岸田教団&THE明星ロケッツの概要 > メンバー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バンドメンバー

岸田

(きしだ、kisida、1982年6月24日 - )血液型 AB
詳細は【岸田教団&THE明星ロケッツの概要/メンバー/岸田】のページを参照。

ichigo

(いちご、1982年6月1日 - )血液型 O
詳細は【岸田教団&THE明星ロケッツの概要/メンバー/ichigo】のページを参照。

はやぴ~

(hayapi、1981年5月23日 - )
詳細は【岸田教団&THE明星ロケッツの概要/メンバー/はやぴ~】のページを参照。

みっちゃん

(MI-CYAN、1980年1月18日 - )
詳細は【岸田教団&THE明星ロケッツの概要/メンバー/みっちゃん】のページを参照。

サポートメンバー

T-tsu

(てつ、1982年2月25日 - ) 血液型 A
サポートギター担当。沖縄県出身、福岡県在住。
個人では『Better Half』として活動するギタリストで、主に岸田教団&THE明星ロケッツのライブでサポートギターを弾いており、youtubeやニコニコ動画に演奏動画もアップロードしている。岸田との付き合いは長く『SUPERNOVA』頒布当時からゲストとしてギターで楽曲に参加しており、ライブDVDやライブ動画でその姿が確認できる。ライブでは岸田教団のサウンドに合わせるため、ギターやエフェクター・アンプ等の機材は基本的に岸田の私物を使用している。
岸田教団&THE明星ロケッツへの参加は、岸田がT-tsuの返事を聞かずにメンバーとして登録してから本人に事後承諾させるような流れで行われた。
岸田教団&THE明星ロケッツのメンバーや信者からもほぼメンバーとして扱われているが、ライブではあまり目立ちにいかないことについて「見栄えやキャラの問題。」と語っている。信者やメンバー、関係者からの愛称は「てっちゃん」「てつ」など。
尊敬するギタリストはアコギの神様と称される『トミー・エマニュエル』

共同作業者

イラスト・デザインワーク

TAQRO

(たくろー、1985年1月26日 - )
岸田教団&THE明星ロケッツのアルバム・シングル・DVD・ポスター・グッズなどのイラストやデザインを担当しており、メンバーからは6人目のメンバーとして名前が挙げられるイラストレーター。
岸田教団&THE明星ロケッツでの活動は、はやぴ~の紹介で参加した。個人の活動は「ユニグラウェブ」で確認できる。
画集も頒布しており、画集には岸田教団&THE明星ロケッツの歴代のアルバムジャケットなども収録されている。
女の子しか描けないという理由からアルバム「Hack/SLUSH」のジャケットでは、男の子の代わりに魚介類を描くという離れ業を披露しているが、シングル「GATEⅡ ~世界を超えて~」ではアニメに登場する男性キャラクター陣を描いている。

蒲焼鰻

(かばやきうなぎ)
初期の作品のジャケットイラストを担当したイラストレーター。岸田はもともと蒲焼鰻のファンで、岸田が「鰻さんのジャケットでCDを出したい。」とお願いをしたところ実現し『SUPERNOVA』が頒布されることとなる。『SUPERNOVA』から『LITERAL WORLD』までの作品と、『きしだきょうだんのベスト!』においてジャケットを担当している。ジャケット担当がTAQROに変わった理由は様々な憶測が流れたが、実際は喧嘩や仲違いなどではなく、スケジュールの都合によるものである。


レコーディング協力

平井信二郎

(ひらい・しんじろう、1983年1月8日 - )
別名義「平井"眼鏡"信二郎」。福岡県早良区の音楽スタジオ『スタヂオ眼鏡』の責任者。岸田教団&THE明星ロケッツの同人作品のボーカルのレコーディング、ミキシングの作業協力、及び同人ライブでのPAエンジニアも務めた。福岡を中心に活動していたロックバンド「氷柱」及び「QAREN」のベーシスト。「JUDGEMENT」や「Crazy Berry」においてもレコーディングに協力している。
ichigo、みっちゃんとは過去にそれぞれとバンドを組んでおり、岸田とも旧知の仲である。

鯛の小骨 / 守屋忠慶

(たいのこぼね、もりや・ただよし、1984年7月22日 - )
「霊力でマスタリングをする人」の異名を持ち岸田教団&THE明星ロケッツのマスタリングエンジニアを務める。当初はマスタリングも岸田が作業していたが、岸田のCDのマスタリングの音の悪さを見かねて作業を申し出た。初期の作品からスペシャルサンクスのクレジットに名前が記載されている人物で「Azure&Sands」というサークルで活動している。通称は「ボネさん」

石橋三喜彦

(いしばし・みきひこ)
『HEACON STUDIO』のレコーディングエンジニアで、岸田教団の初期の作品から主にドラムのレコーディングにおいて協力。「HEACONの石橋さん」

徳永大知

(とくなが・だいち)
『音楽堂PLUM』のチーフエンジニアで、同スタジオは岸田教団の初期の作品から度々使用されている。「PLUMの徳永さん」

冨安徹

(とみやす・とおる)
ドラマー・ドラムチューナーで、岸田教団&THE明星ロケッツのドラムチューニングを担当。他にも様々なアーティストのライブやレコーディング・チューニングに参加している。

渡辺敏広

(わたなべ・としひろ)
『prime sound studio form』のレコーディングエンジニアで、セブンスワールド以降の岸田教団&THE明星ロケッツの作品にレコーディングエンジニアとして参加。通称は「トシさん」


その他・関係者

かいまり

プライベートサロン『hair&make Chelsea』のヘアメイクアップアーティスト。岸田教団&THE明星ロケッツのヘアメイクを担当。

川野季春

(かわの・きはる)
オートクチュールドレスブランド『Quantize』のオーナー。岸田教団&THE明星ロケッツでは主にichigoの衣装とライブにおいてのスタイリングを担当。

キタガワキョウ / 北川恭

岸田教団&THE明星ロケッツのライブにおいて、ローディー・楽器担当として機材セッティング・エフェクティング、ツアー中のメンテナンス等を担当していた。

末吉ノブ / NOBB SUEYOSHI

(すえよし・のぶ)
映像監督・カメラマン。岸田教団&THE明星ロケッツのミュージックビデオを制作、ライブにおいてはカメラマンも担当している。他にも様々なアーティストのミュージックビデオを制作している。

森翼

(もり・つばさ)
振付師、表現師、ダンサー、パフォーマー。ichigoの従姉妹で、岸田教団&THE明星ロケッツのMVやライブにおけるichigoの振付などに助言や協力を行っている。


キャラクター

星空ロジ子

アルバム『星空ロジック』『LITERAL WORLD』などのジャケットに描かれた少女。

セルゲイ

岸田の自宅スタジオに存在するアデリーペンギンのぬいぐるみ。
アデリーペンギンは南極に生息するペンギンで、成体で体長70㎝前後、体重は4~5kg程度。羽毛は腹側が白く頭部と背中側が黒い。

ペーパークラフ子

アルバム『POPSENSE』のジャケットに描かれたアイツ。劇場版「星空ロジック」主演。

めい・ぽーりー

アルバム『セブンスワールド』のジャケットに描かれたセラスク少女。父親の名前はモノ・ポーリーでカナダ人。

碇・アンジェリカ

ボーカル担当。

壺井ケンジ

ベース担当兼ネットゲーマー。

マグロヘッド

ギター担当。

Jellimax

ドラム担当。

ライブになると現れる和み担当。