アシスト基準


①得点直前の味方選手の1プレーとする。
 直前のプレーには得点者を含めたシュートも含める。
 得点者がポストや相手選手を使って何本もシュートを打った場合はアシストを付けない。

②得点者が2秒または2タッチ以上ボールを保持していた場合、得点者個人の力が大きいとしてアシストとしない。
 保持にはリフなど体から一時的にボールが離れるプレーも含む。
 ロングシュートに於いては保持時間に依らずアシストを付ける。

③得点直前のプレーに相手選手のプレーが干渉した場合、干渉が過度なものでなければアシストとする。
 過渡でない干渉とは1タッチ又は1キックを目安とし、守備側がパスコースを変えたことが直接的原因でないこと。
 ボールと接触があった守備側に注目し、いないと仮定した場合生まれなかった得点にはアシストを付けない。
 シュートの跳ね返りに詰めた場合は処理の難易度に依らずアシストを付ける。

④ダブルアシストは認めず、得点者にボールが渡るプレーを行った1選手のみを判断の対象とする。

⑤競り合いの跳弾が得点者に渡った場合など、偶発的なプレーについてはアシストとする。
 検証が必要と判断されたものについては、パスの意志が見られるかどうかで決定する。

⑥入っていたシュートを押し込んだ場合はアシストを付ける。

⑦シュートせずドリブルで得点した場合は保持時間に依らずアシストを付ける。

⑧ゴールポストを使ったプレーはアシストを付ける。

⑨オウンゴールにはアシストは付かない。
 オウンゴールとは守備側によるゴールである。
 シュートブロック(シュート直後の守備側の1プレー)は処理の難易度に依らずオウンゴールではない。
 守備側が連続でタッチしている場合、アシストも守備側であるため基本的にオウンゴールとする。
 枠に入っていなかったボールのコースを変えて入れた場合は処理の難易度に依らずオウンゴールである。