Crazy Berryの概要・作品一覧 > くるいちご煮 > 恋しき月

恋しき月


原曲 : ハルトマンの妖怪少女
作詞 : TAKEGON
編曲 : Yukki
収録 : 『くるいちご煮』

歌詞

やすらはで ねなましものを
さよふけて
かたぶくまでの つきをみしかな

映ろう水面に 心も移ろひ

逢瀬は 愛なしあかぬ別れ
今宵の月夜はをかし
この満ちゆく想ひは いつか引き
欠けゆく十六夜つきづきし

逢瀬は あいなしあかぬ別れ
今宵の月夜はまぶし
この径往く二の影 愛おしい
隠るる十六夜忌々し

なげけとて つきやはもの
おもはする
かこちかおなる わがなみだかな

憧がる温もり 心は飽く離れ

逢瀬は 愛なしあかぬ別れ
今宵の月夜はをかし
この満ちゆく想ひは いつか引き
欠けゆく十六夜つきづきし

逢瀬は あいなしあかぬ別れ
今宵の月夜はまぶし
この径往く二の影 愛おしい
隠るる十六夜忌々し

いまこむと いひしばかりに
ながつきの
ありあけのつきを まちいでつるかな

古なぞらふ何とやらむ
全ては儚き現
この枯れ往く落ち葉に 秋を知る
離れゆく心に 飽きを知る

古なぞらふ何とやらむ
全ては儚き現
また一夜の夢とて 春を見る
一矢の契は 風となる


※歌詞中のひらがな表記されている部分は台詞となっており、百人一首より引用されている。
第59番 赤染衛門
やすらはで 寝なましものを さ夜ふけて 傾くまでの 月を見しかな

第86番 西行法師
嘆けとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな

第21番 素性法師
今来むと 言ひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな


コメント

名前:
コメント: