※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

使用可能なHDD

東芝製1.8インチ(ZIFコネクタ PATA)で5mm厚のものが使用可能です。
※8mm厚のものは使用不可能


他いくつかあります。

ベンチマーク

  • MK4009GAL(標準装備)

  • MK8025GAL(80GB)
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
      Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

   Sequential Read :   33.495 MB/s
  Sequential Write :   31.969 MB/s
 Random Read 512KB :   19.084 MB/s
Random Write 512KB :   20.027 MB/s
   Random Read 4KB :    0.474 MB/s
  Random Write 4KB :    0.918 MB/s

         Test Size : 50 MB
              Date : 2008/08/02 22:58:32

  • MTRON SSD MSD-PATA3018032-ZIF2(32GB)

  • PhotoFast SSD G-Monster 1.8ZIF V3(キャッシュ搭載) PF18Z64GSSDZIFV3(64GB)

40GBより小さい容量のHDD(SSD)に入れ替えた場合、リカバリーディスクからのリカバリーは、容量チェックにひっかっかって使用できません。
TrueImageなどのディスクイメージソフトを使用する必要があります。

※換装出来なかった報告有り
【実証】WILLCOM D4(WS016SH) part26【Vista/Atom】より
909 名前:白ロムさん 投稿日:2008/08/24(日) 00:47:02 ID:asZufiV/0
人柱ったから報告しとくね。 

MtronのSSD、MOBI3000は、D4では使えない。 
D4ロゴのところでフリーズする。HDD LEDつきっぱ。 
どうも起動時の消費電力が許容量をオーバーしてるくさい。(´・ω・`)ガッカリ… 
D4はあきらめてVAIOにぶっさしてみるよ。 

(2008-12-15追記)
MtronのMOBI3000はD4で使用可能です。
消費電力うんぬんは関係ありません。
但しHDD LEDは点灯しっぱなしになります。
参考までにベンチ結果
CrystalDiskMark2.1
Seq R:77MB/W:50MB
512k R:77MB/W:35MB
4k R:20MB/W:1MB


換装方法

SSDへの換装方法。HDDの換装も同じ手順でOK。

一通りの手順を読んで流れを理解してから着手すると良いです。
分解は当然のことながら、自己責任で。保証は効かなくなります。


必要な工具

種類 サイズ
プラスドライバー #000
トルクスドライバー T5
他に、マイナスドライバー(精密)があると便利。
すべて100円ショップでそろいます。
ただし100円ショップのものは磁力が無いタイプが多いので、下記のようにして磁化しておくと便利です。


手順


分解する際に元の状態をきちんと記録しておくと、組み立てる時に役立ちます

0.電源、ケーブル類、W-SIM、microSDカードおよび拡張コネクタのカバーを外す

1.筐体のねじを外す
外すねじは底面が8本。紫の丸印のところはトルクスネジ。

ストラップホールに1本。

キーボード右下のゴム製部品の下。
マイナスドライバーでゴムをはがす。

2.本体を二つに分割する
側面の黒とシルバーの境目部分に軽く力をを入れ、静かに上下に離す感じで行う。
W-SIMスロットの部分から行うとやりやすい。

徐々に反対側も外す。

HDDケーブルがあるので注意。
丸印の部分をマイナスドライバー等でゆっくり丁寧に外す。
(すでに外れていれば問題はない)

3.上下の基板を繋ぐフレキシブルケーブルを外す。
無線アンテナのケーブル(上下の基板に伸びる灰色の線)もあるので注意

4.上下に分解完了

5.基板のネジを外す。
HDDを写真の右下にある。
丸印の箇所のネジを外す。

6.基板を持ち上げてHDDを取り出す。
このまま基板を外しても良いが、少し持ち上げるだけでHDDが取り出せるのでこのまま作業する。
右下からHDDを引っ張り出す。
HDDのフレキシブルケーブルを逆方向に曲げないこと。断線します。

7.HDDを取り出し、フレキシブルケーブルを外す
黒いレバーを爪の先で持ち上げると、フレキシブルケーブルのロックが外れる
フレキシブルケーブルを壊さないように注意
↓ロック状態
↓解除状態

8.SSDにケーブルを付ける
外したフレキシブルケーブルをSSDに装着。
向きはこの向き。

9.銀色のテープと白いクッションを付け替え

10.分解した時と逆の手順で本体を元の状態に組み立てる

11.組み立てが終わったらBIOSセットアップ画面でHDDの型番と容量が正しく認識されているかを確認する

12.リカバリー
リカバリーディスクまたはバックアップイメージから復元します。
容量がデフォルトの40GBより小さい物に換装した場合は、リカバリーディスクが使用できないので、あらかじめディスクイメージソフト(TrueImage等)を使ってバックアップイメージを取っておく。


参考リンク