リオレイア

部位 打撃 部位 怯み 気絶 ジャンプ
80 0 15 20 15 35 100
40 0 10 15 10 20 0
30 15 10 15 10 25 0
55 0 5 20 5 10 0
20 0 10 15 10 20 0
40 0 5 10 5 10 0
尻尾 30 0 5 10 5 25 尻尾 0

攻略

行動別攻略

  • 技名:

状態

回復、演奏タイミングについて


まとめ


希少種


部位 打撃 部位 怯み 気絶 ジャンプ
19(50) 0 20(10) 30(15) 10(5) 0 100
15 0 20 30 10 0 0
50 5 15 20 5 0 0
30 5 10 15 10 0 0
44 0 15 25 10 0 0
35 0 10 10 5 0 0
尻尾 20 0 5 10 5 0 尻尾 0
尾先 45 0 10 10 5 0 尾先 0
※()内は部位破壊後の肉質

攻略

リオレイアの希少種、頭は硬いが白なら弾かれず破壊すれば弱点になる。
固定行動が多く、すぐ怯まないので人によっては原種より好きな人も。
希少種は炎噛みつきや3連ブレスを攻撃チャンスにする為に基本左周りで立ち回るのがベスト
その代わり捻りサマーソルトの攻撃範囲に入るので回避できるように心がける。

オススメスタイルはギルド、黒炎王を着れば攻守完璧。
ブシドーもおススメだが無駄JKで攻撃機会を逃したりサマーソルトの餌食にならないようにする。

行動別攻略

※原種と同じモーションは割愛させてもらいます
  • 3連ブレス:
後ろに下がりつつ(レイアから見て)右→真ん中→左へ拡散ブレスを吐く。
また真ん中へ吐き終わった後はサマーソルトに派生する場合がある。
ブレスを吐いている間はチャンスだがサマーソルトが来るかもしれないので右ぶん一発で我慢。
  • 突進+3連ブレス派生or突進:
希少種は原種と違い連続突進を行う場合は2回までしか突進を行わない。
更に3連ブレスにも派生する、しかも途中でサマーソルトには派生しないので3発目を叩き付け+後方が入る。
突進を誘発させるならレイアと距離をとる3連ブレスを派生させるならレイアへ近づく。
ちなみに連続突進の振り向きも後方で狙える
ただタイミングがシビアなので左ぶんまわしで突進なら尾先、ブレスなら頭に入れることもできる。
  • 炎噛みつき:
噛みつきモーションに炎が追加される、右や正面に広い判定があるが左はザル、頭獰猛は致命傷を負うので注意。
右にいた場合はJKするか左に移動する。左にいた場合翼か頭に右ぶん。
  • 捻りサマーソルト:
尻尾を捻らせてサマーソルト、正面の判定がしょぼくなるが横にも判定がでる。
すれ違うように回避すれば被弾しない、但し壁際の場合は注意。
獰猛化の場合尻尾が確定で獰猛部位なので被弾すると致命傷を負う
尾先の肉質が45なので尾先を攻撃しよう。獰猛化の場合狩技ゲージが溜まるので猶更。
尾先のダメージが蓄積すれば撃墜も取れる演奏チャンスになるのでバカにできない
  • 回り込み:
回り込んでからサマーソルト等を放つ、回り込みは撃墜チャンスなので後方やぶん回しでガンガン狙おう
ちなみに回り込みが完了次第軸合わせもせずノータイムでサマーソルトを放った場合、滞空せず確実に着地する。
軸合わせをしてサマーソルトを放つ場合着地しない場合もある
回り込みで攻撃した後のノータイムサマーソルトは後方のお陰で少し軸がズレるのですれ違うように横に回避すれば回避できる。
また、前方回避でサマーソルトの範囲から逃げれるようにして右ぶんや左ぶんを当てる方法もある。
しかし絶対回避が溜まっているなら消費して切れ味や体力等の回復を図る方が良い。
また、回り込みをせず直にサマーソルトを放つ場合があるので立ち位置に気をつける。
  • 飛翔+回り込み→サマーソルトor着地:
飛翔してハンターを尻もちを突かせ回り込みを行いサマーソルトで攻撃したり着地の風圧でハンターを拘束する。
風圧で動けなくなると確定被弾のパターンがあるので注意されたし。

状態

  • 獰猛化:
今作屈指の強敵に含まれる。頭部が獰猛部位の場合肉質が柔らかくなり青ゲージでも弾かれない
尻尾が獰猛部位固定なのでサマーソルトに注意、但し尾先を狙えば絶対回避のゲージがすぐ溜まる
頭部が獰猛化の場合噛みつきブレスや突進が超強化、被弾すると致命傷になりやすい。
翼が獰猛化の場合滑空攻撃が超強化される、ザル判定でも油断しない。
獰猛化金レイアはハイリスクハイリターンの関係である、リスクを取れば撃墜やスタン、狩技などハイリターンが帰ってくる。
また固定パターンの行動も多いので獰猛銀レウスと違い道具前提のクソモンスと言うわけでもなくガンガン頭を殴れる。
むしろ閃光玉を使用すると炎かみつきを頻発するのでむしろ使わない方が良い。
(けど頭部の獰猛化は銀レウスは固定化されているのに金レイアは固定じゃない……)

回復、演奏タイミングについて

回復タイミングは突進、滑空、サマーソルト、3連ブレス、疲労
演奏タイミングは尻尾撃墜、スタン、3連ブレス、サマーソルト、滑空
これだけ隙があるモンスがクソの筈がない(きっぱり

推奨武器

ライトニングフラップ

ソロはほぼこれ一択でも良いと思う程金レイアキラー。
風圧無効、白ゲージ、攻防小、火力、隙が無さ過ぎる。
お守りで業物+黒炎王装備なら高級耳栓も付く。
(獰猛化の場合防御小は大きく影響するので維持しよう)

フルフルフルート

高属性値、旋律はPTで生存率を上げる精霊の加護、獰猛化の赤ゲージ回復用に回復速度【小】が吹ける。
属性強化は吹くべきかは微妙、自己強化に加え上記を吹きつつ微妙な属性強化も吹くのはさすがにどうかと思う。
生存目的で担いでるのに火力の為のサポートをするならば吹く時間で手数を稼ぎスタンを取り且つ落とし穴と閃光で長時間拘束する方が良い。
素白じゃないので切れ味+1、2を予め付けておけば開幕の重音色を狙える。

推奨スキル

黒炎王の魂

風圧無効+高級耳栓+火耐性+十分な火力で安定感が違う。

回避性能 回避距離

サマーソルトを回避するためだけ、最終的にこれ無しで狩れるようにしよう。

紫毒姫リオレイア


部位 打撃 部位 怯み 気絶 ジャンプ
21(45) 0 10 10 10 20 100
40 5 10 15 10 15 0
19(38) 5 10 20 10 25 0
24 0 5 15 5 15 0
35 0 10 20 10 25 0
24 0 5 10 5 15 0
尻尾 40 0 5 10 5 15 尻尾 0
尾先 19(38) 0 5 10 5 15(20) 尾先 0
※()内は部位破壊後の肉質

攻略

今作で初登場したモンスター、レベルが上がると毒も劇毒まで進化する。
おススメは当然ブシドー、行動モーションが全体的にとろいので
JKを発動させなくても回避できたり、F回避をしてもディノパルドみたいに即攻撃できない。
また肉質もめちゃくちゃ入るわけでもないのでJK連音で属性ダメージを稼ぐのもよい
勿論他のスタイルも良し悪しはあるので状況によって使い分ける

行動別攻略

※原種と同じモーションは割愛させてもらいます
  • 突進:
ノーモーションで行う、ダウン時の起き上がりなど即放つので注意。
突進後一回だけ尻尾を回転させるので振り向き狙いで後方を入れよう。
  • 威嚇:
尻尾を叩きながら首を引っ込めつつ右から左へと顔を移動させる。
尻尾に触れると吹き飛ばされてしまうので注意。
後方を打つよりは右ぶんのみで狙い最後の一撃だけ後方にするのが望ましい。
火力がある構成なら怯みを取りつつ演奏するのも良し。
  • 炎噛みつき:
炎を出しながら噛みつく、疲労時だと炎は出ない。
離れるよりは近づいたほうが回避しやすい。
  • 炎噛みつき+尻尾薙ぎ払い回転:
前進と回転をしつつ初めに炎を前方にだし
その後に尻尾で薙ぎ払い毒棘を設置する攻撃。
毒姫の中もしくは後ろに居れば当たらない、回転中に頭が後ろに来た時に殴るか、
正面で待機し、出終わりに攻撃を当てるのがよい。
また足や翼を殴り重音色を作ったり演奏してもよい。
  • 尻尾薙ぎ払い:
顔を後ろにやり尻尾で後ろを二回薙ぎ払った後、
体を少しひねり前方を尻尾で薙ぎ払いつつ毒棘を設置する。
足の間や初めに薙ぎ払った方へ移動するのが良い。
JKで顎に3発入れるのもよし、後方を一発当てるのも良し。
  • 突進+サマーソルト:
狙ったハンターまで突進で近づきサマーソルトを行う。
ゆっくりなので回避ミスをしないように気をつける。
怒り時の場合稀に着地せず回り込んだりする。
  • 拡散3連ブレス:
後退しつつ右、真ん中、左もしくはサマーソルトを行う。
希少種と違い連続突進からの派生は無くサマーソルトか左ブレスか判断はできない。
肉質は首も40と中々なので真ん中ブレスの際に首を狙うように右ぶんを当てるのも良い。
左ブレスの場合は希少種と同じくスタンプ2撃目(右ぶん)+後方(スタンプ)を当てるのが良い。
サマーソルトの場合は着地にスタンプ2撃目(右ぶん)+後方(右ぶん)を当てるとよい。
  • 非怒り飛行:
後ろに飛んでそのまま着地する。疲労状態の場合ある程度近づくと捕食攻撃を行う。
また怒り時飛行の最中に非怒り飛行に変わった場合唐突にサマーソルトや滑空を放つ場合があるので注意。
  • 怒り時飛行
非怒りと違い普通に着地することは無い、サマーソルト、滑空、滑空薙ぎ払い、拘束攻撃に派生する。
サマーソルトが来る場合確実に回り込みをする動作を取る。
回り込みを始めた瞬間に後方を打てば見事に頭に吸い込まれる。
離れていた場合は背面後方を行うのが良い。
ただしブシドー以外のスタイルだと軸合わせなしの即サマーソルトや滑空で敷かれてしまう場合あり。
  • 滑空薙ぎ払い:
滑空をしつつ尻尾で薙ぎ払う、ブシドーだと3連音が頭にきっちり入る。
この後に威嚇に派生するのでJK連音で1♪を溜めて置くと自己強化を吹きやすい。
塔だと不自然に浮き上がり薙ぎ払うとみせかけつつ薙ぎ払わない仕様(のようなバグ)がある
但し離れすぎると薙ぎ払う場合があるので怖気つかず近づこう。
被弾してしまった場合高レベルだと死んでしまうので回復しよう。

状態

  • 疲労:
疲労状態になる、炎が出なくなったり突進後の尻尾回転の派生を滅多にしなくなる。
突進が物凄く面倒くさいのでとりあえず閃光玉を投げよう。

推奨武器

毒奏ファンガサクス

 言わずと知れた劇毒すら防ぐ全状態異常無効が吹ける笛。
 鈍器運用だと頭で弾かれるので切れ味レベル+2を付けよう。

エターナルオルゲール

 ブシドーと相性が良く高い属性値で頭部を素早く破壊できる。
 ぜひとも白ゲージを出してあげよう。

推奨スキル

破壊王

 翼や頭部の破壊におススメ。

切れ味レベル+2

 覇重笛クーネハウカム以外はすべて青ゲージがでるので頭部で弾かれないようにしよう。