※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ノリスケP

2007年8月8日、『春香とやよいの恋のメガラバ アイドルマスター』でデビュー。
寡作ながらも全て1万再生を超える質の高い作品を公開している。

ハンドクラップ、中毒性、動画でストーリーを伝える構成力に定評があり
男性ボーカル曲をBGMのように使う ”アイドルが歌わない” 作風が特徴である。

最新作

1月のちん刊から4ヶ月の沈黙を経て公開された補完作品。
デビュー作を彷彿とさせるネタとガチが融合した完成度の高い作品で、
Pの新たな代表作となった。
シンクロ、別衣装、抜き、3D合成、ループといったアイマスMADの
技術が詰まった大作であるが、
良い意味でそれを感じさせないアイドルの魅力あふれる作品となっている。
ふるまっこ!

デビュー作

ミクスチャーロックバンド「マキシマムザホルモン」とのコラボ作品。
鉄仮面アイドルのカオスなダンスが、後半一転してサクセスストーリーに変わる
”ギャップ萌え”MAD
「努力はきっと報われる」そんなポジティブなメッセージが伝わってくる作品。
メガ☆ラバ!

おすすめ

『初めまして。またよろしく』
楽しい1作目からうって変わり、謎めいた台詞と突然のカウントダウンで始まるこの動画には
現在「泣けるアイマス」タグが付けられている。
53週という限られた時間。それを過ぎて記憶を失うアイドル達。
アイマスをプレイしたことのある誰もが感じる痛みを表現した作品。

「大丈夫俺が覚えてる。俺がずっと覚えてるから」

その他

ちんこうP」という架空の人物の作品を集めたランキングという設定の作品。
この第3位作品として「菊地真のボンバヘッ!」が数十秒間収録されている。
(この時点のタイトルは「Bomb A Head ! V feat.真」)
なお補完版で明らかになった衝撃のエンディングの伏線部は、ぼかしが入り隠されている。

ちん刊1月第1週の翌週に公開されたまさかの続編。
この第11位作品としてノリスケP作の「ELECTRIC HEAD PT.1(THE AGONY)」が
数十秒間収録されている。
これは現在映画監督としても活躍するミュージシャン、ロブゾンビの曲とのコラボ作品で
鉄仮面をかぶったアイドル達が大迫力のヘッドバンギングを披露している。
”ボンバヘッ!” に続く補完が期待される。

それまで秘密にされていた「ちん刊」参加P達のコメント集。
豪華なメンバーが、各自の作成環境がうかがえるスクリーショットを公開している。

ニコ動一覧


使用ハード&ソフト

未確認(ペイント&ムービーメーカー?)