JUDGEMENTの概要・作品一覧 > みずいろ > みずいろ

みずいろ


作詞 : ichigo
作曲 : ichigo、監督
編曲 : JUDGEMENT
収録 : 『みずいろ』

歌詞

終わり始めた季節にどうか背を向けないでいて
やさしい記憶の欠片そっと拾い集めて

愛しても それだけじゃ救われないかなしみでも
巡りまた輪になって いつか会える気がした

そこらじゅうに
色や、残像やぬくもりが
触れなくたってそこにあるものを信じた

風になって、空になって、雲になって、雨になって
僕の肩に降り注ぐのなら
濡れていたいんだ、いまだけでいいから
さよなら、手紙をかくよ。

あたりまえの毎日の全部をいとおしんで
前に進むだけじゃまだ笑えないから

風になって、空になって、雲になって、雨になって
僕の肌に染みていくのなら
僕を構成する ちいさなひとつになる
あいたい、涙がでるよ。

さんざめくよろこびの声に耳をかたむけて
大気に溶けこんでいく君を忘れないように



コメント

名前:
コメント: