※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

強襲兵装機

ボーダーブレイクの主役、ラーメンにおける麺、カレーライスにおけるルゥ、牛丼における牛肉。
それが強襲兵装。
ゆえに長い年月をかけて研究し、辿り着いたセオリーが最も強力に存在している。

頭:スペクターⅠ型 胴:ディスカス・エヴォル 腕:シュライクW型 脚:ヤクシャ・弐

チップ構成:6.0スロット(しゃがみⅠ・ダッシュⅡ・強化近距離ロックⅠ等)
武器構成:STAR-20・41型強化手榴弾・ロングスピア・AC-ディスタンス
  • コンセプト:ハイバランス

Ver4.5以降台頭したSTAR-20をメインに据えるスタンダード。通称「 弐脚麻 」である。
その中で、人気パーツをふんだんに使っていたこれを代表例とした。 間違ってもシー胴を積まないように 。禿げる。
強襲兵装のアセンの基本「 被弾率の多い頭・胴の装甲を厚く、腕部はリロード最優先、脚部はダッシュ最優先
これを忠実に守りつつ、その他の有用な性能をC以上で手堅く揃えている。
後は個人の好みや、得意とする距離感に応じて細かく大量にバリエーションが存在する。
武器がSTAR-10や電磁加速砲・弐式、ヴォルペ系やSSG-ストームに変わったり
頭部が装甲・精度・ロックオン次第でスペクターⅠ型Cやディスカス・ノヴァ、ランドバルク、ヤーデになったり
胴部は装甲・SPによっては迅牙・飛天やクーガーS、ヤーデ54とか
腕部はよりリロード・持ち替え・反動を求めて月影・新とかB.U.Z.γとかアスラ系列、時に月影・烈風、
脚部はたまーに使用感でZXだったりするけどほとんどヤクシャ・弐。

時に自分に合うパーツを選び、時に自分をパーツに合わせる双方向の調整を経て辿りつく弐脚アセンは
ボーダーブレイクのアセンの奥深さを見事に体現した系列である。
乗りこなすまでには修練が必要だが、機体や武器が自分の手に馴染んだ時の感動もひとしお。
これを知らずしてボーダーブレイクを語る勿れ。

また他兵装で出撃する時も仮想敵として真っ先に禿げる存在である。

頭:ディスカス・ダート 胴:ツェーブラ39 腕:月影・烈風 脚:月影・烈風

チップ構成:5.0スロット(しゃがみⅠ・脚部強化Ⅰ・強襲強化Ⅰ)
武器構成:SSG9-ストーム・41型手榴弾改・リヒトメッサー・AC-ディスタンス
  • コンセプト:凸
凸アセン暫定。③39w烈が6スロだし参脚アセンもあるし、どーすんべかって感じ。