都立トップ校に合格する塾

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

都立トップ校に合格する塾


 年々難化する都立トップ校。東京に無数にある塾の中から、どの塾を選ぶべきか?どの塾は選んではいけないのか?すべてお教えします。

 

Q.都立トップ校を目指した通塾はいつごろから?

 A.中1~中2ぐらいからの通塾が一般的。基礎ができていれば中3からでも大丈夫。

いつから塾に通えばいいのかというのは、現在の学力状況や経済状況も踏まえなければいけませんので一概には言えませんが、中1~中2からの通塾が一般的です。最も多いのが中2からでしょう。都立トップ校を目指す進学塾の多くは、中3の春~夏前までに中学内容をすべて終えてしまいます。早く終えることによって、残りの時間で都立トップ校、そして大学受験をも見据えた入試演習をおこないます。これが、大手進学塾の強さの理由です。遅くて中2ぐらいからの通塾を最も勧めます。ただし、中3からでも基礎ができていれば十分都立トップ校を目指せます。中3から通う場合は、それまで市販の応用問題集に取り組むなどの自宅学習がとても重要になります。

 

Q.塾通いをしていない時期はどう勉強するべき?

 A.学校の勉強は完璧で当たり前。市販の応用問題集に積極的に取り組もう。Z会などの通信講座も。

通塾していない時期はどのように勉強するべきでしょうか。都立トップ校を目指すのであれば、学校の勉強は完璧で当たり前です。大切なのは、学校の勉強+αの力をつけることです。市販の応用問題集に積極的に取り組みましょう。また、英単語集、英熟語集を購入して、早めに終わらせましょう。通塾組に負けない学力をつけることを意識して勉強しましょう。Z会の通信講座もお勧めです。レベルはトップレベルがいいでしょう。進研ゼミは学校の定期試験対策が充実していますが、都立トップ校レベルの実力養成にはZ会のほうが適切でしょう。

 

 

Q.都立トップ校に実績のある塾は?

 A.伝統の市進学院、精鋭のZ会進学教室、多摩地区のena、新興の河合塾wingsなどがお勧め。

都立トップ校対策に熱心で、実績のある塾が良いでしょう。ここでは大手進学塾を紹介します。市進学院は親の代からある老舗塾。日比谷、西、国立のトップ校に昔から安定した実績を残しています。堅実さや安定性はナンバー1でしょう。近年注目を集めているのがZ会進学教室。Z会というと通信講座の印象が強いですが、進学教室もいくつかあります。在籍生徒数は他の大手塾と比べて少ないのですが、日比谷、西、国立のトップ3校に多くの合格者を出している精鋭塾。講師の質も総じて良いと評判です。多摩地区で圧倒的な実績を持つのがena。国立、八王子東、立川などの多摩地区の都立難関校への実績は顕著です。都立国立高コース、都立西高コースといった専門コースがあります。多摩地区ならぜひ検討するべきでしょう。新興勢力で実績を上げつつあるのが河合塾wings。校舎数がまだ少ないながら、確実に都立難関校への実績を伸ばしています。大学受験の河合塾の圧倒的な実績を背景に、大学生講師を使わない方針です。ほかにも、紹介できないほどたくさんの塾があります。口コミもとても重要です。いくつかの塾を候補に入れて、その中から決めると良いでしょう。