしょう?
05.12.30「初心者」◆AABOnLyYJg