※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

D4専用Fnキー固定アプリ FnKey ver0.02


説明

D4のFnキーを固定するアプリです。実行するとタスクトレイに常駐します。
Fnキー自体は、ハード的にキーを切り替えているため、アプリ(OS)でキー押下を検出することができません。
代わりに別のキーを使います。

更新履歴

  • 2008-08-02 v002
    • ShiftキーとCtrlキーを切り替えることができるようになりました。
    • ミュートとInsを追加しました。
  • 2008-07-22 v001
    • 新規リリース

機能

  • Shift/Ctrlキーを2回連続で入力すると、Fnキー固定になります。(アイコンが赤くなります)
  • アイコン右クリックで、終了と設定ができます。
  • Fn固定中に再度Shift/Ctrlを2回押すと、解除されます。
  • 設定からMODEを切り替えると、固定し続けるか、キー押下のたびに解除するか選択できます。
  • 通常のFnとは別に以下のキーが使えます。
    • Fn固定 + X 音声ミュート
    • Fn固定 + @ Ins
  • 今のところ、以下のキーは使えません。(特殊キー)
    • 無線LAN切り替え (CapsLock)
    • PHS切り替え (A)
    • Bluetooth切り替え (S)
    • 外部出力切り替え(?) (G)
    • 画面輝度変更 (H,J)
    • マナーモード(K)
    • 画面OFF (L)
    • 電話 (space)

メモリ消費量は2MBくらいです。もう少し下げられるか調整中...


注意

現在ベータ版です。このソフトで何か起きても責任取れませんのでよろしくどうぞ。
今使えないキーについては、サスペンドあたりは何とかなると思いますが、画面輝度とかは、完全にハード的なのでたぶん無理です。
起動しているソフトによっては動かない場合もあります。

Shiftキーを連打すると出てくる、Windows標準の固定キー機能は、無効にしておいた方が良いかもしれません。
無効化方法は、押せばわかるさw

お願い

使用感、バグ報告、要望など。いつになるかわからないけど対応するかもしれません。
本スレに書いてもらっても良いですが、読まないこともあるので、どうしてもということは、こちらに書いてください。

  • \\ -- 名無しさん (2008-09-15 17:25:05)
  • Win2000はVisual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージが必要。動作しました。 -- 黒翼猫 (2008-09-21 04:25:13)
  • 常駐時、リモートデスクトップ接続でShiftキーが利かなくなるようです。具体例:Shift+P で大文字Pが入力不可 -- 名無しさん (2008-09-21 11:42:37)
名前:
コメント:

ダウンロード



添付ファイル