※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

インドのコショウ、東南アジアのメース・ナツメグ・クローブを利用する交易。
購入単価が安く購入相場に利益がさほど左右されない点、購入数が多くカテの消費が少ない点、暴落耐性のある売り場が多い点などから初心者でも扱いやすいのがポイント。
宝石と違い火事で燃えるので防火対策は重要。

購入場所

  • カリカット:コショウが購入可能。香辛料交易の代名詞的存在。購入・売却両方とも相場が安定しており、非常に安定して利益が出せる。
  • コチン:カルダモンが購入可能。カリカットのとなりにある港。購入相場は少し幅が広く、相場次第では購入金額が1kを上回ることもある。あまり悪い相場では利用しない方がよいが、カリカットとの往復でカテを使わずに積み込めるのは非常に魅力的。
  • セイロン:シナモンが購入可能。コショウの使い勝手がいいため、あまり利用されないが、宝石と同時に積み込みたいときなどに。
  • アチン:コショウが購入可能。購入・売却両方とも相場が安定しており、非常に安定して利益が出せる。
  • マカッサル:クローブが購入可能。インド原産の香辛料と違い、東南アジアの香辛料は売値が非常に高いのが特徴。宝石交易をしのぐ利益が出る。
  • アンボイナ:ナツメグ・メースが購入可能。2種積みできるのでカテに優しい。PKが張っている場合があるので、上納品などの対策はした方がいいでしょう

売却場所

売り場はモンペリエ・ボルドー・ナントの自国耐性港、同盟耐性港カルヴィがオススメ。

必須スキルなど

香辛料取引・カテゴリー4・復路で燃えても泣かない心!

往路交易品

長距離交易のため売り場の選定はしっかりしましょう。
基本的に、ベルベット・ゴブラン織・銀細工が優秀。酒類もアフリカ圏に売却するのには優秀です。中東とインドでは酒類は売れませんので注意しましょう。
注意:東南アジアまで行くとベルベット・ゴブラン織・銀細工は基本売値が下がるため最終売却場所はインドにしておきましょう。

クエスト

往路
東南アジア直通:
ヨーロッパの武器(セビリア・マラユ・タガログ語 報酬:カテゴリー3=26枚)
 バルセロナもしくはセビリアの商会ショップで購入→ジャカルタ交易所店主
その他:
各個人がお好きなものを!
復路
カリカット発
カテゴリー3:
インドの自慢(カリカット・ポルトガル語 報酬:カテゴリー3=22枚)
 カリカットで購入→リスボン王宮
(ポルトガル語を持ってないと出にくいです)
カテゴリー4:
①香辛料中継(カリカット・スワヒリ語 報酬:カテゴリー4=4枚)
 カリカットで購入→ザンジバル交易所
②金の配送(ザンジバル・ポルトガル語・期限110日 報酬:カテゴリー4=16枚)
 ザンジバルで購入→リスボン工房

ジャカルタ発
宝石と呼ばれる甲羅(ジャカルタ・タイ・ビルマ語・スペイン語 報酬:カテゴリー4=22枚)
 ぺグー・マラッカで購入→セビリア王宮
注意:クエストを出すためにぺグーに投資が必要!(ぺグーでべっこうが買える様になるまで(約1M程度))