岸田教団&THE明星ロケッツの概要 > メンバー > 岸田

岸田

岸田(きしだ、kisida、1982年6月24日 - )はミュージシャン、作曲家、作詞家、レコーディングエンジニア。同人音楽サークル『岸田教団』の代表。ロックバンド『岸田教団&THE明星ロケッツ』のリーダー、ベーシスト、ギタリスト。

経歴

岸田教団として活動を始めるまで

第二次バンドブーム世代にあたる岸田は中学生時代にヤマハ音楽教室にてベースを習い始める。1年目に表拍、2年目に裏拍、3年目から弦楽器奏者の音楽理論という修行を積むが、高校生時代にベースの師匠に「ひとつの楽器を弾けるだけでは食べていけない。」と脅され、アレンジやミックスなど仕事としての音楽を学んだ。楽器を始めるにあたってベースを選んだ理由を聞かれた際に「どうせバンドをやるなら学校内の権力闘争に勝ちたかった。」「競争率の低いベースなら自分の実力以上のバンドに入れてモテると思った。」と語っている。
学生時代に組んでいたバンドは高校卒業と同時に解散となったが、バンドのギタリストと岸田は福岡で有名だったボーカリストが始めた別のバンドに引き抜かれ、そのバンドでTEENS' MUSIC FESTIVALに出場し九州大会まで進んでいる。岸田教団&THE明星ロケッツでボーカルを務めるichigoは前年度の九州北代表であり、岸田とichigoはこの時にチューニングルームで出会っている。
TEENS'に出場した事がきっかけでヤマハの事務所に所属することになるが、意識や価値観の違いからバンドメンバーと衝突することが多く大喧嘩の末にバンドを脱退。
その後、音楽専門学校にも通っていたがすぐに辞めている。今でも『音楽専門学校に行くのは時間の無駄、その時間を使って自分なりに工夫して人目に触れる場所に出るべき』という考えを持っている。

岸田教団活動開始~東方系同人サークルとして

レコーディングエンジニア志望であったことから、ミキシングやアレンジなどの作業の練習のために作曲活動をしていたところ、当時プレイしていたMMORPG『ラグナロクオンライン』において「音楽できるヤツを集めてアレンジCDを作ろう。」という趣旨の企画が持ち上がり、その時に知り合った Supply に作品をしっかり発表するように勧められ同人活動をスタートさせた。最初期は個人サイトに東方以外も含まれるゲーム音楽のアレンジやオリジナルの楽曲を発表していたが、岸田が好きだった同人作家・イラストレーターの蒲焼鰻が『マリア様がみてる』から『東方』に移ったことをきっかけに、岸田が「鰻さんのジャケットでCDを作りたい。」とお願いして、1stアルバム『SUPERNOVA』を頒布した。当時の作品はインスト音楽がほとんどであるが、その後も東方系の同人アルバムの頒布を続け、2006年末には東方アレンジライブイベント『Flowering Night 2007』への出演が決定する。ライブのために岸田自身の望む音を出せるメンバーを人格や性格を不問にして集め『岸田教団&THE明星ロケッツ』を結成。以降は『岸田教団&THE明星ロケッツ』としての活動が中心となり、各同人即売会イベントで東方ボーカルアレンジアルバムやオリジナルCDアルバムを頒布、2009年にはワンマンライブツアーを敢行した。

メジャーデビュー以後

前述のライブツアーをきっかけに約1年程度レーベルとの交渉を行い、2010年にシングル『HIGHSCHOOL OF THE DEAD』を発売しメジャーデビューを果たした。デビューに対しては「ファンに『続き』を見せる責任感や義務感を感じていた。」とインタビューで語っているが、メジャーについては「委託先がメジャーレーベルになっただけ。」と語っている。バンドの出自の関係からアニメとのタイアップが多いが、バンドでは同人とメジャーを使い分けて活動しながら、岸田個人としても他アーティストやゲームなどへの楽曲の提供・ギターやベースとして演奏への参加を行っている。

人物

福岡県出身・在住。血液型 AB。
名義のローマ字表記は『kisida』で、ローマ字は文字数が偶数の方が美しいという理由で「shi」ではなく「si」を使う。
愛称は「総帥」「ロリコン」など。メンバーや関係者からは「岸田」「岸田さん」「岸田くん」
本名非公開、名字も『岸田』ではない。筑陽学園高等学校卒、福岡スクールオブミュージック専門学校中退。
岸田の性格についてichigo曰く「こっちの都合を考えずにじゃれてくる感じが、ゴールデンレトリバー(犬、大型犬)っぽい。」
同人音楽サークル『岸田教団』の代表にして『岸田教団&THE明星ロケッツ』のリーダーである。ほとんどの曲で作曲・編曲を担当し作詞も手掛け、レコーディングではリズムギターも弾いている。基本的にはレコーディング・ミキシングエンジニアも務め、初期の作品ではマスタリングも担当。バンドのプロデューサーのような存在でもある。
音楽活動において『いちいち時間を切って借りるのが面倒くさいから』という理由で、福岡市内のマンションの一室を改装し、プライベートスタジオ『studioK2』としている。そのため楽器や機材・オーディオ機器・録音環境に造詣が深く、それらがテーマのインタビューやトークショーなどに度々呼ばれている。
レコーディングエンジニア以外では歴史系の教師志望だった。

影響を受けた音楽

影響を受けた音楽にはゲーム音楽『fripSide』や『麻枝准』の他、『LUNE SEA』や『U2』『GREEN DAY』『NUMBER GIRL』『THEE MICHELLE GUN ELEPHANT』『ACIDMAN』など、90年代中頃のヴィジュアル系・洋楽パンクやロキノン系ミュージックを挙げている。過去には『SIAM SHADE』のコピーバンドも組んでいた。『凛として時雨』や『9mm Parabellum Bullet』にハマっていた時期もあり、他にラジオや日記、Twitterで『ASIAN KUNG-FU GENERATION』『BUMP OF CHICKEN』『RADWIMPS』『ONE OK ROCK』『Skrillex』などのアーティストの名前が挙がったことがある。また『I've』のファンである。
初めて買ったCDはファイナルファンタジーのサウンドトラック。音楽雑誌については「スヌーザー嫌いの元ロキノン側寄りで、一番買ってた雑誌はクロスビート。スヌーザー信者だった時期もあるかもしれない。」と答えている。
作詞面では、ゲームや小説の影響を受けている。

趣味・嗜好

酒を美味しいと思わないため飲まない。愛煙家で、元々は市販の紙巻タバコ(主にラッキーストライク)を吸っていたが、趣味性を求め手巻きタバコを愛煙している。銘柄は気分によるが、ゴールデンバージニアやチョイスのチェリー系シャグが中心。出先では手間やストックの関係から紙巻タバコ(アメリカンスピリット等)を吸う場合もある。
野球を中心にF1などの各種スポーツも詳しく、ホークスのファンである。服装に特にこだわりはない様子だが、ジャケットを着ている場合が多い。
20代前半頃はバンドの練習をサボるほどのネットゲーマーで、岸田教団や同人での活動の礎になったものとしてMMORPG『エランシア』を挙げている。ゲーム内ではギルド「ロランシア聖騎士団」の団長を務めていた。またMMORPG『ラグナロクオンライン』で知り合った友人とコンピレーションアルバムを頒布したこともある。
シューティングゲームも好み、野球ゲームやシミュレーションゲーム、ノベルゲームや美少女ゲーム、オープンワールド系のゲームもプレイするなどジャンルの幅は広い。初めてプレイした東方Projectの作品は『東方永夜抄』