ライゼクス

部位 打撃 部位 怯み 気絶
55(55) 5(6) 5(6) 0 5(10) 5 100
24 10 10 0 20 5 0
25 5(10) 5(10) 0 5(10) 5 0
25(25) 5(6) 5(10) 0 5(15) 5 0
25 10 10 0 15 5 0
尻尾 35 10 10 0 20 5 尻尾 0
尾先 43(35) 10 12(15) 0 20(25) 5 尾先 0
()内は部位破壊時

※電荷状態時
部位 打撃 部位 怯み 気絶
63 10 10 0 15 5 100
55 10 12 0 15 5 0
尾先 55 10 20 0 25 5 尾先 0

攻略

今作が初登場でメインモンスターのうちの一匹。
特徴として電荷状態という電気を纏い特定の行動を強化したり
電荷状態で攻撃モーションが変化するのが特徴。
四天王最弱モンスと言われたりするがタイムを詰めようとすると中々厄介。
振り向きを狙う場合尻尾に当たらない位置でやること。
非電荷状態と電荷状態での違いを正確に把握すると安定する。
特に空中でのモーションは電荷状態で変化が激しい。

肉質は属性は全くダメ、打撃も頭のみ弱特適用と中々だが
電荷状態ならば尻尾も翼も弱点になる大盤振る舞い。
ただし攻撃が強化されるので注意。

行動別攻略

ブレス
電気ブレスを吐く、吐くまでの長さで直進か左右に分岐かわかれる
溜めが短い場合直進、F回避可能で翼で吹っ飛ばされ遠くにいるハンターを狙撃したり
顔面近くでうろうろしてるハンターや左右に吐いた後距離を取っていた場合はいたりする。
頭部が電荷状態の場合当たり判定と威力が増し、顔の横もにいても被弾する、。
溜めが長い場合ハンターから見て左から右へ移動するブレスを吐く、吐いた直後は勿論正面は被弾する。
頭部が電荷状態の場合判定と威力が増し、左右同時に2つのブレスを吐くようになる。
翼薙ぎ払い
翼を地面につけ前進しつつ翼で薙ぎ払う、F回避可能。
怒り状態の場合左右二回行い、翼が電荷状態になる場合がある。
突っ込み
大きく距離を開けていた場合、クラウチングスタートの構えを取り
一気に距離を詰めつつ左翼で攻撃する、回避は左翼側に前転回避。
攻撃前の構えが可愛い。
ジャブ
片翼でハンターを尻もちを突かせ攻撃後に後ろに下がる。
どれぐらい下がるのか把握する、疲労中はその後突き上げに派生。
翼叩き付け
片翼を大きく上げ叩き付ける。
叩き付けた後は隙なので頭に攻撃できるよう練習する、できれば二回頭に当てたい。
電荷状態の場合判定と威力が増し、更に被弾した際の吹っ飛ぶ距離も増す。
吹っ飛ばされた場合、直進ブレスや突っ込みで追撃されやすいので注意。
翼が電荷状態ならば翼も弱点なので無理に頭に当てずとも翼でもよい。
尻尾回転+電気放出
尻尾を一回転させた後ハンターを狙って放電する。
顔の向きはハンターが左右どちらに居ても右で固定。
終わった後は正面を向くので2、3撃当てよう。
尻尾が荷電する場合あり。
突き上げ
鶏冠でつきあげる攻撃、右に回避するのではなく左へ
電荷状態の場合ダメ―ジがかなり高いので注意。
ヘッドナイフ
鶏冠を左右に振って攻撃する
非電荷の場合尻持ちをつく程度だが電荷状態だと大きなダメージを受けてしまう。
左右に振った時を狙うか尻尾の先端を攻撃するのが良い。
滑空翼撃
空中から勢いをつけて地面に着地と同時に翼を叩きつけながらハンターに接近する。
判定がガバガバなので後方を右斜め下にうって頭に当てつつ回避することもできるが
攻撃終わりの位置に待機して攻撃する方が良い。
非電荷状態、翼のみだとかなりの頻度で行う。
かち上げ
空中からポーズを取りハンターめがけて飛び込みかちあげる。
ライゼクスの着地と同時に後方で電荷した翼に攻撃したりできる。
この後は少し短い威嚇を行うので翼か頭を攻撃、おススメは翼→頭。
翼が電荷していた場合行う。
尻尾突き刺し
空中でハンターに回り込んでから尻尾で刺して麻痺状態にする。
回避して一呼吸置いて右ぶんもしくは後方を当てよう。
この後、頭部が電荷していなかった場合着地するので右ぶんの場合後方や叩き付けで攻撃しよう。
もし麻痺ってしまった場合滑空翼撃かかち上げに派生するが
ライゼクスの後ろに壁等が無い限り麻痺の起き上がりのタイミングと被るので被弾しない、ドジっこで可愛い。
ちなみに麻痺無効状態でこの攻撃を受けた場合ハンターは 起き上がりの無敵時間を調整できない受け身を取る
狩猟笛でライゼクスを狩る時に麻痺無効の旋律を吹く機会があるかもしれないが
よかれと思って吹いた麻痺無効のせいで 悪質な起き攻めコンボに変わってしまうので注意しよう
空中ヘッドナイフ
空中でハンターに回り込んでから頭を振り攻撃する。
F回避可能でこの後は確実に着地する。またもう一つパターンがあり。
尻尾突き刺しの後頭部が電荷していた場合行う。
この場合は長い威嚇になるので攻撃しまくろう。
頭部が電荷した場合行う。

状態

疲労
電荷状態が全て解除され、疲労が治るまでは電荷しない。
尻尾は二回振るようになり、ジャブをしてから突き上げを行ったり
突進を行うようになったりと、むしろ疲労状態の方が厄介。
シビレ罠
解除後にすべての部位が電荷していない場合すべての部位が電荷する。
電荷している部位があったりした場合どこが電荷するかはわからない。
翼電荷解除
解除後に確実にダウンする、翼破壊でも解除可能。
頭部電荷状態
頭部の電荷状態はダウン中は解除されないので上手く電荷中にスタンや翼電荷解除させたい。
スタン
翼が電荷していて且つ頭は電荷していない場合翼を攻撃するのもあり。

攻略(簡略化)

欲張らず電荷したところを殴る。

獰猛化

頭部が獰猛部位固定なので業物が無くても切れ味維持は余裕。
獰猛翼叩きつけはタイミングが遅いので注意。

大連続狩猟4

出現位置の少し後ろシビレ罠を置き電荷状態にさせ肉質を柔らかくする。
頭部の電荷状態を乗り、麻痺、スタンで維持できれば完璧。
解除してしまった場合は乗らずに攻撃し続ける。
2スタン1麻痺+乗りを目指そう。

推奨武器

セロヴィウノ

 雷耐性を吹け、大精霊の加護で安定する。
 性能も白ゲージが30と長く悪くない。

推奨スキル

回避性能

 F回避ですむ攻撃が多いのでおススメ。


青電主ライゼクス


部位 打撃 部位 怯み 気絶
55(45) 5(5) 5(5) 0 5(10) 5 100
20 10 10 0 20 5 0
20 10 10 0 20 5 0
45(25) 5(5) 5(5) 0 5(10) 5 0
28 10 10 0 15 5 0
尻尾 35(43) 10(5) 10(5) 0 20(10) 5 尻尾 0
尾先 43 10 12 0 20 5 尾先 0
()内は疲労時

※電荷状態時
部位 打撃 部位 怯み 気絶
60 6 6 0 10 5 100
58 10 10 0 15 5 0
尾先 58 10 10 0 10 5 尾先 0

攻略

MHXXにて追加された、電竜ライゼクスの二つ名ver.。
特徴としてクエストの開始から原種でいう電荷状態になっており、攻撃した部位によってその部位が青く輝き始める。
最大の攻撃は、長大な攻撃範囲かつ超威力の電撃の刃で縦になぎ払う攻撃。
この攻撃を対処できるようになれば、 二つ名で戦っていて一番楽しいモンスター になる。
頭の部位に当てるのにはコツがあり、慣れるまでは首に吸われがちである。
青電主のトサカか、頭の前の空間を狙うつもりで笛を振ってみよう。 
なんとも優しいことに振り向き後方を簡単に、かつクエスト中何度も入れることができる。
レウスの振り向き後方当てのコツも必要としない。

行動別攻略


電撃の刃
頭が青いときにしか使わない ので、頭の電荷状態を注意して見ておこう。
キィィィンというSEが鳴った直後、顎をクイっとした瞬間に刃の方向を定めている。
このときに刃と垂直に転がればよい。このタイミングなら臨戦の無敵時間でも避けられる。
空中でも避けるタイミングは音の鳴った後だが、SEを聞き逃さないようにしよう。
狩猟笛なら自己強化の移動でも避けられることもあるが、念のため転がろう。
自己強化が切れていても転がれば避けられるので諦めてはいけない。
避けた後は後方を入れられる。 
以下の攻撃の後に電撃の刃を繰り出す。
空中1wayブレス ・空中2wayブレス・翼叩きつけの1回目の後
大きな音を立て体の中心が青く輝きながら出した電磁球の後
空中もしくは地上で軸合わせしながら単発で
突進
遠距離にいるとまれにしてくる。
疲労のときに使われると安全に攻撃できる時間が減ってしまうので、青電主に近づこう。
攻撃判定のない突進のあとは、振り向いて電撃麻痺尻尾に派生する。
咆哮
頭を一番前に突き出したときに判定がある。回避性能なしでも避けられる。
怒り移行
全身が青い電荷状態に変わる。このあと尻尾地面刺しに派生することが多い。
咆哮を避けて右ぶんと後方が入れられる。
もし咆哮に被弾しても、頭の真ん前にいれば右ぶんが入れられる。
ブレス
頭が青いときに翼を広げながら放つと一挙に3方向に出す。初速は遅いが、すぐさま加速する。
出始めの場所に居るのは危険で、放った後に後方が入れられる。 
疲労したときは判定が一切無くなる。
3連ブレス
リオレイアのようなモーションで初速の遅いブレスを吐く。
初弾を回避した後に右ぶん後方が入れられる。 
空中2wayブレス
体を捻りながら飛翔して放ち、すぐさま1wayブレスを吐くことが多い。
2wayはブレスとブレスの間をくぐり、1wayは移動して避ける。
空中1wayブレス
体を捻りながら飛翔して放った後に頭が青くなっていれば、高確率で電撃の刃に派生、中確率で麻痺尻尾
低確率でもう一度1wayブレスを吐いてからそのまま降り立つ。
電撃の刃は、1wayブレスの放ったハンターに狙いを定める。
パーティ戦の場合、他の人に当たらないよう誘導すると素敵である。
空中麻痺尻尾
空中1wayブレスの後に派生し、この後優しく降り立つ。
青電主の頭の延長線上に離れて尻尾を避け青電主に背を向けると
左ぶんの終わり際と後方を入れられる。 
頭が青い場合でもこの攻撃に派生するときがある。
翼叩きつけ
攻撃する翼の脇の部分にも判定がある。攻撃していない翼か尻尾に向かって避けよう。
超特殊だと最終強化ネセトで薬草1つ分残す威力なので、常に体力は全快にするのが望ましい。
雷属性やられのハンターがこれに当たると気絶するので、回復タイミングをずらすとよい。
2回目の攻撃をした翼の反対から右ぶんもしくは左ぶん→後方が入れられる。 
ヘッドナイフ
頭が青くないときに使う。青電主の真ん前で無防備に演奏をすると当てられてしまう。
掬いあげるように頭を振る場合と、二回左右に振る場合がある。
空中麻痺尻尾を食らったハンターに当てようとするが、当たらない。
当たると翼叩きつけに次ぐ威力。
麻痺したハンターをスタンプで解除しようとするカリピストには当たるので気をつけよう。
攻撃後は優しく降り立つので左ぶんの終わり際と後方を入れられる。 
尻尾回転+電撃放出
ジンオウガの頭突きと同じポジションの攻撃で、「え、そんなタイミングで後方攻撃して良いんすか!」
と言わんばかりにほぼノーモーションで出してきて
被弾したハンターに麻痺する電撃を当てようとする。起き上がり前転で避けよう。
電撃放出に派生するとわかれば、青電主の右脚に立ち、振り向く頭に右ぶん。
電撃放出した後大きく振り向いたときに後方を入れられる。
右脚に立つタイミングが遅かったときは後方だけ入れよう。 
疲労のときはたいてい続けて尻尾回転になるが、電撃放出をしてくる場合もある。
当たり判定のない突進のあとに繰り出すこともある。
突っ込み
クラウチングスタートから始まる攻撃で、翼が青くなければ青になる。
遠距離で回復しようとすると、これを当てられるのであまり遠ざかることがないようにしよう。
ブレーキをかけ、前脚を引き抜くような動作のときに当たり判定が消滅する。
このときに翼に向かって後方が入れられる。 
翼薙ぎ払い
攻撃する翼の反対の翼の前に立つと、攻撃を避けつつ後方を入れられる。
青電主のずっと前にいた場合、翼に向かってスタンプを入れられるが、失敗すると大ダメージと
ぶっとび【特大】になるのでおとなしく音符を集めるのもアリ。
二回放った後すぐさま飛翔してブレスに派生することがある。
地面尻尾突き刺し電撃
尻尾の青いときのみ使い 、青電主の振り向きを狙って背後にいると危険度が上がる攻撃。
おもむろに飛翔したらただちに離れよう。
もし尻尾に被弾すると
ダメージ小+麻痺→範囲電撃+ぶっ飛び【特大】
→力尽きるor体力が残っていても気絶となる。当たってはいけない。
範囲電撃の後に回転電撃が始まる。時計の6時の方向から電撃の柱が現れるので、真正面から入る場合は
9時の柱が無くなった後に尻尾を攻撃しよう。尻尾を抜いた後も頭に後方を入れられる。 
範囲電撃のあとに閃光玉を当ててしまうと電撃の円運動が乱れ、
フィボナッチ数列のような軌道を描く。どうしても当てたいなら早いタイミングで投げよう。
電磁球
空中かつ翼が青いときのみ使う 。空中で動きが止まったと思ったらカメラを向けよう。
滑空翼撃に派生することが多い。
電磁球に当たるとネセト最終強化で8割体力が飛び、ハンターもぶっとび【特大】で飛んでいってしまう。
そのまま壁に当たれば混乱→滑空翼撃で力尽きるので電磁球には当たってはいけない。
頭も青いとき は、電撃の刃→体を回転させて高く飛翔→かち上げというコンボに繋がる場合がある。
超特殊の場合、ネセト最終強化だと滑空翼撃は耐えられるが、かち上げは一撃である。
パーティでは電撃の刃とかち上げの狙うハンターが変わる場合がある。
電撃の刃は電磁球の吸引を利用して避けるか、緊急回避。滑空翼撃はダッシュして一点に留まった後に緊急回避。
緊急回避のタイミングは顔が間近に迫ったとき。
滑空翼撃もしくはかち上げが終わると威嚇をしてくれる。好きに頭を攻撃しよう。 
禁足地で戦う場合は頭がハンターの入れない場所にあることがあるので、そのときはスタンプ右ぶんループを頭に当てよう。

状態

疲労
よだれを垂らしてから少しすると電荷状態が一時なくなった状態になる。
突進を阻止するために青電主の真ん前で殴ろう。
シビレ罠
原種と同じ。
翼青電荷解除
原種と同じく転倒する。
頭部青電荷状態
電撃の刃がいつきても避けられるようにする。絶対回避を溜めていると精神的に楽。
翼青電荷状態
電磁球がいつきても避けられるようにカメラを飛翔した青電主に向かって動かす。
尻尾青電荷状態
尻尾地面刺しに当たらないようにする。
頭部部位破壊
閃光玉が効くようになる 。平常時や怒り時に当てると頭を殴りづらくなるので
投げたい人は 疲労時に使い 、疲労の時間を延長してみよう。

推奨武器

真名シストルムメナト

 高威力、高斬れ味、3スロット、防御補正60!そして作りやすい。業物臨戦で斬れ味紫を維持して殴ろう。
 状態異常無効の追加演奏は60秒なのでこまめに吹きなおし、尻尾突き刺しによる麻痺や、混乱にならないようにしたい。
 精霊王の加護が発動していれば怒り時の電撃の刃も耐えられる・・こともある。

木魚打ち朴々【鎮】

 防御大と気絶無効が吹ける。他のメンバーを助けたいあなたはこれです。素材があれば二つ名カブラ笛を担ごう。

覇厳笛イクセハウカム

 攻防と、電磁球から逃げるために走るスタミナの確保・イナシ待ちをしているメンバーのために
 スタミナ無効を吹いてみよう。風化した笛を入手できたらダオラ笛でもよい。

セロヴィドス

 精霊王の加護と、雷耐性を10上げることができる。他のメンバーを助けたいあなたはこれです。
 セロヴィドスブランは氷属性だが、素の斬れ味が青なのでおすすめしない。
 業物臨戦ができるならセロヴィドスベルデ(麻痺)もよい。

推奨スキル

弱点特攻

 ただでさえ殴るのが気持ちいい青電主の頭がもっと狙いたくなる。

根性

 あれば報酬金保険飯を食べられる。

ネコの報酬金保険

 発動してあれば安心でき、結果クエストを達成できる。