JUDGEMENTの概要・作品一覧 > みずいろ > ソラネ

ソラネ


作詞 : ichigo
作曲 : ichigo
編曲 : JUDGEMENT
収録 : 『みずいろ』

歌詞

空に近い僕の部屋まで少しずつあがってくる気配
彼女の輪郭を染める淡い水の色

言葉の限界に迫る
体温だけが伝えてくる
彼女の感覚ゆらめく甘い蜜の糸

天井を青くする柔らかな光
沈んでいくのに浮遊感、とめられないまま

夜に不時着する
地球が遠くなる
途方もなくひろがる空に
キミとdiveするかんじ
ここいらの引力が、異常で動けないの。
ちょっと良い言い訳をあげる
君がdiveするよーに

乾いた落ち葉踏み歩く後ろ姿を眺める
彼女の嘘から生まれる本当を願う

誰かと僕の間でバランスとるから
君の手を掴んだままここから動けない

夜に不時着する
地球が遠くなる
途方もなくひろがる空に
キミとdiveするかんじ
愛じゃないなんてこと
友情でもないきっと
押し付けて格好つかずに
キミはdiveするかんじ



コメント

名前:
コメント: