プレイヤー名鑑

◯watataku
 恐らくニコ生で一番枠を取っている人物。
 不定期大会「wata杯」の主催者。
 基本いい人の印象だが、スイッチが入ると悪口排出機と化す。
 古株の割にはプレイが安定せず、大して上手くないことに定評がある。

◯Mokele
 現在毎週開催中の「リーグ戦」開催者。
 彼が放送を始めたことで多くの人がニコ生配信者になったことは間違いない。
 基本的には紳士的な態度で大人な雰囲気を醸し出しているが
 近年放送中の唐突なリアクション、SNSでの奇行や、運動会視察など
 普段とのギャップに魅了されるリスナーが後を絶たない。

◯minami
 元祖haxball界のアイドル。
 かつて一世を風靡した「うんち」ブームの立役者であり、あの"うんち爆弾"の生みの親である。
 深夜によく精力的に放送されるが、そのほとんどが残業のせいであり
 命を削りながらのプレイは可憐ながら儚い。
 噂ではプレイヤーを消す能力を持っているらしいが、真実は定かではない。 

◯nuo-
 ポケモンのヌオーをこよなく愛するプレイヤー。
 名前の緩さとは対照的に、プレイスタイルはストライカー。
 凄まじい決定力でゴールを量産し、リーグ戦ではseason1,2共に得点王を獲得。
 そのためか、彼がゴールを外すシーンは滅多に見ることができず、
 運よく見れたものには幸運が訪れると言われている。通称ラッキーヌオー。
 良回線の持ち主でもあり、彼の部屋はしばしば"カンプヌオウ"と呼ばれているらしい。

◯gyagya
 明るいキャラで愛されるムードメーカーな古参プレイヤー。
 意欲はあるが気合が毎回エンストしている。
 リアルの忙しさ故、大会に未調整で出ることがしばしばあることもあり
 「大会で練習する男」の称号を欲しいままにしている。
 愛されキャラ故にいじられることが多く、彼の失言や発言は度々語録化されている。

◯ちょじ
 nuo-とリアルフレンズ。
 強力な回線と高スペックのPC(メモリは32GB)を擁しながらping999を叩き出した伝説のプレイヤー。
 原因は彼の住んでいる厚木市(ぶっちゃけプロバイダ)だと推測され
 深夜2時頃に急にpingが良くなることから、
 厚木市による監視体制が引かれているのではないかとリスナーから不安がられていたが、
 2017年になり多少監視体制が緩和した。

◯mob 
 通話する度にイスのギシアン音とストーブによる灯油切れ音を奏でてくれる存在。
 普段は無口だが、口を開くと独特な言い回しのフレーズが多く、リスナーの脳裏から離れない。
 その為、16年度haxball流行語大賞では彼の発言が大量ノミネートされた。
 リアルでサッカーをしているからか、スタイルは独創性の高いプレイが多く
 未来のファンタジスタ候補だ。
 ちなみに特技は「もぶザ・ワールド」。

◯がるーだ
 HaxballerでもありYouTuberでもある2つの草鞋を履いた少年。
 俗に言う「ショタ声」であり、腐女子が見れば薄い本の一枚は簡単に出来るだろう。
 その可愛さに感化され、Mokeleが積極性を見せる一面を引き出している。
 所謂「mob」世代の一人であり、未来を担う存在になりつつある。