初心者 macまとめ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

macの購入を考えている方へ向けて、分かりやすくメリット、デメリット、どのような方に向いているのかをまとめてみました。
ぜひ、ご利用ください

まず、mac全体に言えるメリットを紹介します。

メリット
  • グラフィック、フォント、ジェスチャーが美しい。
 これは一般のWindowsパソコンとは比較にならないくらい圧倒的にきれいです。
 やっぱり普段使うPCが見ていてきれいということは
 大切ですよね。
 特にRetinaディスプレイになってからはさらにきれいになったと言えるでしょう。
  • トラックパッドが非常に使いやすい。
 これは私がMacを使うようになってから感動したうちの一つです。
 マルチタッチで指の本数、動きの違いにより、様々な動作を滑らかに
 行う事が出来ます。
 マウスと比べても格段に使いやすいと感じています。
  • iPhotoできれいに写真管理を出来る。
 iPhotoも最初から入っているアプリなのですが
 これも写真を管理するのにものすごく便利です。
 非常にUIがきれいですし、簡単な画像編集も行う事が出来ます。
 デジカメで撮った写真を保存して、簡単なスライドショーを
 行う事も出来ます。
 またMacでは音楽や動画の編集等を行うのにも適しています。
 僕の知り合いの話では、音楽を扱っている人はみなMacユーザーとの事でした。
 写真、音楽が趣味な方にはうれしいですね、しかも無料です。
  • プログラミング、開発がしやすい。
 これはMacOSがUnixをベースに作られているかららしいです。
 買った時点でほぼプログラミングをする環境は整っています。
 appstoreから無料でダウンロードできるXcodeというソフトウェアはC言語等のプログラミングにも使えますし
 iPhone用のアプリを作る事もでき、用途はめちゃくちゃ広いです。
 優秀なソフトウェアです。
  • iPhoneとの連携が最高。
 これはiPhoneを使っている人だけになってしまいますが、
 もしiPhoneを持っていて
 PCを購入したいなら迷わずMacだと思います。
 まずiCloudという機能がものすごく便利。
 これはよくCMでもやっていますが、iPhoneで撮った写真とか
 インターネットにつながっていさえすれば
 カレンダーとかメール等のデータのバックアップを
 いつでも自動的に取ってくれるものです。
 またiPhoneを紛失した時も、どこに落としたかMacで確かめる事が出来ます。
 さらにiTunesはapple同士という事もあって非常に相性が良いです。
  • デュアルブートが容易。
 もしWindowsPCを使いたければ、Macの中にWindowsのOSを入れ、
 簡単にデュアルブートする事が出来ます。
 もちろんOSは別料金になりますが、仕事でwindowsが必要な方も多いと思いますので、非常に大きいメリットだと思います。
  • コンピューターウイルスにかかりにくい
 これはあくまでかかりにくいだけで絶対ではないのですが、
 Windowsと比べると圧倒的にかかりにくいです。
 これはWindowsと比べ、ウィルスの数自体が少ないからです

デメリット
  • 値段が高い
 これでも昔と比べると格段に安くなったようですが、
 同じスペックのPCを購入しようとした場合、WindowsPCの方が
 かなり安いと思います。
 最近はLenovoやAsusなどハイスペックなのに安いPCもかなり多いです。
 また保証も高いです。
 3年,5年と保証期間をつけるにはApple Careという物を申し込まなければなりません。
  • 世間ではWindowsPCの方が圧倒的に多い
 特に会社等で使われるPCはほとんどがWindowsですから
 そちらの操作があまり良く分からないというのは許されないでしょう。
 ですので結局WindowsPCも使える必要があります。
 Office系のソフトは絶対に扱える必要があるでしょう。
 しかし、上にも書いたようにwindouwsも入れることができるのであまり問題はないと思います。
  • フリーソフトが(Windowsと比べる)少ない。
 これもWindowsユーザーが多いからでしょう。
 ですが最近ではMac用のフリーソフトもかなり充実してます。