ライゼクス

部位 打撃 部位 怯み 気絶
55(55) 5(6) 5(6) 0 5(10) 5 100
24 10 10 0 20 5 0
25 5(10) 5(10) 0 5(10) 5 0
25(25) 5(6) 5(10) 0 5(15) 5 0
25 10 10 0 15 5 0
尻尾 35 10 10 0 20 5 尻尾 0
尾先 43(35) 10 12(15) 0 20(25) 5 尾先 0
()内は部位破壊時

※電荷状態時
部位 打撃 部位 怯み 気絶
63 10 10 0 15 5 100
55 10 12 0 15 5 0
尾先 55 10 20 0 25 5 尾先 0

攻略

今作が初登場でメインモンスターのうちの一匹。
特徴として電荷状態という電気を纏い特定の行動を強化したり
電荷状態で攻撃モーションが変化するのが特徴。
四天王最弱モンスと言われたりするがタイムを詰めようとすると中々厄介。
振り向きを狙う場合尻尾に当たらない位置でやること。
非電荷状態と電荷状態での違いを正確に把握すると安定する。
特に空中でのモーションは電荷状態で変化が激しい。

肉質は属性は全くダメ、打撃も頭のみ弱特適用と中々だが
電荷状態ならば尻尾も翼も弱点になる大盤振る舞い。
ただし攻撃が強化されるので注意。

行動別攻略

ブレス
電気ブレスを吐く、吐くまでの長さで直進か左右に分岐かわかれる
溜めが短い場合直進、F回避可能で翼で吹っ飛ばされ遠くにいるハンターを狙撃したり
顔面近くでうろうろしてるハンターや左右に吐いた後距離を取っていた場合はいたりする。
頭部が電荷状態の場合当たり判定と威力が増し、顔の横もにいても被弾する、。
溜めが長い場合ハンターから見て左から右へ移動するブレスを吐く、吐いた直後は勿論正面は被弾する。
頭部が電荷状態の場合判定と威力が増し、左右同時に2つのブレスを吐くようになる。
翼薙ぎ払い
翼を地面につけ前進しつつ翼で薙ぎ払う、F回避可能。
怒り状態の場合左右二回行い、翼が電荷状態になる場合がある。
突っ込み
大きく距離を開けていた場合、クラウチングスタートの構えを取り
一気に距離を詰めつつ左翼で攻撃する、回避は左翼側に前転回避。
攻撃前の構えが可愛い。
ジャブ
片翼でハンターを尻もちを突かせ攻撃後に後ろに下がる。
どれぐらい下がるのか把握する、疲労中はその後突き上げに派生。
翼叩き付け
片翼を大きく上げ叩き付ける。
叩き付けた後は隙なので頭に攻撃できるよう練習する、できれば二回頭に当てたい。
電荷状態の場合判定と威力が増し、更に被弾した際の吹っ飛ぶ距離も増す。
吹っ飛ばされた場合、直進ブレスや突っ込みで追撃されやすいので注意。
翼が電荷状態ならば翼も弱点なので無理に頭に当てずとも翼でもよい。
尻尾回転+電気放出
尻尾を一回転させた後ハンターを狙って放電する。
顔の向きはハンターが左右どちらに居ても右で固定。
終わった後は正面を向くので2、3撃当てよう。
尻尾が荷電する場合あり。
突き上げ
鶏冠でつきあげる攻撃、右に回避するのではなく左へ
電荷状態の場合ダメ―ジがかなり高いので注意。
ヘッドナイフ
鶏冠を左右に振って攻撃する
非電荷の場合尻持ちをつく程度だが電荷状態だと大きなダメージを受けてしまう。
左右に振った時を狙うか尻尾の先端を攻撃するのが良い。
滑空翼撃
空中から勢いをつけて地面に着地と同時に翼を叩きつけながらハンターに接近する。
判定がガバガバなので後方を右斜め下にうって頭に当てつつ回避することもできるが
攻撃終わりの位置に待機して攻撃する方が良い。
非電荷状態、翼のみだとかなりの頻度で行う。
かち上げ
空中からポーズを取りハンターめがけて飛び込みかちあげる。
ライゼクスの着地と同時に後方で電荷した翼に攻撃したりできる。
この後は少し短い威嚇を行うので翼か頭を攻撃、おススメは翼→頭。
翼が電荷していた場合行う。
尻尾突き刺し
空中でハンターに回り込んでから尻尾で刺して麻痺状態にする。
回避して一呼吸置いて右ぶんもしくは後方を当てよう。
この後、頭部が電荷していなかった場合着地するので右ぶんの場合後方や叩き付けで攻撃しよう。
もし麻痺ってしまった場合滑空翼撃かかち上げに派生するが
ライゼクスの後ろに壁等が無い限り麻痺の起き上がりのタイミングと被るので被弾しない、ドジっこで可愛い。
ちなみに麻痺無効状態でこの攻撃を受けた場合ハンターは 起き上がりの無敵時間を調整できない受け身を取る
狩猟笛でライゼクスを狩る時に麻痺無効の旋律を吹く機会があるかもしれないが
よかれと思って吹いた麻痺無効のせいで 悪質な起き攻めコンボに変わってしまうので注意しよう
空中ヘッドナイフ
空中でハンターに回り込んでから頭を振り攻撃する。
F回避可能でこの後は確実に着地する。またもう一つパターンがあり。
尻尾突き刺しの後頭部が電荷していた場合行う。
この場合は長い威嚇になるので攻撃しまくろう。
頭部が電荷した場合行う。

状態

疲労
電荷状態が全て解除され、疲労が治るまでは電荷しない。
尻尾は二回振るようになり、ジャブをしてから突き上げを行ったり
突進を行うようになったりと、むしろ疲労状態の方が厄介。
シビレ罠
解除後にすべての部位が電荷していない場合すべての部位が電荷する。
電荷している部位があったりした場合どこが電荷するかはわからない。
翼電荷解除
解除後に確実にダウンする、翼破壊でも解除可能。
頭部電荷状態
頭部の電荷状態はダウン中は解除されないので上手く電荷中にスタンや翼電荷解除させたい。
スタン
翼が電荷していて且つ頭は電荷していない場合翼を攻撃するのもあり。

攻略(簡略化)

欲張らず電荷したところを殴る。

獰猛化

頭部が獰猛部位固定なので業物が無くても切れ味維持は余裕。
獰猛翼叩きつけはタイミングが遅いので注意。

大連続狩猟4

出現位置の少し後ろシビレ罠を置き電荷状態にさせ肉質を柔らかくする。
頭部の電荷状態を乗り、麻痺、スタンで維持できれば完璧。
解除してしまった場合は乗らずに攻撃し続ける。
2スタン1麻痺+乗りを目指そう。

推奨武器

セロヴィウノ

 雷耐性を吹け、大精霊の加護で安定する。
 性能も白ゲージが30と長く悪くない。

推奨スキル

回避性能

 F回避ですむ攻撃が多いのでおススメ。


青電主ライゼクス


部位 打撃 部位 怯み 気絶
55(45) 5(5) 5(5) 0 5(10) 5 320 100
20 10 10 0 20 5 200 0
20 10 10 0 20 5 200 0
45(25) 5(5) 5(5) 0 5(10) 5 420 0
28 10 10 0 15 5 270 0
尻尾 35(43) 10(5) 10(5) 0 20(10) 5 尻尾 180 0
尾先 43 10 12 0 20 5 尾先 230 0
()内は疲労時

※青電荷状態時
部位 打撃 部位 怯み 気絶
60 6 6 0 10 5 320 100
58 10 10 0 15 5 270 0
尾先 58 10 10 0 10 5 尾先 450 0

攻略

MHXXにて追加された、電竜ライゼクスの二つ名ver.。
特徴としてクエストの開始から原種でいう電荷状態になっており、攻撃した部位によってその部位が青電荷状態になっていく。
最大の攻撃は、長大な攻撃範囲かつ超威力のライトニングブレード。
この攻撃を対処できるようになれば、 戦っていて一番楽しい二つ名モンスター になる。
この攻撃の回避をを意識した位置取りが大切であり、 青電主に近いほど避けやすい。
頭の部位に当てるのにはコツがあり、慣れるまでは首に吸われがちである。
青電主のトサカか、頭の前の空間を狙うつもりで笛を振ってみよう。 
通常種と比べ、トサカが発達しているので前方に当たり判定が大きい。
なので、青電主に クイックターンで背を向けてからの後方 が面白いほど入る。どこまでなら遠くからでも後方を入れられるか、探ってみよう。
それに加え、なんとも優しいことに振り向き後方を簡単に、かつクエスト中何度も入れることができる。
レウスの振り向き後方当てのコツも必要としない。
防御面の強化として、トサカが破壊されていなければ、 空中および地上でも閃光玉は無効 となっている。
咆哮は耳栓で防げるが、範囲がフルフルよりも広くなっている。

行動別攻略

ライトニングブレード
頭が青いときにしか使わない ので、頭の電荷状態を注意して見ておこう。
青電主のどの状況でも、ブレードのエネルギー充填をするジュリジュリジュリという大きなSEが鳴った後にくる
「キィィィンというSEが鳴った瞬間」および「トサカを揚げきった後」にブレードの方向を定めている。
このときにブレードと垂直に転がればよい。このタイミングなら臨戦の無敵時間でも避けられる。
翼叩きつけが被弾する距離までなら、自己強化の移動でも避けられる。
逆に、青電主から遠く離れるとブレードから移動できる角度が小さくなるので被弾してしまう。
自己強化が切れていても、前転で避けられる場合があるので諦めてはいけない。
ブレードの可動域(首の可動域)が大きい順に、超電磁球後>地上>空中である。
特に、超電磁球の後に繰り出すときは最後まで誰を狙うかわからないほどに大きく首を動かしてくる。
避けた後は後方を入れられる。 
以下の攻撃の後にブレードを繰り出す。
空中1wayブレス ・普段より遅いモーションで出した翼爪叩きつけの1回目の後
翼爪薙ぎ払い二回→飛翔して空中2wayブレスの後 ・空中2wayブレス→軸合わせの後
大きな音を立て体の中心が青く輝きながら出した超電磁球の後
空中もしくは、地上で後ろに下がりつつ軸合わせしながら単発で
突進
中距離にいるとまれにしてくる。
疲労のときに使われると安全に攻撃できる時間が減ってしまうので、青電主に近づこう。
攻撃判定のない突進のあとは、振り向いて尻尾叩きつけ放電に派生する。
咆哮
頭を一番前に突き出したときに判定がある。回避性能なしでも避けられる。
真正面に立っていれば、青電主のあばらが見えなくなる瞬間に回避するとよい。
怒り移行
全身が青電荷状態に変わる。このあと 青電尻尾突き刺しに派生することが多い
一部位でも青電荷状態でなければ、身震いをしてくれる。身震いを終えるまでに怯ませると、なんと全身の青電荷移行をキャンセルできる。
咆哮を避けると右ぶんと後方が入れられる。
身震いの場合なら、咆哮で突き出した頭に向かっての演奏も十分間に合う。
もし咆哮に被弾しても、頭の真ん前にいれば右ぶんが入れられる。
ジャブ
片翼でハンターを尻もちを突かせ攻撃後に後ろに下がる。
トサカの判定が大きいことを実感しやすい攻撃。笛を振るとなぜか頭に当たる。
後ろに下がる頭に右ぶんか翼に後方を入れられる。 
地上3wayブレス
溜めがやや長めで翼を広げながら放つと一挙に3方向に出す。初速は遅いが、すぐさま加速する。
出始めの場所に居るのは危険で、放った後に後方が入れられる。 
疲労したときは判定が一切無くなる。
3連ブレス
リオレイアのようなモーションで初速の遅いブレスを吐く。
青電主の真正面にいた場合、一回目のブレスに当たりに行くように移動すると避けやすい。
二回目のブレスに真正面から臨戦をして攻撃してやろう。と試みると加速していない弾に当たってしまう。
ブレスを回避した後に右ぶん後方が入れられる。 
空中2wayブレス
体を捻りながら飛翔して放ち、すぐさま1wayブレスを吐くことが多い。
2wayはブレスとブレスの間をくぐり、1wayは移動して避ける。
ブレスを放った後、 翼が青ければ高確率で超電磁球に派生 する。
空中1wayブレス
体を捻りながら飛翔して放った後に頭が青くなっていれば、高確率でブレードに派生、
中確率で飛翔して麻痺尻尾、低確率でもう一度1wayブレスを吐いてからそのまま降り立つ。
ブレードは、1wayブレスの放ったハンターに狙いを定める。
パーティ戦の場合、他の人にブレードが当たらないよう誘導すると素敵である。
2way→1wayとつながり、青電主との距離が離れていると滑空翼撃に派生する場合もある。
滑空翼撃は、ブレーキをかける青電主の右翼前付近が安全。
頭が青くないときは三連ブレスに派生しやすい。
空中麻痺尻尾
空中1wayブレスの後に派生し、この後優しく降り立つ。
青電主の頭の延長線上に離れて尻尾を避け青電主に背を向けると
右ぶんもしくは左ぶんの終わり際と、後方を入れられる。 
頭が青い場合でもこの攻撃に派生するときがある。
麻痺するとトサカ振り回し空中やライトニングブレードを当てようとするが、青電主は優しいので
攻撃をダウン中の無敵に重ねてくれる。 起きろオラと鼓舞してくれているのかもしれない。
翼爪叩きつけ
攻撃する翼の脇の部分にも判定がある。攻撃していない翼か尻尾に移動して避けよう。
超特殊だと最終強化ネセトで薬草1つ分残す威力なので、常に体力は全快にするのが望ましい。
雷属性やられのハンターがこれに当たると気絶するので、回復タイミングをずらすとよい。
翼の縁に当てようとすると空振ることが多いので、その位置にいる場合は攻撃を我慢。
2回目の攻撃をした翼の反対から右ぶんもしくは左ぶん→後方が入れられる。 
開幕これに当たり、壁に激突して気絶したら最速で死ぬことができる。
そのとき、猫タクに揺らされながら自己強化の大切さを思い出すだろう。
叩きつけの瞬間に転がれば、回避性能なしでも避けられる。
トサカ振り回し地上・空中
頭が青いときはあまり使わない。青電主の真ん前で無防備に演奏をすると当てられてしまう。
掬いあげるように頭を振る場合と、二回左右に振る場合がある。
掬いあげる方は「頭地面刺し」→「掬いあげ」と二回攻撃判定がある。
超特殊の場合、雷耐性が低いと両方とも当たれば死ぬので気を付けよう。
二回左右に振る攻撃は、イビルジョーの頭振りを避ける要領で攻撃をくぐろう。
地上ナイフの掬う版なら攻撃後身震いするので後方を入れられる。 
空中で繰り出したナイフの攻撃後は、
優しく降り立つので右ぶんもしくは左ぶんの終わり際と、後方を入れられる。 
尻尾回転+尻尾叩きつけ放電
ジンオウガの頭突きと同じポジションの攻撃で、「え、そんなタイミングで後方攻撃して良いんすか!」
と言わんばかりにほぼノーモーションで出してきて、尻尾に被弾したハンターへ放電を当てようとする。
起き上がり前転で避けよう。 尻尾回転を一回済ませ、青電主が振り向いたら
右脚の後ろに立ち、振り向く頭に右ぶん。
放電した後大きく振り向いたときに後方を入れられる。
右脚に立つタイミングが遅かったときは、二回目の振り向きに「後方を頭に一回だけ入れる」か、
右脚の右側でやや頭の方に近い場所に立ち、振り向く頭に「右ぶん→後方」が入れられる。
放電の後は状態に関係なくたいてい身震いをするので、翼や尻尾どころか、振り向く頭に演奏攻撃も狙える。
振り向き中は特に首に吸われやすい。 トサカの前の空間に当てるようにしよう。
疲労のときはたいてい続けて尻尾回転になるが、ハンターの位置によっては放電をしてくる場合もある。
当たり判定のない突進のあとに尻尾叩きつけ→放電を繰り出すことが多い。
中空突進
クラウチングスタートから始まる攻撃。
遠距離で回復しようとすると、これを当てられるのであまり遠ざかることがないようにしよう。
ブレーキをかけ、前脚を引き抜くような動作のときに当たり判定が消滅する。
このときに右翼に向かって後方が入れられる。 
もしブレーキの時に被弾するとぶっとび【特大】のリアクションを取り、そのまま壁に当たると気絶する。当たらないようにしよう。
中空突進中は、タイミングよく転がると回避性能なしでも避けられる。
翼爪薙ぎ払い
非怒り状態・閃光状態のときは薙ぎ払いは一度まで、怒り状態になると二回繰り出す。
攻撃する翼と反対の脚の前に立つと、攻撃を避けつつ後方を入れられる。
頭に攻撃を入れたいなら青電主に向かって90°横を向くとよい。
場所がよければ後方の出始めが頭に入るだろう。
青電主のずっと前にいた場合、翼に向かってスタンプもしくは後方を入れられる。
二撃目に繰り出した翼が右翼なら左に向かってスタンプ。左翼なら右。
二撃目の攻撃判定が無くなる瞬間は、青電主が口を大きく開けたとき。
頭部が青い場合 、二回放った後すぐさま飛翔してブレスに派生することがある。
飛翔するときの風圧に当たってしまうと、ほぼブレスも当たることになるため、近付きすぎには要注意だ。
翼爪叩きつけ1回目をキャンセルして、翼爪薙ぎ払いにつながった場合は飛翔しない。
ナルガの翼斬りを避けるように前転すると回避性能なしでも避けられる。
青電尻尾突き刺し
尻尾が青いときのみ使い 、青電主の振り向きを狙って背後にいると危険度が上がる攻撃。
飛翔して中空にとどまった後、地面に尻尾を刺してから放電。その後電撃の柱を展開する。
おもむろに バックステップや飛翔をしたら ただちに離れよう。
尻尾刺しは数少ない イナシ無効の攻撃 。 もし尻尾に被弾すると、
ダメージ小+麻痺→範囲電撃+ぶっ飛び【特大】→力尽きるor体力が残っていても気絶となる。
間の空いた三連続の攻撃なので、ブシドーを使う際はくれぐれも地面尻尾刺しにジャスト回避をしないように。
範囲放電の威力は高く、イナシても大きなダメージを負う。イナシてから電撃の柱に当たる人をよく見たので
範囲放電にイナシをするのはおすすめできない。笛の移動で避けるようにしよう。
範囲放電の後に回転電撃が始まり、時計の6時の方向から電撃の柱が現れる。
電撃の柱は、見た目より当たり判定の持続が長いので直近の柱が完全になくなってから侵入しよう。
4時や5時あたりから侵入すると、安全かつ一番早く尻尾を攻撃できる。
青電主の真正面にいる場合は、9時の柱が無くなった後に尻尾を攻撃しよう。
尻尾を抜いた後も、着陸する際に頭へ後方を入れられる。 
範囲電撃のあとに閃光玉を当ててしまうと、墜落した青電主に攻撃しようと集まるハンターに電撃の柱が当たってしまいやすい。
どうしても当てたいなら電撃の柱が出終わった後か、早いタイミングで投げよう。
超電磁球→滑空翼撃
空中かつ翼が青いときのみ使う 。空中で動きが止まったと思ったらカメラを向けよう。
滑空翼撃はダッシュして一点に留まった後に緊急回避。緊急回避のタイミングは、
頭が間近に迫った時~地面を翼で殴る二回目までに飛べばよい。地面を翼で殴る音の一回目で緊急回避すると安定する。
超電磁球→ブレード→電荷解放ダイブ
頭も青いときに、体の中心を青く輝かせて電磁球を繰り出したとき は、
ブレード→体を回転させて高く飛翔→電荷解放ダイブというコンボに繋がる。
このときに繰り出す電磁球のSEは、 ライトニングブレードのエネルギーを充填するときのSE と同じ。
超特殊の場合、ネセト最終強化だと滑空翼撃は耐えられるが、ダイブは一撃である。
…納笛を遅れてしまい、電磁球のダメージを耐えられる体力であるなら、ダイブよりかは威力の低い電磁球にわざと当たって
やりすごすのも最後の手段としてある。だが、このコンボでだす電磁球は威力・気絶値ともに高くなっている。
被弾すれば必ず気絶し、超特殊個体の電磁球に当たると、ネセト最終強化で8割体力が飛ぶ。
めったにないが、パーティではブレードとかち上げの狙うハンターが変わる場合がある。
ちなみに、ブレードからのダイブのコンボは青電荷状態になってすぐには行わない。目安としては翼青電荷になってから電磁球二回目。もしくは、青電荷状態が二分程度経過したら行う。ダイブをした後には全部位の青電荷状態が解除される。
ブレードは、後のダイブも避けるために緊急回避がよい。電磁球の吸引を利用しながら走って避けることもできる。
ダイブは、カメラを上に向けて青電主の後ろ脚が着陸姿勢に入ったときに緊急回避。
滑空翼撃もしくはダイブが終わると長い威嚇をしてくれる。四回程度頭を攻撃しよう。 
禁足地で戦う場合は頭がハンターの入れない場所にあることがあるので、
そのときはスタンプ右ぶんループを頭に当てよう。

状態

疲労
よだれを垂らしてから少しすると電荷状態が一時なくなった状態になる。
突進を阻止するために青電主の真ん前で頭を殴ろう。
シビレ罠
原種と同じ。
翼青電荷解除
原種と同じく転倒する。
頭部青電荷状態
ブレードがいつきても避けられるようにする。絶対回避を溜めていると精神的に楽。
音色を溜めるより、後方を頭に当てていって青電荷状態を解除するように心がけたい。
翼青電荷状態
電磁球がいつきても避けられるようにカメラを飛翔した青電主に向かって動かす。
尻尾青電荷状態
青電尻尾突き刺しに当たらないようにする。
頭部部位破壊
地上・空中で閃光玉が効くようになる 。平常時や怒り時に当てると頭を殴りづらくなるので、
投げたい人は 疲労時に使い 、疲労の時間を延長してみよう。
閃光
頭上に星を回していても、 軸合わせをしてからトサカ振り回し二種を仕掛けるどころか、
反転して正確に翼叩きつけさえしてくる。 どうやら、行動を制限できるだけで
自由にこちらを攻撃できるようだ。閃光で墜落させて攻撃した後も警戒を怠らないように。

推奨武器

頭の青電荷状態を速やかに解除するべく、できるだけ高火力の武器を担いでみよう。

真名シストルムメナト

 高威力、高斬れ味、3スロット、防御補正60!そして作りやすい。業物臨戦で斬れ味紫を維持して殴ろう。
 状態異常無効の追加演奏は60秒なのでこまめに吹きなおし、尻尾突き刺しによる麻痺や、気絶にならないようにしたい。
 精霊王の加護が発動すると、ネセト一式でも超特殊個体の非怒り時のブレードも耐えられる。
 重音色を用いたおすすめの演奏順は、自己強化→加護→無効→自己強化→加護→無効。

木魚打ち朴々【鎮】

 防御大と気絶無効が吹ける。他のメンバーを助けたいあなたはこれです。素材があれば二つ名カブラ笛を担ごう。
ダメージ軽減の期待値的には、精霊王の加護よりも防御大の方が優秀。しかし、効果時間が90秒と維持が難しい。

覇巌笛イクセハウカム

 攻防と、電磁球から逃げるために走るスタミナの確保・イナシ待ちをしているメンバーのために
 スタミナ無効を吹いてみよう。

セロヴィドス

 パーティに自分以外のカリピストがいればこの美しいコントラバスを選んでみよう。
 精霊王の加護と、雷耐性を10上げることができる。
 セロヴィドスブランは氷属性だが、頭への属性の通りは悪く、素の斬れ味が青なのでおすすめしない。
 業物臨戦ができるならセロヴィドスベルデ(麻痺)もよい。

推奨スキル

弱点特効

 ただでさえ殴るのが気持ちいい青電主の頭をもっと狙いたくなる。

根性

 あれば報酬金保険飯を食べられる。

ネコの報酬金保険

 発動してあれば安心でき、結果クエストを達成できる。

気絶無効

 青電主戦ではぶっとび【特大】からの気絶が多く、そして気絶すると追撃されほぼ力尽きてしまう。
 安心して狩りたいなら付けてみてください。演奏効果でつけるのもOK。

推奨防具

下記の防具を着なくてもよくなったら、青電主は攻略できたといっていいかもしれない。

ミラボレアス(祖龍)一式

 雷耐性大か、ココットの心を発動させたときの安心感は異常。防具を最大強化して耐性を40程度にアッパー調整をすると、
なんと超特殊個体の怒りブレードを耐えられる。さぁ翼を集めよう。

ミラボレアス(黒龍)一式

 着こなした瞬間、麻痺及び気絶からの解放が待っている。雷耐性大を発動させると祖龍と同じように堅固になる。

隻眼一式

 根性と不屈(二乙で攻撃・防御大重ね掛けと同じになる)があなたを守ってくれます。雷耐性大(ry