岸田教団&THE明星ロケッツの概要 > メンバー > ichigo

ichigo

ichigo(いちご、1982年6月1日 - ) はボーカリスト、ラジオパーソナリティ。ロックバンド『岸田教団&THE明星ロケッツ』のボーカル。

経歴

岸田教団&THE明星ロケッツ結成まで

目立ちたいという理由から高校生時代にボーカルとしてバンド活動を始める。「宙舞~ふわり~」というバンドを組んでおり、このバンドはTEENS' MUSIC FESTIVAL 2000 全国大会で奨励賞を受賞。翌年のTEENS'には岸田が参加しており、ichigoが偶然チューニングルームにいたため岸田と出会った。元々はシンガーソングライター志望だったのだが、ネイルのためにギターが弾けず、練習でもFコードで挫折している。
岸田が同人サークル『岸田教団』において1stアルバム『SUPERNOVA』を頒布した際に、Track9『MIDNIGHT MAGIC』のゲストボーカルを担当。東方アレンジライブイベント『Flowering Night 2007』出演のためにボーカルを探していた岸田に改めて声をかけられ加入した。

岸田教団&THE明星ロケッツ結成以降

初期の作品ではボーカル・コーラスのみのクレジットだったがアルバム『ROLLING★STAR』以後は作詞や編曲にも参加し、現在では作曲も行っている。結成当初はバンドのモットーが「熱血禁止」ということもあってか「歌えればいい(チヤホヤされればいい)」という姿勢だったようだが、現在はバンドに対して愛着も湧いてきた様子で、フロントマンとしてCDショップや同人ショップへの店舗営業(お店回り)、インターネットラジオへの出演など精力的に活動している。
2015年7月からは 文化放送 超!A&G+ で放送されている「A&G ARTIST ZONE THE CATCH」において、レーベルメイトである分島花音と共に月曜パーソナリティを務め、分島の番組卒業に伴い、2016年7月からは1人で番組を担当している。
2016年4月1日に入籍を発表した。

人物

福岡県出身・東京都在住。血液型 O
兄弟は兄が2人で自身は末っ子、従姉妹はダンサーで振付師の森翼。
レコーディング中にクレジットに載せる名前を岸田に聞かれた際に、スタヂオ眼鏡に偶然置かれていた漫画「BLEACH」の登場人物である黒崎一護から取り「ichigo」という名前にした。
信者からの愛称は「ichigoさん」「女神」など。メンバーや関係者からは「ichigoさん」「ichigoちゃん」「ichigoパイセン」、本名は非公開だが、本名で活動していた時期もある。性格について岸田曰く『横柄な人、サルっぽい。』
レーベルメイトや友人とライブイベント「ごちデス」を開催するなどしており、交友関係がとても広い。レーベルメイトからの信頼も厚く、さながら民衆を導く自由の女神のように崇められている。カヨコ曰く「太陽のような人。」
その他にルシュカ、 ガスマス子の2人とは共にニコニコ動画コミュニティ「いちまる!」にて不定期で生放送を行っている。
岸田教団&THE明星ロケッツ以外の自らが中心となるバンド・同人活動では「Crazy Berry」「OSUSHI PROJECT」「JUDGEMENT」「銀針」などがあり、他にも様々なサークルの作品にボーカルとしてゲスト参加している。


影響を受けた音楽

好きなアーティストを明言することは少ないが、「LINKIN PARK」「Evanescence」の名前は挙げられたことがある。尊敬するボーカリストに度々「UVERworld」の「TAKUYA∞」を挙げている。母の影響で好きだったアーティストは「THE CHECKERS」、「CHAGE and ASKA」など。母が小唄をやっており、ichigo自身は日本舞踊を習っていたこともあり、本来は演歌・歌謡曲・バラードなどを得意とする。

趣味

酒はほとんど飲まない。現在は自宅で猫を2匹飼っており、Twitterに猫の画像や動画を大量にアップロードしている。海外ドラマ好きで『ウォーキング・デッド』のファンである。
料理が得意で「ichigoさんは気に入った女がいるとすぐ家に連れ込んで飯をごちそうする」と分島花音が語るように「女の子を家に泊めて手料理を振る舞うこと」も趣味として公言しており、友人やレーベルメイトをたびたび家に招いている。ichigo曰く「女なんか"美味しいお肉煮込むよ"っていったらすぐ来ます」とのこと。
ファッションも趣味のひとつで、普段はストリート系の服装が多く帽子好きである。トークイベント出演のため秋葉原にて岸田と待ち合わせていたところ、偶然にも日テレ『スッキリ!』の『ド~ンとウォーキング』のコーナーのインタビューを受け、ドン小西におしゃれ人認定された。ライブでは、福岡のオーダーメイドドレスブランド「Quantize」によって製作された様々なデザインのドレスを着用し、それらをまとめた写真集も頒布している。