リン・フェラルド(リン・ハガワ)
性別:女
年齢:16才
出身:表世界ミスルギ国ヒカガワ村
趣味:料理
身長:165cm
一人称:私
使用武器:双剣・小刀


表世界ミスルギ国のヒカガワ出身の少女。
チカの契約者で、木々や岩を操る能力を持っている。
ミスルギの民の例にもれず民族の誇り高い。
冷静な性格で物事を分析、予測する能力に長けているが、予想外のことが起きると慌てることもある。
母親が剣術の師範、父親が鍛冶師という家庭の生まれのため、剣術にも優れている。

ファリア国の侵攻の際には怪我を負ったものの生き残り、ファリア国のフェラルド中隊長の元に養子として引き取られた。
フェラルド夫妻の死後は隣町のネゼルラードにある孤児院に引き取られたが、召使いとして働かされることとなった。
この時一緒に働いていたのが、同郷のディアラ。
やがて、事実上の異教徒狩りの政策が始まった際には生き抜くことを選び、ディアラと共に裏世界へ逃げた。
裏世界で役人であるナツ達の仕事を手伝いながら、本当の力の意味、自分が生き残った意味を考えるようになる。
父親が彼女のために打った短刀「アマナギ」を常に携帯している。
役人として仕事をする際にはアマナギの他に「ヒセツ」と「トコハナ」という双剣を使用している。

IMG_001_2.jpg

|
添付ファイル