「英語版作業場」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

英語版作業場」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 *★実ボク英語版プロジェクト作業場★
 ボクシングは日本だけでなく世界中で人気のあるスポーツです。
 国内のユーザー拡大にも限界を感じつつあるので、英語圏のユーザーにも楽しんでいただきたいと考えました。
 だが、開発者のサンドバックは英語の才能がなく、グーグル翻訳頼み([[使用しているページ>https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E7%BF%BB%E8%A8%B3+%E5%92%8C%E8%8B%B1&oq=%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E3%80%80%E5%92%8C%E8%8B%B1&aqs=chrome..69i57.7544j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8]])。
 古いユーザーのまっつんが、翻訳精度の悪さに気が付いて、協力してくれた事で、
 いつ止まるかしれない作業でしたが、背中を押してもらえたような気がしました。。
 (エンディングに協力者のお名前を掲載させていただきます)
 ----
 作業途中のβ版ですが、以下から英語版の様子を確認することができます。
-[[ダウンロード 3.58+++(2017/8/18)>http://www7a.biglobe.ne.jp/~BOXCITY/boxE.zip]]
+[[ダウンロード 3.59(2017/9/1)>http://www7a.biglobe.ne.jp/~BOXCITY/boxE.zip]]
 ----
 [[01>https://www33.atwiki.jp/boxcity/pages/317.html]] / [[02>https://www33.atwiki.jp/boxcity/pages/319.html]] / [[03>https://www33.atwiki.jp/boxcity/pages/320.html]] / [[99>https://www33.atwiki.jp/boxcity/pages/318.html]]
 ----
 *スタッフ
 サンドバック(原文日本語をグーグル翻訳、行数の調整、補完報告の反映)
 まっつん(英語補完)
 スタッフは募集中です。
 
 *参加方法
 右上の「このウィキに参加」から登録すると、近日中にwikiの編集権限が与えられます。
 (実ボクユーザーなら多くの場合、許可する予定です)
 
 ----
 *編集に関するお願い
 ・日本語原文に忠実でなくてかまいません。枠から文字列が食み出ない事を重要視しているのでかなり内容も簡易化しています。文法的に違和感なくて、ニュアンスが伝わる、そのレベルで満足しています。
 ・英文を編集した部分には&u(){下ライン}を入れてください。編集した部分をドラッグして編集枠の左上ボタン「&u(){U}」を押すと、編集した部分に下ラインが追加されます。編集した部分を私が実ボク本編に反映させたら下ラインを消します。
 ・英文の横方向の長さは、↓の行の長さがギリギリ枠内となります。
 The train arrived and it was a classy white apartment No.203 room.
 ・行数はできるだけ変えずにお願いします。
 ・テキストは最新ですが、画像はイメージなので最新の変更が反映されているとは限りません。
 ・問題なさそうだ、もう変更する必要はなさそうだ、と考えられるページは、[[補完完了置き場>https://www33.atwiki.jp/boxcity/pages/318.html]]に移動させます。「★ページ01英」の横に「済」と記載すると、私が完了置き場に移動させます。
 ・"kina"はプレイヤーの名前、"cona"は対戦相手の名前です。
 
 ----
 *★固有の単語
 |会長|trainer||蓄積ダメージ|injury||信頼度|Evaluation|
 |基本技術の習得|mastering all punches||
 ----
 *★ボタン内
 ボタンの中に文字を収める必要があり、文字数の制限が厳しい…。
 |ジムへ行く|Go to gym||ジムを退会|Withdrawal|| タイトル|  Return||公式サイト|web page 1|
 |攻略サイト|web page 2||拳友マップ|Friend Map|| 家に帰る|Going home|| 旅に出る|To travel|
 | 記憶する| Remember||ジムに入門|  primer||  コントローラー| Joystick||  キーボード| keyboard|
 |  マウス|  mouse||ウィンドウ|  window||   決定| Decision||   次へ|  next|
 |タイトルへ|to title||  ジャブ|   jab||   防御| defense||ストレート| straight|
 |  フック|   hook|| アッパー|  upper||ボディ攻撃|Bodyattack||パターン①|pattern 1|
 |パターン②|pattern 2||パターン③|pattern 3||パターン④|pattern 4||パターン⑤|pattern 5|
 |  カスタマイズ|Customize|| 赤グラブ|Red glove|| 青グラブ|Blue glove|| 白グラブ|Whiteglove|
 |  強心臓|Big Heart||ランク確認|Rank check|| 自己紹介| my date||ランク登録|Rankupload|
 |再タイム・アタック|timeAttack||サバイバル| survival|| 送信完了|completely||ミニゲーム|mini-games|
 |スパー終了|Spar end||地上に戻る|  Return||地上で回復| Recover||地下戦続行| Continue|
 |スパー続行| Continue|| 会長 Lv2|trainerLv2|| 会長 Lv3|trainerLv3||制限スパー|  stint|
 | 制限 Lv2|stint Lv2|| 制限 Lv3|stint Lv3|| 制限 Lv4|stint Lv4||連続スパー|  series|
 |別れの挨拶|farewell|| Sジムへ|to S gym||西沢ジムへ|to homegym||   はい|   Yes|
 |  いいえ|    No||  忘れる|  forget||   戻る|  Return|| ロビーへ| to lobby|
 |用紙を提出|  Submit|| 再2P対戦|2Pfighting|||||||
 
 ----
 *★ページ01英上
 A boxing website that came across by Browsing internet.
 
 Beginners teach boxing for free, Nishizawa Boxing Gym
 
 I am interested in this gym that you are at the edge of Tokyo.
 The train arrived and it was a classy white apartment No.203 room.
 
 *★ページ01日上
 深夜のネット・サーフィンで偶然見つけた、あるボクシングのHP。
 
 "初心者の方に無料でボクシングを指導します、西沢ボクシングジム" 
 
 君は東京都足立区最北端にあるというこの私設ジムに興味を持つ。
 電車を乗り継ぎ、辿り着いたのは普通の白いマンション203号室だった。
 
 *★ページ01英下
 I wonder if he really teaches boxing in such a place ...?
 
 Since there is "Nishizawa" in the nameplate, 
 you are sure that you are right,
 After breathing deeply, I rang the doorbell with courage.
 
 *★ページ01日下
 (こんな所で本当にボクシングを教えてくれるのだろうか…?)
 
 表札に "西沢" とあるので、場所を間違えていないと確信した君は、
 ふぅ~と深呼吸してから、勇気を持って呼び鈴を鳴らした。
 
 &ref(0015935.png)
 
 ----
 *★ページ02英上
 "Welcome! I am Nishizawa of the Nishizawa boxing gym."
 
 It was you who had been excited about the first experience
 of boxing gym,
 The tenderness quickly disappeared due 
 to the soft atmosphere emitted from the president. 
 
 *★ページ02日上
 「私が西沢ジム会長、兼トレーナーの西沢です。よろしく!
 え~と、"kina"君は、このパソコンから"RANSU"入門者だよ。」;この行省略
 
 初体験となるボクシングジム入門にビクビクしていた君だったが、
 会長から発せられる柔らかい雰囲気により緊張はすぐに消えていった。
 
 *★ページ02英下
 (Okay, learning firmly from today I will become a strong man too)
 
 You have never even known whether you are strong or weak.
 
 What does "kina" get through boxing ...? 
 
 *★ページ02日下
 (よしっ、今日からしっかり教わって俺も強い男になるぞ~♪)
 
 これまで自分が強いのか弱いのか、それすらも知らなかった君。
 
 「ボクシング」を通じて "kina"は何を得るのだろうか…?
 
 &ref(0015935_2.png)
 
 ----
 *★ページ03英上
 "Oh, "kina", let's set it up soon."
 
 World title match, undefeated champion and overseas powerhouse.
 You who set up just like the boxers who were shining in the TV.
 
 "HM…"
 
 *★ページ03日上
 「おしっ、"kina"君。早速、構えてみよう。」
 
 世界タイトルマッチ、無敗のチャンピオンや海外の強豪…
 ブラウン管の向こうで輝いていたボクサー達と同じように構えた君。
 
 「ふむ…」
 
 *★ページ03英下
 The trainer hits bad places and leads you to the correct form.
 "The center of gravity that can move quickly both to attack
 and defense, this is important."
 
 "Wow!" (I was surprised, ...)
 
 *★ページ03日下
 会長は悪いところをポンポンと叩いて君を正しいフォームに導く。
 
 「一瞬で攻撃にも防御にも動ける重心と意識、これが大事なんだ。」
 
 「は、はいっ!」(び、びっくりしたぁ…)
 
 &ref(0015935_3.png)
 
 ----
 *★ページ04英
 "Next is footwork, how to move boxing.
 
 Instead of simply moving, so that you can take immediate action
 Let's move forward and backward while maintaining the center 
 of gravity taught earlier.
 
 Basically do not jump up Pyon Pyeong null null - but, so ...
 Adding strength to the moving speed makes it more effective! "
 
 *★ページ04日
 「次はフットワーク、ボクシングにおけるリング上での移動方法だ。
 
 ただ単に移動するのではなく、とっさに攻撃や防御ができるように
 さっき教えた重心と意識を維持したまま、前後に動いてみよう。
 
 基本はピョンピョン跳ねずにヌルヌル~ッと、そうそう…
 移動速度に強弱を加えることで、高速ステップがより効果的になる!」
 
 ----
 *★ページ05英上
 "The most versatile universal punch, that is the jab.
 It is not powerful because it strikes with just the force of 
 extending the arm,
 Since you do not use recoil,
 you can always return the fist to its original position ...
 It can be said that it is, so to speak, an insurance punch.
 
 How do you use your closest fist to your opponent?
 This is an eternal task everyone thinks about boxers. "
 
 *★ページ05日上
 「もっとも応用が利く万能パンチ、それがジャブだ。
 
 主に腕を伸ばす力で放つので威力こそないが、
 反動で打たないのでいつでも拳を元の位置に戻せる…
 
 いわば保険つきのパンチと言えるだろう。
 
 相手に最も近い拳をどう有効に使うか?
 これはボクサーなら誰もが考え続ける永遠の課題なんだ。」
 
 *★ページ05英下
 Push the "BTTN01" to extend the fist, and release the fist back.
 -=-=- Move to the left end and press the "BTTN01" to proceed -=-=
 
 *★ページ05日下
 ・"BTTN01"を押していると相手に拳を伸ばし、離すと拳が戻ります。
 -=-=-=-=-左端に移動して"BTTN01"を押すと次の画面に進みます=-=-=-=-
 
 &ref(クリップボード02.png)
 
 ----
 *★ページ06英上
 A trainee appeared from the gym entrance 
 when you were guided by the jab.
 "Hello!"
 
 *★ページ06日上
 君がジャブの指導を受けていると背後のジム玄関から練習生が現れた。
 
 「よろしくお願いしま~す!」
 
 
 
 *★ページ06英下
 A high school student with the same physique as you, 
 Mr. Nomura just got introduced to last week.
 Preparation The exercise is full of confidence and
 exercise seems to be good.
 
 (Boxing is weight-based sports. 
 Maybe I will spar with him someday)
 I thought vaguely, but the trainer said this!
 
 *★ページ06日下
 君と同じ位の体格をした高校生、野村君は先週入門したばかりとの事。
 準備運動する姿は自信に溢れていて運動全般が得意そうな雰囲気である。
 
 (ボクシングは同じ体重の者同士で競いあう階級制のスポーツ。
 きっと俺もいつか彼とスパーリング、するんだろうなぁ~♪)
 
 ぼんやりとそんなことを考えていた君だったが、
 次の瞬間、会長から発せられた言葉に自分の耳を疑った!
 
 &ref(クリップボード03.png)
 
 ----
 *★ページ07英
 "Yosh! Let's do sparring!"
 
 (I am still an amateur, though!?)
 
 The chairman keeps combining the words to you who is stunned.
 
 "Hold on the form taught today, adjust distance with footwork.
 In order to remember the distance to the opponent, 
 you have to do a spar.
 
 Is not it dangerous? Cotton clogged 20oz glove and headgear,
 Same physique, same skill. All right, you can fight! "
 
 *★ページ07日
 「よしっ、スパーリングやろう!」
 
 (じ、自分ですか? まだ素人なんですけど!?)
 
 唖然としている君に会長は言葉のコンビネーションを続ける。
 
 「今日教えたフォームで構えて、フットワークとジャブで距離の調節。
 相手との距離感っていうのはスパー以外では養えない重要な感覚だ。
 
 危険じゃないかって? 綿の詰まった20オンスのグラブとヘッドギア、
 同じ位の経験を持つ相手。大丈夫、君は戦える!」
 
 &ref(クリップボード04.png)
 
 ----
 *★ページ08英a
 ~ Technical goal ~
 *★ページ08日a
 ~技術的な目標~
 
 *★ページ08英b
 Fight while recovering so as not to get tired.
 *★ページ08日b
 打ち疲れないよう、回復しながら戦う。
 
 *★ページ08英c
 Powerfully hit the jab. (Front Press  Distant hit point)
 *★ページ08日c
 ジャブを力強く当てる。(前押し伸びきる直前)
 
 *★ページ08英d
 If you guard against opponent's attacks, immediately hit the jab.
 *★ページ08日d
 相手の攻撃をガードで防ぎつつ、タイミングを見計らって攻撃を返す。
 
 *★ページ08英e
 Clean hit by straight. Pace distribution without fatigue.
 *★ページ08日e
 ストレートによるクリーン・ヒット。打ち疲れのないペース配分。
 
 *★ページ08英f
 Hit by hook. (It can be on the guard)
 *★ページ08日f
 フックによるヒット(相手ガードの上でも構わない)。
 
 *★ページ08英g
 Decide on the upper. Pay attention to fatigue.
 *★ページ08日g
 どこかでアッパーを決める。疲労しやすいので回復しつつ狙う。
 
 *★ページ08英h
 Hit by body attack. It can be jab or hook.
 *★ページ08日h
 ボディ攻撃による効果を覚え、その使いどころを覚える。
 
 *★ページ08英i
 I will win two before.
 *★ページ08日i
 自由なボクシングで経験者に挑む。先に2勝を目指そう。
 
 *★ページ08英j
 Continue to win while holding down Fatigue.
 *★ページ08日j
 長く勝ち抜くためにダメージを最小限に抑える。負けないスタイル。
 
 *★ページ08英k
 Win!
 *★ページ08日k
 これまで覚えた全てのテクニックで勝利を掴もう。燃えろっ!
 
 *★ページ08英l
 Continue to win with the "Xpunch" seal.
 *★ページ08日l
 "Xpunch"を封印した状態での勝ち抜き戦。残された強打の有効活用。
 
 *★ページ08英m
 Let's think that this is the end and fight!
 *★ページ08日m
 技術も大事、気持ちも大事。これが最後だと思って、戦ってみよう…
 
 *★ページ08英n
 ~ Nomura's Profile ~
 High school third grader, soccer club. A future dream is a cook.
 It takes one hour or more to get to the gym.
 *★ページ08日n
 ~野村君のプロフィール~
 今年高校三年生、元サッカー部所属。将来の夢は料理人。
 なんとジムまで一時間以上かけて通ってくる!
 
 *★ページ08英o
 ~ Naoki's Profile ~
 Junior high school third grade. Future dream is boxing champion.
 The boxing style is live to the trainer of a young age.
 *★ページ08日o
 ~直樹君のプロフィール~
 今年中学三年生、元野球部所属。将来の夢はチャンピオン。
 そのボクシング・スタイルは若き日の会長に生き写し!?
 
 *★ページ08英p
 ~ Kojima's Profile ~
 Experienced in fighting sports. Boxing is being acquired.
 Brains who do not make useless movements.
 *★ページ08日p
 ~小島君のプロフィール~
 すでに格闘全般は経験済み。ボクシングも器用で理に適ったスタイル。
 離れてよし近づいてよし、スパー中に戦法を変える頭脳派である。
 
 *★ページ08英q
 ~ Takahara's Profile ~
 A society person who is collecting boxing DVDs.
 In the spar, I will positively attack with upper and lower hitting.
 *★ページ08日q
 ~高原君のプロフィール~
 名試合をDVDでコレクション、貴重な趣味を持つ落ち着いた社会人。
 だが、スパーでは上下の連打で徹底的に攻めぬく野獣に!?
 
 *★ページ08英r
 ~ Trainer's Profile ~
 When I was watching the spar of the trainee, I wanted to move.
 I believe that I can still fight if only 3 minutes
 *★ページ08日r
 ~会長のプロフィール~
 教え子のスパーを見ているうちに闘志に火がついた30歳。
 3分だけなら自分もまだ戦える、と信じているが…?
 
 *★ページ08英s
 ~ Trainer's Profile ~
 When I was watching the spar of the trainee, I wanted to move.
 I am doing top secret training.
 *★ページ08日s
 ~会長のプロフィール~
 教え子のスパーを見ているうちに闘志に火がついた30歳。
 極秘トレーニングで全盛期を取り戻そうとしているが…?
 
 *★ページ08英t
 ~ Trainer's Profile ~
 When I was watching the spar of the trainee, I wanted to move.
 This time it is a blue corner as a challenger!
 *★ページ08日t
 ~会長のプロフィール~
 教え子のスパーを見ているうちに闘志に火がついた30歳。
 決意を固め、今回は挑戦者として青コーナーに登る!
 
 *★ページ08英u
 ~ Trainer's Profile ~
 I think it is my usual trainer,
 Is it somewhat like a sepia image?
 *★ページ08日u
 ~会長のプロフィール~
 いつもの会長だと思うんだけど…。
 どこかセピアなイメージがするのは気のせい?
 
 *★ページ08英v
 ~ Opponent's Profile ~
 Just being selected as a member, S gym 's masterpiece.
 The time when I started boxing is almost the same as you.
 *★ページ08日v
 ~対戦相手のプロフィール~
 練習試合のメンバーに選ばれるだけあって、Sジムでも目立つ存在。
 ボクシングを始めた時期はほとんど"kina"と同じである。
 
 &ref(クリップボード05.png)
 
 ----
 *★ページ09英
 "The first sparring is limited to one round.
 "kina" got up from the left, 
 Nomura got up to the ring from the red corner on the right!"
 
 Nomura is shadow boxing at the red corner.
 Not only the jab, but also the straight are mixed in that punch.
 
 "This time Nomura is a straight ban.
 Now, I will ring the gong. "
 
 Many gyms require Spar's permission to take one month,
 Here is the spar from the first day!
 
 *★ページ09日
 「初めてのスパーリングは1ラウンド限定、"kina"君は左から、
 "cona"君は右の赤コーナー側からリングに上がってくれ!」
 
 準備運動を終えた"cona"君が赤コーナー付近でふと行ったシャドー。
 その攻撃方法にはジャブだけでなく、ストレートも混じっているようだ。
 
 「おっと、"cona"君は今回ストレート禁止。同じ条件でスパーしてみよう。
 さあ、準備ができたらゴングを鳴らすぞ~♪  いくぞ~♪」
 
 ジム通いを数ヶ月続けてやっとスパーをやらせるジムが多い中、
 ここ西沢ボクシングジムでは初日からスパーを体験させてしまうのだ!
 
 ----
 *★ページ10英
 "Sparring is limited to one round.
 "kina" got up from the left, 
 Nomura got up to the ring from the red corner on the right!
 
 Hit the jab firmly with the tip, 
 keep avoiding the opponent's attack ...
 
 It is plain, this is the basic of boxing.
 
 Originally it is not a purposeful punch to 
 defeat opponents with a single jab.
 Overture to hit the next big punch, it is a jab!"
 
 *★ページ10日
 「今日もスパーリングは1ラウンド限定、"kina"君は左から、
 "cona"君は右の赤コーナー側からリングに上がってくれ!
 
 "ジャブの打ち合い"、その目的は両者の間にある制空権を奪うことだ。
 自分の攻撃をしっかりと先端でヒットさせ、相手の攻撃は避け続ける…
 
 地味な作業となるが、これこそがボクシングの基本であり王道なんだ。
 
 元々ジャブは "探り針" とか "将棋の歩" などと呼ばれるように、
 ガツ~ンッ!と一発で相手を倒すのが目的のパンチではない。
 
 次のビッグパンチを当てるための序曲、それが "ジャブ" だっ!」
 
 ----
 *★ページ11英
 (This move ...!)
 
 The trainer saw your move, the eye size spread twice.
 
 "... "kina", are you really a beginner?"
 "Yes, it is my first experience of boxing!"
 
 "Wu - Mu, thought how to move the weight of experienced ...
 Perhaps Tanaka's previous life is experiencing boxing.
 Hey, I decided! You are an extension!"
 
 *★ページ11日
 (むっ…? こっ、この動き…!)
 
 会長は君の身のこなしを見ると、目の大きさが倍に広がった。
 
 「…"kina"君、本当に初心者かい?」
 「はいっ、ボクシング初体験です!」
 
 「ふ~む、どう考えても経験者の体重移動だ…
 恐らく"kina"君の前世がボクシングを経験しているのだろう。
 おしっ、決めた! 今回の指導は 経験者扱い、"飛び級" とするぜ!」
 
 &ref(クリップボード01.png)
 
 ----
 *★ページ12英
 "Sparring is limited to "roundmax"R, you are the "redH" corner.
 
 Nomura will also ban straight this time, 
 let's spar under the same conditions.
 
 The easiest and definite defense for beginners, it is guard.
 
 First of all, take the opponent's jab firmly with a guard.
 Let's hit the jab when get used to it.
 
 Punch catch ball, where will you break that rhythm?
 Boxing is fun from there."
 
 *★ページ12日
 「スパーリングは"roundmax"R限定、君は"redH"コーナーだ。
 野村君は今回もストレート禁止、同じ条件でスパーしてみよう。
 
 初心者にとって一番簡単で確実な防御、それは "ガード" だ。
 
 まずは相手のジャブをガードでしっかりと受け止める。
 慣れてきたらジャブを打ち返そう。
 
 パンチのキャッチボール、そのリズムをどこで壊すか。
 ボクシングはそこからが面白い」
 
 ----
 *★ページ13英
 If you learn the correct defense method, 
 you will not be afraid of the approach of the other party.
 
 You can afford even if you are in front of you, 
 that is the difference between a boxer and an amateur!"
 
 Some trainer seems happy ..."
 
 *★ページ13日
 正しい防御方法を覚えれば、相手の接近による恐怖は激減する。
 
 相手を前にしても余裕がある、そこがボクサーと素人の違いだ!
 今日、君はボクサーになる!」
 
 なぜか嬉しそうな会長…
 
 ----
 *★ページ14英
 The coolest thing among boxing attacks is straight.
 
 The line drawn instantly by glove,It gets outstanding appeal 
 because it can be seen well from judges and audiences.
 
 Simple skill that does not need extra production, 
 waste away at all ...
 
 Let me show you, your straight!"
 
 A simple girl who burns to the performance of the president ...
 
 *★ページ14日
 「ボクシングの攻撃の中で一番カッコいいのがストレート。
 
 グラブによって一瞬で描かれるラインは、
 ジャッジや観客からもよく見えるので抜群のアピールとなる。
 
 余計な演出を必要としない、無駄を一切省いたシンプルな技…
 
 見せてもらうぜ、お前のストレートを!」
 
 会長の演技に燃えてしまう、単純な君…
 
 ----
 *★ページ15英
 The power of the straight is Max just before the arm can expand.
 
 It is important to hit at that distance, 
 but it is difficult for a moving party ...
 
 Let's carefully select timings from distance first.
 Immediately after the big punch 's swing, near the corner ..."
 
 I imagine a sharp myself so that you can move to that timing ...
 
 *★ページ15日
 ストレートの破壊力は、腕が伸びきる直前がマックス。
 
 その距離で当てるのが大事だけど、動く相手には難しい…
 
 まずは距離よりも発射のタイミング、使いどころを厳選しよう。
 ビッグパンチの空振り直後、コーナー付近…」
 
 君はそのタイミングにちゃんと動けるよう、鋭い自分をイメージする…
 
 ----
 *★ページ16英
 It will hurt you before you catch the timing to hit the hook.
 
 Actually, there are many trainees who are frustrated with hooks.
 Whether the body breaks first, or if you master the hooks ...
 
 So I always want Spur to try with serious feelings.
 Regret is an unpleasant feeling that will hardly disappear ..."
 
 You clapped the fist when biting your lips!
 
 *★ページ16日
 フックの発射タイミングを掴むまでに、何度か痛い目にあうだろう。
 
 実はフックで挫折する練習生が一番多い。
 体が壊れるのが先か、フックをマスターするのが先か…
 
 だから常にスパーは真剣な気持ちで挑んで欲しい。
 後悔は、なかなか消えてくれない嫌な感情だからな…」
 
 君は唇を噛むと拳を握り締めた!
 
 ----
 *★ページ17英
 In order to hook, it is necessary to approach the opponent.
 
 I am afraid to enter the distance range of the opponent.
 But he is scared of being stepped on.
 
 A hook that can be damaged from above the guard.
 
 Although the timing when the hook always hits is small,
 A chance will come once every three minutes! "
 
 *★ページ17日
 フックを当てるためには、これまで以上に相手と接近する必要がある。
 
 正直、相手パンチの射程距離に踏み込むのは、誰だってそりゃ怖い。
 逆に考えてみれば踏み込まれる相手だって怖いんだな、これが。
 
 ガードの上からでも強引にダメージを与えられる唯一のパンチ、フック。
 
 必ずフックが当たるようなタイミングは確かに少ないけれど、
 集中して狙い続けてさえいれば、3分に一度は見つけられるはずだ…」
 
 ----
 *★ページ18英
 Upper is the punch that needs the most courage.
 It is necessary to prepare to be knocked down if it does not hit.
 
 This last weapon may be dangerous ...
 
 I will be ringing gong soon. "
 
 Some trainer seems happy ...
 
 *★ページ18日
 アッパーは最も勇気が必要なパンチ。
 打つ時には「カウンターされたら倒される」という覚悟が必要だろう。
 
 この最終兵器、覚えちまったら危険かも知れんが…
 
 まっいいか♪ そろそろゴングを鳴らすぞ~♪ いっくぞ~♪」
 
 なぜか嬉しそうな会長…
 
 ----
 *★ページ19英
 Upper possibility to knock down an intact opponent with a blow.
 But since fatigue and gaps are large, the morning swing is deadly.
 
 If you are in ducking, cancel the return action and hit it.
 It will be easier to apply if you can master this way.
 
 To avoid fatigue, it is correct to beat in a single shot. "
 
 *★ページ19日
 アッパーは無傷の相手を一撃で倒す可能性がある。
 でも、疲労と隙が大きいため、空振りは致命的だ。
 
 ダッキング中だと戻り動作をキャンセルして打てる。
 この打ち方をマスターできれば当てやすくなる。
 
 疲労しないように、単発で打つのが正解。」
 
 ----
 *★ページ20英
 Body attack is different from other punches in purpose.
 
 Even if you hit just how much you can not take down and
 when you hit a body attack, your face will be unprotected,
 If you are struck, you will suffer great damage ...
 
 Still strong enough to take body attack!"
 
 *★ページ20日
 ボディ攻撃ってのはこれまでのパンチとまったく種類と目的が違う。
 
 どんだけビシバシと当ててもダウンを奪うことができない上に
 ジャッジによっては、ほとんど評価をしてくれない地味な攻撃である。
 
 おまけにボディ攻撃を打つ時は、自分の顔面が前方に移動するので、
 迎え撃たれた場合、大きなカウンター・ダメージが加算されてしまう…
 
 それでも強くなるためには"ボディ攻撃"は絶対に必要なのさ♪」
 
 ----
 *★ページ21英
 Even if it hit, the body attack with a modest effect.
 However, by continuing to hit, achievements will appear.
 
 When humans damage internal organs, 
 recovery ability and footwork are reduced.
 
 A boxer that can not move .... You already understand? "
 
 You slowly opened your eyes towards the master of body attack.
 
 *★ページ21日
 ちょっとばかり決めても、地味で目立たないボディへの攻撃。
 だが、しつこく決め続けることで、徐々にだが成果が現れるはずだ。
 
 内臓に一定のダメージを受けると、人間は疲労の回復能力が低下する。
 ダメージの回復ができない上に、足回りもグニャグニャでバタバタ…
 
 微妙な距離を調節できないボクサーは…。もうわかるよな?」
 
 君はボディ攻撃のマスターに向けてゆっくりと目を開いた。
 
 ----
 *★ページ22英
 Naoki is dexterous so it will correspond to your movement.
 Attacks returned once will be returned as well, so be careful.
 
 This time it's clear if you win two opponents,
 Please also aim to beat without being damaged. "
 
 Naoki 's movement to shadow is skillful.
 Your body is trembling, but fighting is inevitable ...
 
 *★ページ22日
 直樹は器用なボクサーなので君の動きに対応してくるだろう。
 一度返された攻撃は何度試しても通用しない、考えながら攻めよう。
 
 とりあえず今回は経験者相手に2勝するのが目標だが、
 まずはダメージを受けないボクサーってのを目指して欲しい。」
 
 向かいでシャドーする直樹君の動きから明らかな熟練が感じ取れる。
 君は緊張しているのを隠そうとするのだが、武者震い?は止まらない…
 
 ----
 *★ページ23英
 Kojima is aiming at the counter while guarding.
 How do you disrupt the aim of the battery?
 
 When fighting with the user, 
 imitating the user, that may be a way to progress ...
 
 This time it's clear if you win two opponents,
 Please also aim to beat without being damaged. "
 
 Kojima's movement to shadow is skillful.
 Your body is trembling, but fighting is inevitable ...
 
 *★ページ23日
 小島君はガードをしつつ、得意のカウンターを常に狙っている。
 西沢ジム屈指の一発カウンター、その砲台の狙いをどうバラかすか。
 
 名手と戦うときは名手の真似、それが上達への近道かも知れん…
 
 とりあえず今回は経験者相手に2勝するのが目標だが、
 まずはダメージを受けないボクサーってのを目指して欲しい。」
 
 向かいでシャドーする小島君の動きから明らかな自信が感じ取れる。
 君は緊張しているのを隠そうとするのだが、武者震い?は止まらない…
 
 ----
 *★ページ24英
 Takahara positively strikes a one-two or a body.
 Let's calm down without being caught up in a brawl game.
 
 This time it's clear if you win two opponents,
 Please also aim to beat without being damaged. "
 
 Takahara's movement to shadow is skillful.
 Your body is trembling, but fighting is inevitable ...
 
 *★ページ24日
 高原君は豊富なスタミナを武器にワンツーやボディを打ってくる。
 得意の乱打戦に巻き込まれないように落ち着いて対処しよう。
 
 とりあえず今回は経験者相手に2勝するのが目標だが、
 まずはダメージを受けないボクサーってのを目指して欲しい。」
 
 向かいでシャドーする高原君の動きから明らかな体力が感じ取れる。
 君は緊張しているのを隠そうとするのだが、武者震い?は止まらない…"
 
 ----
 *★ページ25英
 "Today's spar is a winning form.
 The first card is "kina" vs "cona"!
 Please enter the ring when you are ready. "
 
 You nominated go into the ring with a cool look.
 When "cona" wears a mouthpiece, the trainer explains.
 
 "This spar is the fourth round, professional debut game.
 I want you to imagine the audience from today.
 
 Intense light, excited audience, opponent seeking victory ...
 Please be conscious what kind of boxer! "
 
 *★ページ25日
 「今日のスパーリングは勝ち抜き形式だ。まず最初のカードは、
 "kina" vs "cona"! 準備ができたらリングに入ってくれ~」
 
 いきなり指名された君は努めて冷静を装いながらリング内に入る。
 "cona"君がマウスピースを入れ終わると会長が説明を始めた。
 
 「今回のスパーは四回戦、プロのデビュー戦と同じラウンド数だ。
 今日からはスパーしながら、常にホールの観客を意識して欲しい。
 
 降り注ぐ熱いライト、理不尽な野次、なにより勝利を求める対戦相手…
 自分がプロになった時、どんなボクサーになるのか強く意識するんだ!」
 
 ----
 *★ページ26英
 While waiting for a fate of gong while lighting in the ring,
 You remembered the spell of hell that you've played so far.
 
 It was my favorite boxing but it was never easy day.
 But I am encouraged by myself who acquired boxer's skills.
 
 (I was glad that you gave me courage and entered the gym)
 
 I want to know the strength of myself, that's it.
 Finally, look at the trainer and walk to the center of the ring.
 
 *★ページ26日
 立派なリングで照明を浴びながら運命のゴングを待つ間、
 君はこれまで自分が演じてきた地獄のスパーを思い返していた。
 
 好きなボクシングだったが、決して楽な日々ではなかった。
 でもボクサーの動きが奥深くまで染み付いた自分が今はとても心強い。
 
 (勇気を出して西沢ジムに入門して良かったなぁ~♪)
 
 今の君に緊張感はなく \"自分の強さを知りたい\"、ただそれだけだ。
 最後に会長と目を合わせると、君はリング中央に向かって歩き出した…
 
 ----
 *★ページ27英
 (I still have such feelings still ...
 I want to feel, boxing for "kina"! )
 
 Your appearance of continuing to win,
 It seems that I turned on a trainer as a "boxer".
 
 "I am the one who can move only one round now!"
 
 He is joking while wearing a glove,
 but the trainer's voice is shaking.
 
 (Young pressure may be hard for me now ... but I want to try!)
 
 *★ページ27日
 (ふふふ、俺にもまだこんな気持ちが残っていたとは…
 じかに感じてみたくなっちまったぜ、"kina"のボクシング!)
 
 ジムの先輩練習生を相手に、堂々の勝ち抜きを続ける君の姿は、
 どうやら"ボクサー"としての会長に、火をつけてしまったようだ。
 
 「"kina"、今の俺がベストの状態で動けるのは3分だ。
 ふふふ…、ウルトラマンみたいでしょ♪」
 
 グラブを着けながら冗談を言っているが、会長の声は震えている。
 
 (今の俺に若い圧力はキツいかも知れん… だが、タ・メ・シ・タ・イ!)
 
 ----
 *★ページ28英
 Next, "+cona+"! Enter the ring
 
 *★ページ28日
 次、"cona"君! リングに入ってくれ~
 
 ----
 *★ページ29英
 I was waiting, "cona" appears in face to face.
 Already ready for battle, sweat shining brightly.
 
 While looking at the eyes of "cona" you wait for a gong.
 
 *★ページ29日
 待ってました♪、といった様子で"cona"が颯爽と対面に登場する。
 すでに臨戦態勢、うっすらと汗が滲んでいてキラキラと輝いて見える。
 
 君はゴングを待ちながら筋肉疲労が抜けてくれるのも待つ…
 
 ----
 *★ページ30英
 While sitting on the bench, "cona" replies.
 Rising slowly, playing the neck jointly ...
 
 His eyes are watching you.
 It is an unmistakable rival beam.
 
 Beams to those who approved techniques,
 Furthermore it strengthens the two ...
 
 *★ページ30日
 名前を呼ばれた"cona"は、ベンチで横になったままボソッと返事をした。
 次にゆっくりとした動作で立ち上がり、首の関節をボキッと鳴らす…
 
 数秒後に開いた瞳は、まっすぐ君に向かって何かを放っている。
 それはまぎれもないライバル・ビーム、ボクサーを結ぶ信頼感だ。
 
 どんなに打ち合っても、お互いに大怪我をしないレベルに達すると、
 誰にでも生まれてくる不思議な感情、更にそれが二人を強くしてくれる…
 
 ----
 *★ページ31英
 I was observing your sparring "cona".
 While wearing a glove, she murmurs herself.
 
 Perhaps he is analyzing the analysis to find your weak point.
 
 Suddenly, I felt like I was convinced by raising my head.
 
 (Maybe the analysis on me has ended ... I have to watch out!)
 
 *★ページ31日
 さっきまで君のスパーリングをじ~っと観察していた"cona"。
 グラブを装着しながら、下を向いてぶつぶつと独り言をつぶやいている。
 
 恐らく君の弱点を見つけるべく、分析に分析を重ねているのだろう。
 
 ふと、頭を上げて納得したような表情を見せる"cona"。
 
 (ん? もしかして俺に対する分析が終わったのかも… 警戒せねば!)
 
 ----
 *★ページ32英
 While doing a shadow, a nervous looking "cona".
 I seem to be alarmed because I know your ability.
 
 (Recent "kina", I will beat it calmly ...
 You must be careful not to take a counter! )
 
 *★ページ32日
 重々しいシャドーをしながら、やや緊張した面持ちの"cona"。
 すでに君の実力をよく知っているだけに、相当警戒しているようだ。
 
 (最近の"kina"、落ち着いて決め打ちしてくるからなぁ…
 例のカウンターを食らわないように気をつけねば!)
 
 ----
 *★ページ33英
 \"At the end is" cona "! Enter the ring,
 Then "kina", if you win this spar you issue a license! \"
 
 (license?)
 
 You were tired of the battle, but a word of trainer
 Become motivational and decide the last sprint of fire.
 
 (I do not know what it is, but ... I'm doing it) 
 
 *★ページ33日
 「最後は"cona"君! リングに入ってくれ~
 それから"kina"君、このスパーに勝利したらライセンス発行だ!」
 
 (ラ、ライセンス? なんだろう…?)
 
 連戦続きでギリギリ極限状態の君だったが、会長が発した謎の一言が
 新たなモチベーションとなり、炎のラストスパートを決意する。
 
 (なんだかわからないけど… やったるぜ♪)
 
 ----
 *★ページ34英
 ("Kina", dare to seal "Xpunch" ...
 Huhu ... ... he sure is a good idea.
 However, it will become habit if you continue for a long time ...)
 
 ""Kina", let's make the next spar final!
 If you win, we will add a stick to your license! "
 
 I feel the trust of you from the gaze of the trainer ...
 
 *★ページ34日
 ("kina"君、あえて"Xpunch"を封印してるな…)
 
 君のスパーをじっと見ていた会長は、君の封印に気づいたようだ。
 
 (ふふふ…、確かにいいアイデアだ。
 ただ、長く続けるとクセになってしまう。そろそろ、だな…)
 
 「"kina"君、次のスパーをファイナルにしよう!
 もし勝利したら、ライセンスにハンコを追加するぞ~!」
 
 会長の瞳から君に対する確かな信頼感が感じられる…
 
 ----
 *★ページ英
 "Repeating the spar will inevitably concentrate.
 
 Accidents happen when you get used to it.
 Experienced people are more dangerous than beginners.
 
 Before you learn to win, you first learn safety boxing! "
 
 You took a deep breath and looked at the glove.
 
 ("Ive")
 
 *★ページ日
 「スパーリングを繰り返していくと、ど~しても集中力が落ちていく。
 
 事故ってのは、慣れてきた時・油断した時・無理している時に発生する。
 初心者よりも怖さを克服しつつある経験者のほうが危険と言えるだろう。
 
 勝つことを覚える前にまずはセーフティ・ボクシングを覚えるんだ!」
 
 君は大きく深呼吸をすると、グローブを数秒間じ~っと眺めた。
 
 ("ive")
 
 ----
 *★ページ英
 "I will explain the clinch which is useful when pinching.
 
 A black gauge displayed when approaching the opponent.
 When this is filled with red line, clinch is established.
 
 (The red line disappears by movement or attack)
 
 Since both players have to leave when clinch is established,
 I can recover my physical strength and earn time. "
 
 Could it be possible for you to use clinch effectively?
 
 *★ページ日
 「ピンチの時に重宝するクリンチの方法について説明しておこう。
 
 対戦相手と密着すると、突如として空中に表示される小さな黒ゲージ。
 これが赤いラインで満タンになるとクリンチが成立する。
 
 (ただし赤いラインの上昇は、移動や攻撃によってリセットされます!)
 
 クリンチが成立したら両選手は一定の距離離れなければならないので、
 その間に僅かだが体力を回復できるし、時間を稼ぐこともできる…。」
 
 果たして君はクリンチを有効に使うことができるだろうか?
 
 ----
 *★ページ英
 "Now I'm telling you this as well,
 There are many children who quit boxing soon.
 
 I was too tired from swinging around myself,
 It was struck off decently ....
 
 So, "kina". I want you to pay attention to damage.
 I do not want to part with anyone any longer. Everyone ... "
 
 I mumbled the trainer with a pupil looking far.
 (Somewhat acting, but ...)
 
 *★ページ日
 「今、"kina"君にこんなこと言うのもなんだけどさ、
 けっこうボクシングってすぐ辞めちゃう子が多いんだよね。
 
 自分から振り回して疲れすぎちゃったり、
 まともに打たれてしまったり…。
 
 だから"kina"君、自分のダメージに気を配ってほしいんだ。
 もう誰ともお別れしたくない。誰とも…」
 
 遠くを見るような瞳で会長はつぶやいた。
 (多少、演技っぽいが…)
 
 ----
 *★ページ英
 \"When you are a spar, explain the gauge being displayed.
 
   is the durability of the face,   is the durability of the body, 
   is the fatigue.
 
 If it receives more than half damage, 
 gray increases and the maximum value decreases.
 
 How much you can suppress the increase 
 in gray will be the trick to keep on active service. \"
 
 *★ページ日
 「スパー時、画面の下部に表示されているゲージについて説明しよう。
 
 左側の 印は顔面の耐久力、中央の 印はボディの耐久力、
 右側の は体内の酸素供給状態、いわゆる疲労の度合いを表している。
 
 どのゲージも半分以上減少すると、その最大値も減少してしまう。
 灰色ゲージの増加をどれだけ抑えられるかが、現役を続けるコツだろう。
 
 ボディを打たれ過ぎると全体的な回復力やフットワーク・スピード、
 打ち疲れて疲労すると攻撃力やストレートの切れが激減してしまう。
 
 打たれた際の仰け反り具合、これにも疲労が影響するだろう…」
 
 ----
 *★ページ英
 \"When you are a spar, explain the gauge being displayed.
 
   is the durability of the face,   is the fatigue.
 Both damage is characterized by recovery with time.
 
 If it receives more than half damage, 
 gray increases and the maximum value decreases.
 
 Although   indicating a body is also added,
 I guess you do not have to think at this stage .... "
 
 *★ページ日
 「スパー時、画面の下部に表示されているゲージについて説明しよう。
 
 左側の 印は顔面の耐久力、右側の は疲労を表している。
 どちらのダメージも時間とともに回復するのが特徴だ。
 
 赤ゲージが半分以上減少すると、その最大値も減少してしまう。
 ダメージのコントロール、これが現役を長く続けるコツだろう。
 
 いずれボディの耐久力を示すゲージ、 も追加されるが、
 それはまだ今の段階では考えなくてもいいんじゃないかな…。」
 
 ----
 *★ページ英
 "Do you feel that there are variations in damage?
 
 In this game the center of gravity of the boxer is set.
 The attitude of the receiving side affects damage as much as 
 the beating side.
 
 (Power of punch - tired fatigue) + (opponent's posture) = damage
 
 If you hit it in the upper swing of the upper, 
 it will be a big deal.
 Do not show a gap and push the gap of the opponent! "
 
 *★ページ日
 「"kina"、与えるダメージにバラツキがあるのを感じているか?
 
 このゲームでは刻一刻と変わっていくボクサーの重心が設定されている。
 打つ側と同じ位、パンチを受ける側の状態がダメージ量に影響するんだ。
 
 (パンチの破壊力-打ち疲れ)+(食らった相手の重心)= ダメージ
 注・パンチの破壊力は前進中だと+補正、不安定な体勢だと-補正
 
 最も(食らった相手の重心)が悪い状況は、前進アッパーの空振り時。
 そのタイミングで攻撃を受ければ、100以上の大ダメージ確定だろう。
 
 自分の隙をみせずに、相手の隙を突く、 これは大事なコツだ!」
 
 ----
 *★ページ英
 "In order to increase the parameter called Evaluation ....
 
 At the moment, I do not teach boxing to win absolutely,
 I am teaching safety boxing.
 
 Scenes that faithfully decided the punch of the task,
 The result of suppressing damage and deriving it safely.
 
 Counter hits to beat in the gap of the opponent ...
 
 A wonderful scene that makes voice unexpectedly "nice!"
 I am looking forward to the "kina" theater. "
 
 *★ページ日
 「会長からの信頼度というパラメーターをあげるためには…。
 
 現時点、俺は絶対に勝つボクシングを教えているのではなく、
 安全に末永く楽しめるセーフティ・ボクシングを教えているつもりだ。
 
 課題となっているパンチを教えられた打ち方で忠実に決めた場面、
 ダメージを最小限に抑え、安全を伴って導き出した勝利という結果。
 
 相手の力を利用して、より大きなダメージを奪うカウンター・ヒット…
 
 思わず「ナ~イス!」と声が出てしまうような素晴らしいシーン、
 俺は "kina"劇場を心から楽しみにしているんだぜ♪」
 
 ----
 *★ページ英
 "The human brain is strange.
 There is a time to shut down in a moment if danger happens.
 
 Many boxers rarely feel "hurting!" Even if struck.
 
 Being hit is never an abnormal situation During sparring,
 Because the danger signal of "pain" is commonplace.
 
 But the body of the boxer has its limits.
 
 When the limit is exceeded, the brain changes to safe mode.
 I can not stand, it's down. "
 
 *★ページ日
 「人間の 脳ってのは、不思議なモンだよな~。
 なにか特別に危険なことが起きると一瞬にして電源を落とす時がある。
 
 多くのボクサーは打たれても「痛い!」と感じることはほとんどない。
 
 打たれることが決して異常事態ではないスパーリングの最中、
 そんな状況では "痛み" という危険信号は不要、邪魔なだけなんだ。
 
 だが、ボクサーも人の子。やはり生身の肉体には限界ってモンがある。
 
 限界を超えた事態、例えば強烈なカウンターをモロに食らった場合など、
 脳は自分自身の活動をセーフモードに変更して耐え続けるのさ…」
 
 ----
 *★ページ英
 "Each judge has its own characteristics.
 
 Mr. A evaluates Big Punch, an impressive blow.
 Mr. B emphasizes the amount of facial durability remaining.
 Mr. C counts the number of punch hits and compares it.
 
 It is not a formal criterion, but none are important criteria.
 Boxing that convinces all judges is ideal. "
 
 (This knowledge is fine, but forget it if the spar ends!)
 
 *★ページ日
 「ジャッジ3名に関してだが、それぞれ判定基準に特徴がある。
 
 A氏は派手なビッグ・パンチ、印象に残るような一撃を評価する。
 B氏はラウンド終了時にどれだけ余力を残しているかを重視する。
 C氏は顔面やボディへのパンチ・ヒット数を数えて比較している。
 
 正式な判定基準とはズレているが、どれも大事な勝利への要素だ。
 全てのジャッジを納得させるようなボクシングが理想と言えよう。」
 
 (この知識は役に立ちそう♪ でもスパー終わったら忘れてたりして!)
 
 ----
 *★ページ英
 "Humans have two arms?
 I guess that makes boxing interesting.
 
 If it is one, strong punches and one-ones are gone,
 If you have four, you can attack while guarding.
 
 Because it is two, you can enjoy the defense.
 
 Changing the shape of the arms, guarding, hugging,
 Hitting from the bottom, bending and hitting, striking straight.
 
 If the alien looks, humans are amazing! I supposed to think "
 
 *★ページ日
 「人間って腕がニ本あるだろ?
 これがボクシングを面白くしていると思うんだ。
 
 もし一本しかなかったら、強いパンチやワンツーがなくなってしまうし、
 四本あったら、がっちりとガードしながらガンガン攻撃ができちゃう。
 
 二本だからこそ、攻防の妙が楽しめるって訳さ♪
 
 同じ腕なのに器用に形を変えて、ガードに使ったり、攻撃に使ったり、
 下から打ったり、曲げて打ったり、腹を打ったり、抱きついたり…
 
 宇宙人がスパーを見たら、人間ってスゴイ!って思うんじゃないかな♪」
 
 ----
 *★ページ英
 "Guards covering the face, ducking to drop, sway to escape ...
 Let's master defense of 3 types + alpha.
 
 The guard is easy, but it gets little damage.
 Especially if it is hook impact, it can absorb only half.
 
 If ducking is successful, it will not suffer damage,
 It has no effect at all on the upper.
 
 Sway makes all face punches idle, but the body is empty.
 
 The safest thing is securing space. Spin all punches. "
 
 *★ページ日
 「顔面を覆うガード、お辞儀するダッキング、後方へ避けるスウェー…
 
 3種類ある防御方法の特徴について教えよう。
 
 ガードは手軽だが成功しても僅かにダメージを受けてしまう上、
 フックの直撃を受けると半分くらいしかその衝撃を吸収できない。
 
 頭を下げるダッキングを成功させればまったくダメージを受けないが、
 最も怖いアッパーに対してまったく効果がなく、モロに直撃を食らう。
 
 スウェーはその場で避けるので自身の立ち位置が変わらない。
 よって強力な反撃を決める可能性があるが、タイミングが難しい…」
 
 ----
 *★ページ英
 (How far can "kina" move when I am tired? )
 
 Trainer breathes on your shoulder To find out your limitations,
 I keep watching your move with a sharp gaze.
 
 (I am a technician on a young age.
 However, I became a low stamina with pulmonary pneumothorax.
 
 If you tell my young man with stamina my technique,
 How can the young man rise up in the boxing world ...
 
 I want to know it purely! I want to check! )
 
 *★ページ日
 (疲れた時にどこまで"kina"は動けるのだろうか…?)
 
 会長は肩で息をする君の限界ポテンシャルを見極めるべく、
 鋭い視線で君の一挙一動を射抜くように見つめ続けている。
 
 (若き日の俺は確かな技術があり、我ながら巧いボクサーだったと思う。
 が、悲しいかな肺気胸でカラオケ一曲程度のスタミナになっちまった。
 
 スタミナのある若者に俺のボクシング・テクニックを伝承すれば、
 その若者はボクシング界でどこまで昇っていけるんだろう…
 
 俺は純粋にそれを知りたいんだ! 確かめたいんだっ!)
 
 ----
 *★ページ英
 Silence just before Gong, you liked it.
 
 I am the lead player from here! After being conscious of it,
 It is fantasy and excitement.
 
 ("NEN"."GATSU"."NICHI", the first challenge for title match "kina",
 Looking at the champion, I am only looking at the waist belt!
 
 It is a good spirit. This may be a challenger will win! )
 
 The trainer is staring at you wondering at you smiling ...
 
 *★ページ日
 ゴング直前に訪れる数秒間の静寂、君はそれが好きになっていた。
 
 その空間の主役が自分なんだ! とはっきり自覚してからは、
 色々な空想や勝手な実況をして自分の気分を盛り上げたりするのだ。
 
 ("NEN"年"GATSU"月"NICHI"日、世界タイトルマッチ初挑戦となる"kina"、
 チャンピオンの表情を眺めていま…、いや腰のベルトを睨んでいます!
 
 う~む、いい気合いですね。こりゃ挑戦者が勝つかも知れませんね~)
 
 ニヤニヤしている君を会長は不思議そうに眺めている…
 
 ----
 *★ページ英
 "A trial occurring in 3 consecutive victories.
 That's a mini game!
 
 Several trials that exist, if you succeed you will get Evaluation,
 Failure will leave damage on the spar immediately after ...
 
 That damage is enormous! "
 
 The trainer changed his expression.
 
 "No problem if you focus on recovery for the first round"
 
 *★ページ日
 「スパー3連勝した練習生に俺が与える愛の試練。
 それがミニゲームだ!
 
 数種類存在するその試練は、成功すると俺からの信頼を得られるが、
 失敗してしまうと直後のスパーにダメージを引きずってしまう…
 
 またそのダメージが半端じゃないんだよなぁ~♪」
 
 笑いながら話していた会長が、ふっと真顔になる。
 
 「ま、最初の数分間を回復に専念すればなんてことはないんだけど…」
 
 ----
 "When you hit the body, the resilience will become dull.
 
 It is the liver that purifies oxygen carrying blood.
 
 Upon receiving an impact, the purification capacity declines,
 I can not carry oxygen to each organ of the body.
 
 Let's hit your belly lightly. 
 There is a disgusting part, do not you?
 
 That's where my "liver" position,
 Try devising the form so that it will not be hit there! "
 
 「ボディを打たれると回復力が鈍くなる、これにはちゃんと理由がある。
 
 酸素を運ぶ、大事な血液を浄化している臓器、それが"肝臓"だ。
 この臓器は衝撃を受けると、その浄化能力が一時的に低下してしまう。
 
 その結果、体の各器官に新鮮な酸素を運ぶことができなくなり、
 倦怠感、「だりぃ~…」という感覚が打ち合いの最中に発生する。
 
 自分の腹を軽くアチコチ叩いてみよう。…気持ち悪い箇所、あるだろ?
 
 そこが自分の"肝臓"の位置、
 そこを打たれないように、フォームを工夫するんだ!」
 
 
 ----
 
 "Left controls the world.
 
 This is a famous word as the saying of the boxing world.
 
 Because it hits with the arm alone, it is not recognized.
 
 ... But it is difficult to knock out with just the jab.
 
 Afterwards director, the star player is amazing climax! "
 
 「"左(ジャブ)は、世界を制す"
 これは昔からボクシング界の格言として、最も有名な言葉だ。
 
 相手に近い方の腕を使うため、相手の視界に常に入ってくるジャブ、
 牽制としても効果があるし、カウンターになればそこそこ威力もある。
 
 腕の筋力のみを使って打つために、初動が察知されないのも強みだ。
 
 …だが、ジャブだけで相手を倒しきるのは難しい。
 
 その後のKO演出、スターと呼ばれる選手は"その後"がスゴい…」
 
 ----
 
 "trainer!"
 "What's wrong?" "Kina", what's your problem? "
 
 "I, or what I can say for all the trainees at this gym ...
 Everyone's on the blue corner side and orthodox style,
 But if it is on the red corner side, southpaw! "
 
 The trainer looked at you with sad eyes.
 
 "" Kina ", all right, do not worry about anything.
 Boxers, I do not mind small things ... "
 
 
 「か、会長!」
 「どうした? "kina"君、なにか悩み事か?」
 
 「俺、というかこのジムの練習生全員にいえることなんですが…
 青コーナー側だと右構えなのに、赤コーナー側に移ったとたんに
 み~んなサウスポーになっているんです! 超器用なんですっ!」
 
 君が質問をすると、会長は悲しそうな目でジ~ッと君を見つめた。
 
 「"kina"君、大丈夫。な~んにも心配するな。
 ボクサーだったら、そんな小さなことでクヨクヨするんじゃない…」
 
 ----
 
 "Important damage management in keeping boxing ..."
 
 The seriousness of the trainer is transmitted.
 
 "Well look at my face.
 The nose is bent, the front teeth are also wrong ...
 
 Both are the result of attacking too much in times of defense.
 
 The trick to keep boxing long is safe driving anyway.
 You must be a beautiful face, become a grandfather. "
 
 
 「ボクシングを続ける上で最も大事な"ダメージの管理"についてだが…」
 
 会長の表情が一段と厳しさを増し、その真剣さが伝わってくる。
 
 「よ~く俺の顔を見てみろ。
 少しだけ鼻が曲がっているだろ、前歯もよく見りゃ段違い…
 
 どちらも防御が未熟なクセに強引に攻めた結果、"イヤ~な古傷"だ。
 
 ボクシングを長く続けるコツは、とにかくとにかく安全運転だ。
 セーフティ・ボクシング、お前は"イヤ~な古傷"、残すなよ♪」
 
 ----
 
 "Jab ・ Defense ・ Straight ・ Hook ・ Upper ・ Body attack.
 
 If you master these, you will be recognized as a boxer,
 You can go to the Net playing field, Spar Heaven ... "
 
 The face of the trainer becomes cloudy.
 
 "There are also a lot of trainees who give up.
 From there it is "real" but ... "
 
 「ボクシングにおける基本技術は、
 ジャブ・防御・ストレート・フック・アッパー・ボディ攻撃。
 
 これらをマスターすると、基本技術を習得したボクサーと認められ、
 ネット対戦の場、スパー天国へ行けるんだが…」
 
 会長の顔が曇る。
 
 「そのレベルに辿り着く前に諦めてしまう練習生も多い。
 実ボクはそこからが"本番"なんだけどなぁ…」
 
 ----
 
 "There are cases where you get accustomed to being hit.
 
 After hitting a bang, if you hit the same bang,
 The damage it gives is reduced.
 
 Unconsciously cope with the shock received just before.
 
 Effective punches fly from another direction without notice.
 
 So change it consciously if it becomes monotonous. "
 
 
 「"打たれ慣れ" という状態を説明しよう。
 
 単調な攻撃、ようは直前に決めた強打と同じようなパンチは、
 食らっている方からしてみれば、不思議と効かないもんなんだ。
 
 スパー慣れしたボクサーは、直前の衝撃を記憶してしまうらしい。
 意識しなくともダメージを分散させるような対策を施せるようだ。
 
 効くパンチっていうのは、予告なしに別方向から飛んでくる拳。
 多彩な攻撃を常日頃から意識、アメージング・パンチでガツンと倒せ!」
 
 ----
 
 "Continue to hit my punch without receiving punch ...
 
 Kawashima's boxing style with untouchable synonyms,
 It was full of thrill because of weakness.
 
 When he was young he was eating KO defeat a couple of times.
 That is why I figured out some ingenuity for not being hit.
 
 It was a growth that was frustrating ... "
 
 
 「相手のパンチを受けずに、自分の攻撃だけをヒットさせ続ける…
 
 アンタッチャブルの異名を持つ川島選手のボクシングスタイルは、
 公言していた自身の打たれ弱さゆえに紙一重のスリルに溢れていた。
 
 そんな彼も若い頃には何度かノックアウト負けを食らっている。
 だからこそ、打たれないための工夫を人一倍、考え抜いたのだろう。
 
 挫折あってこその成長だったんだなぁ…」
 
 ----
 
 
 "Trainer! There is a technique I would like to memorize soon!"
 
 "Oh, are not you full of ambition, what is that technique?"
 
 "It is a side step! Float like a butterfly, sting like a bee!"
 
 "Wow ... that, that alone can be taught," kina "...
 
 Side steps are certainly an important technique,
 We can not move back and forth of 2D characters, sorry!
 
 New 3D sequel, Let's hope for the future! "
 
 「会長! 俺、そろそろ覚えたいテクニックがあるんですがっ!」
 
 「お~、向上心に溢れてるな~♪ で、そのテクニックとは?」
 
 「サイドステップです! 蝶のように舞い、蜂のように刺したいんです!」
 
 「うっ…。そ、それだけは教えられんのだ、"kina"よ…
 
 確かにサイドステップは最も重要なテクニックのひとつなのだが、
 2Dキャラの俺たちは画面の奥や手前には移動できんのだ、残念!
 
 立体表現された"ポリゴンでボクシング"、将来に期待しよう!」
 
 ----
 
 "Although the first-in first-out punch is effective,
 Sometimes I call a frontal collision accident ...
 
 In order to reduce the risk, we made time to beat,
 Distribute your opponent's concentration.
 
 Stop the jab shortly, sprinkle with the feint ....
 
 "Kina"'s boxing shines by trying various things. "
 
 「ノーモーションで突然繰り出す先制パンチは確かに有効だが、
 放つ際に決め打ちするため、時として正面衝突の事故を呼んじまう…
 
 そのリスクを減らすために意外なステップやフェイントを駆使し、
 相手の集中力を分散させるのが、ボクシングの\"駆け引き\"だ。
 
 伸ばしきらない上下のジャブ、威嚇目的のなんちゃってストレート…
 
 色々試すことで"kina"のボクシング、キラッと輝くぜ♪」
 
 ----
 
 After mastering all punches, you can feint with v key!
 
 基本技術の習得後、Vキー+各方向キーで様々なフェイントが可能!
 
 ----
 
 "Do you notice the gauge reciprocating up and down?
 That gauge is a breathing gauge.
 
 If the light is on, punch power will increase,
 The impact is minor.
 
 Use breathing gauge so as not to break your own boxing.
 What matters is beat without being hit! "
 
 「スパーの時、左右で上下に往復しているゲージに気付いているか?
 時に穏やかに、時に激しく暴れるあのゲージは"呼吸ゲージ"だ。
 
 自分側の白マーカーが上部にある時ほど、パンチの破壊力が増すのだが、
 影響はほ~んの僅かなので、無理に意識する必要もないかも知れん。
 
 自分のボクシングを壊さない程度に"呼吸ゲージ"を利用して欲しい。
 大事なのは"打たれずに打つこと"。破壊力なんて二の次だ!」
 
 ----
 
 "Have you ever played net games?"
 "There was, but I could not even win one ..."
 
 "But the ability of the boxer is the same, do not you?"
 "That's right, punches are not hit by a skilled person."
 "is that so…"
 
 Maybe I can meet this exercise class at cyberspace?
 
 「ネット対戦やったことある?」
 「あるけどさ~、相手が強すぎて一勝もできなかったよ…」
 
 「でも、ボクサーの能力は同じなんでしょ?」
 「そうだけど、実力者にはパンチが当たらないんだよ」
 「そうなんだ…」
 
 リングの下で雑談する練習生、彼らとネット上で出会う可能性も…?
 
 ----
 
 Even though I was in front of the spar, I listened carefully.
 I can hear the story of the game.
 
 "Come to think of" boxing with graphs ", I downloaded it"
 "Did you become a champion?"
 "No, for some reason it has become a homo boxer ..."
 "You seem to be like"
 
 (...? You guess?!)
 
 While feeling suspicious, I return feelings to the spar ...
 
 
 スパー直前にも関わらず、周囲の世間話に集中してしまう君。
 隅に集まったジムメイト達が、ゲームの話題で盛り上がっているようだ。
 
 「そういえば "グラフでボクシング"、ダウンロードしたよ♪」
 「んで、チャンピオンになったかい?」
 「いや、なぜかホモ・ボクサーになっちゃった…」
 「ふふふ、お前らしいな~♪」
 
 (ん? …お前らしい?!)
 
 不審に思いつつ、次のスパーに気持ちを切り替える君…
 
 ----
 "Hello Hey, trainer! Thank you again today!"
 
 "Wow," kina ". It's too early to come ..."
 
 Trainer who was working on a mystery at PC,
 I'm baffling at your appearance.
 
 "When you finish changing clothes you are preparing campaign!"
 
 When you reply to the locker room,
 The trainer headed to the PC behind and erased the history ...
 
 
 「ちわ~っす、会長! 今日もよろしくお願いしますっ!」
 
 「おわわわ、"kina"君。来るの早いなぁ~…」
 
 ジムのパソコンに向かって何か謎(?)の作業をしていた会長は、
 君の登場に不意をつかれたようで、やや挙動不審で目が泳ぎ気味である。
 
 「え~っと、着替え終わったら準備運動。今日もスパーやるぞ!」
 
 大きな声で返事をした君がロッカー室へと走っていくのを確認すると、
 会長はクルッと背後のパソコンに向かい、"RAN01"履歴を消去した…
 
 ----
 
 This gym is practicing at the trainer's home apartment (2 DK).
 
 Move the furniture every practice, my wife and daughter go out.
 We are cooperating with the activities of the boxing gym.
 
 "I'm sorry, I'll call you as soon as practicing is over ..."
 
 Just a trainer apologized to his wife at the front door.
 
 It was "kina" that hides herself for some reason ...
 
 
 西沢ジムは会長の自宅マンション(2DK)で練習を行っている。
 
 練習の度にリビング(10畳)の食卓や主な家具を別の部屋に移動させ、
 奥さんと2歳の娘は外出までして、ジムの活動に協力してくれている。
 
 「ごめんな~♪ いつも悪いね、練習終わったらすぐ電話するから…」
 
 君がジムを訪れた時、ちょうど会長が玄関先で奥さんに謝っていた。
 
 なぜかとっさに隠れ、身を隠してしまう"kina"であった…
 
 ----
 
 "Good morning," RAN 01 "! I will do it today!"
 
 "Oh, my name is" kina "..."
 
 "Wow! I'm sorry ... Everyone is wearing the same clothes,
 I will make mistakes as my face is similar.
 
 The developer surely diverted graphics ... "
 
 It was a trainer to make mysterious excuses ...
 
 
 「おはよ~、"RAN01"♪今日もガンガンやるぞ~!」
 
 「あの、俺の名前は "kina"なんですけど…」
 
 「うわっ! ごめんごめん。なんせみんな同じような服着てるしさ~、
 ヘッドギアしてると更にソックリだから間違えちゃうんだよ。
 
 きっと開発者がグラフィック流用して手抜きしたんだ。困るよな~」
 
 不思議な言い訳をする会長であった…
 
 ----
 
 "Trainer, it's awfully sleepy."
 
 "I just got up.
 There was no customer yesterday, too, I am short of sleep. "
 
 Trainer to start the boxing gym,
 It became a taxi driver.
 
 I feel tired and feel pale as well.
 
 "I woke up when I saw the face of "kina"!
 Come on boxing! "
 
 
 「会長、すっごい寝癖ですね。髪の毛が逆立ってますよ…」
 
 「まだ起きたばっかりだからさ~、仕方ないんだよ、大目に見てくれ♪
 昨日の夜も全然お客さんがいなくてさ~、ホントに睡眠不足、俺。」
 
 サラリーマンだった会長は、夢のボクシング・ジムを始めるために、
 週3日勤務(一日20時間乗務)のタクシー運転手となり、時間を作っている。
 
 さすがに疲れが溜まっている様子で顔色も悪いように感じられる。
 
 「おっしゃ~! "kina"君の顔を見たら目がパッチリ覚めた~!
 今日もガンガンやるから覚悟しておけよ~♪ うおっしゃ~!」
 
 ----
 
 "Because I recorded the title match last night,
 Let 's take a closer look at the game today and study."
 
 For you who was accustomed to spar of 20oz glove,
 Professional boxers who meet at 8oz are superhumans.
 
 Until now, watching boxing matches was sometimes boring,
 Now that I knew the pain of the punch, keep an eye on it.
 
 (Wow! I wonder if I get hit by the current ...
 Challenger, it's good to hide.
 It will be fun to be able to understand! )
 
 
 「昨晩、深夜放送された"ive"タイトルマッチをパソコンで録画したから、
 今日は練習の前に試合をじっくり見て勉強、今後の参考にしてほしい。」
 
 20オンス製、安全なグラブでのスパーに慣れつつあった君にとって、
 8オンス(ほぼ素手!)でガンガン打ち合うプロのボクサー達は超人だ。
 
 これまでボクシングの試合は時として「退屈だなぁ~」と感じていたが、
 実際にパンチの重みを知った今、見てるだけなのに体が反応してしまう。
 
 (うわぁっ! こんなの打たれたら俺、絶対に食らっちまうかもなぁ…
 "ive1"が放った今のパンチ、ウマ~くフェイントに隠してるもん♪
 ボクシングの奥深さ、理解できるようになるとムチャクチャ面白いぜ!)
 
 ----
 
 Trainer to record shadowbox to a digital camera.
 
 "Fuu, it is over ... Oh,"kina"I came to a good place!
 Turn off the recording button of the digital camera "
 
 Although it is a shadowbox, I am wearing headgear ...
 
 "Ay ~, this is ♪
 Actually, I make boxing games from the current video.
 
 I want someone to understand boxing ... "
 
 会長がデジカメの前で、ゆっくりとシャドー・ボクシングをしている。
 
 「ふぅ~、終わった…。おっ、"kina"君。いいところに来た!
 そこの三脚、デジカメの録画ボタンをオフにしてくれ♪」
 
 よく見るとシャドーなのに、ヘッドギアを装着している会長…
 
 「あぁ~、これね♪
 実は今の動画を元にしてボクシングのゲームを作る予定なんだ。
 
 少しでもボクシングというスポーツを理解してもらいたいから…」
 
 ----
 
 Even if you ring gym's doorbell, there is no reply.
 When you turned the doorknob, the door key was open.
 
 "I will bother you. Do you have a trainer?"
 
 Under lighting, the trainer is hitting the PC keyboard.
 The trainer in the monitor is hitting the sandbag.
 
 "Wow, that's it, who is it!"
 "It's" kina "Trainer, it is time for promises."
 "It's already such a time ...
 I concentrated too much on development ..., ok! Do! "
 
 君がジムの呼び鈴を鳴らしても、中からはまったく返事がない。
 不審に思った君がノブを回すと、玄関の鍵は開いたままだった。
 
 「お邪魔しま~す。会長、いますか~?」
 
 薄暗い照明の下、会長はパソコンのキーボードを激しく叩いていた。
 よく見るとモニターの中に小さな会長がいてサンドバックを叩いている。
 
 「どわっ! だ、だ、誰だっ!」
 「"kina"です。会長、もう約束の時間ですよ~」
 「ん? 本当だ、もうこんな時間か…
 制作に集中しているとあっという間だなぁ…、おしっ!やるぞ~♪」
 
 ----
 
 Sound of rough breathing and punching out of the gym.
 
 Is that someone else already?
 
 When you peek inside, you see the sweat trainer!
 
 Dull punches, shifted upper body, eyed tired eyes ...
 I was trying to compensate for lack of training.
 
 (Current physical strength and wisdom remaining in me.
 How far will it pass? I want to know! )
 
 
 君がジムの玄関を開けると、荒い息づかいとパンチの音が響いてきた。
 
 (あれ? もう誰か来てるのかな? もしくは新たなライバル出現か!?)
 
 君が様子を伺うためにこっそりと玄関を開けて中を覗いてみると、
 汗を撒き散らしながらラストスパートしている会長の姿が!
 
 ノソ~としたパンチの切れ、流れ気味の上半身、疲労感の漂う瞳…
 それは自身のトレーニング不足を必死で補おうとしている姿だった。
 
 (今の俺に残っているこのちっぽけな体力+仕組みを理解している頭脳。
 若いパワー vs 俺のキャリア、どこまで通用するんだろう。知りたい!)
 
 ----
 
 "Hello ~ Hey, trainer! Thank you again today!"
 "I was waiting,"kina"..."
 
 Trainer with problem paper in hand.
 
 "You who have learned the basic techniques of boxing.
 Next time I will try boxing knowledge! "
 
 The trainer gives you the problem form.
 
 
 「ちわ~っす、会長! 今日もよろしくお願いしますっ!」
 「待ってたよ、"kina"君…」
 
 鉛筆と問題用紙を手にした会長が、インテリ臭たっぷりに君を見る。
 
 「ボクシングの基本テクニックを習得した君だが、
 ボクシングは強いだけじゃダメなんだ! 知識なんだ!?」
 
 慣れない自分の発言に戸惑いながら、会長は君に問題用紙を渡す。
 
 (徹夜で作ったんだぞ、これ…!)
 
 ----
 
 "Evaluation 9! It is brilliant,"kina".
 It seems time has come to pass this at last. "
 
 The trainer drags out a big box from the closet.
 Inside the box is a new boxing glove!
 
 "From today on, this blue glove is your glove!
 From now on, both with defense and attacking together. "
 
 You are worried about the smell and gloss of the new skin.
 
 (Well, I wanted it, My favorite my glove ♪)
 
 「ふふふ…、信頼度 "corchMAX"! 見事だ、"kina"君。
 ついにこれを渡す時が来たようだな…」
 
 会長は押入れから大きな箱を引きずり出し、君をその前に座らせた。
 箱の中には、新聞紙に包まれたままの新品ボクシング・グローブ!
 
 「今日からこの青いグローブが、君のマイ・グローブだ!
 今後は、防御する時も攻撃する時もそいつと一緒。大事にしてくれ♪」
 
 新しい皮の匂いとブルー・サファイアの光沢にウットリする君。
 
 (ず~っと、欲しかったんだよな~♪ 憧れのマイ・グローブ♪)
 
 ----
 
 "Evaluation 9! It is brilliant,"kina".
 It seems time has come to pass this at last. "
 
 The trainer drags out a big box from the closet.
 Inside the box is a new boxing glove!
 
 "From today on, this white glove is your glove!
 From now on, both with defense and attacking together. "
 
 You are worried about the smell and gloss of the new skin.
 
 (Well, I wanted it, My favorite my glove ♪)
 
 「ふふふ…、信頼度 "+corchMAX+"! 見事だ、"+kina+"君。
 ついにこれを渡す時が来たようだな…」
 
 会長は押入れから大きな箱を引きずり出し、君をその前に座らせた。
 箱の中には、新聞紙に包まれたままの新品ボクシング・グローブ!
 
 「今日からこの白いグローブが、君の\"マイ・グローブ\"だ!
 今後は、防御する時も攻撃する時もそいつと一緒。大事にしてくれ♪」
 
 新しい皮の匂いとホワイト・パールの光沢にウットリする君。
 
 (自分の部屋に白いグローブが吊るしてある男…。も・て・そ・う♪)
 
 ----
 
 A trainer teaching a jab to a new trainee.
 Teaching like when you instructed uneasy youth to yourself.
 
 "Oh, nice! The center of gravity we can defend anytime ..."
 
 I can not stop gratitude for giving thanks.
 I am out of tears and I can not make a greeting.
 
 ""kina", its face ... did the next gym decide?"
 "Yes! I have decided!"
 "Okay ... ..., your story, I'm looking forward to it"
 "Yes, I'm going! Thank you for your trainer!"
 
 目の前には今日入門した練習生にジャブを教えている会長がいる。
 不安げな若者に自分に教えてくれた時と同様に笑顔を交えながらの指導。
 
 「そうっ、ナ~イスッ! 打ち途中でも即座に防御できる重心と意識…」
 
 その姿を眺めていると、今日まで自分に注がれてきた会長の情熱が
 君の涙腺の奥からガツーンと沸き上がってきて、挨拶の一声が出せない。
 
 「"kina"君、その顔からすると…次のジムが決まったのか?」
 「はい、会長! 決まりました!」
 「そうか…、おしっ、メイドイン西沢ジムの物語、楽しみにしてるぜ♪」
 「はいっ、俺っ、行ってきます! 会長、ありがとうございました!」
 
 ----
 
 "I am sorry suddenly, but today gym's activity will be the last."
 
 The trainer keeps on explaining the staggering members.
 
 I could not understand everything with a tired head after spar,
 Anyway, it seems that we can not continue the gym as it is.
 
 "But everyone else took boxing so hard,
 I do not want any shape, so I want you to connect with boxing.
 
 Everyone, thank you very much for today! It really became strong! "
 
 「突然で申し訳ないけれど、西沢ジムの活動は今日が最後になる。」
 
 呆然としたメンバー達に会長がたんたんと説明を続ける。
 
 スパー後の疲れた頭ではほとんど理解できなかったが、
 とにかく現状のままでは西沢ジムは継続できないらしい。
 
 「でもみんな、せっかくこうしてボクシングを習得したんだから、
 どんな形でもいいから今後もボクシングと繋がっていて欲しい…
 
 今日までみんな、本当にありがとう! 本当に強くなったぞ!」
 
 ----
 
 It is truly stuffy as all trainers get on light vehicles.
 
 It runs on a highway with songs chosen by Murata,
 Accident congestion. The atmosphere in the car tends to sink.
 
 (Our boxing, is it going to pass as well ...)
 
 Everyone knows how much they can fight,
 In the group of boxers I am strong or weak ...
 
 If you overtake a crushed car causing congestion,
 The trainer stepped on the accelerator to eliminate anxiety.
 
 
 会長所有の軽自動車にメンバー全員が乗り込むとさすがに息苦しい。
 
 小島君選曲のBGMを聞きながらSジムに向けて高速道路を走るのだが、
 事故渋滞に巻き込まれてしまい、緊張からか車内の雰囲気も沈みがちだ。
 
 (俺達のボクシング、果たして通用するのだろうか…)
 
 誰もが数時間後に行われるスパーで、自分がどの程度戦えるのか、
 ボクサーという集団の中で今の自分は強いのか、もしくは弱いのか…
 
 大渋滞の原因となっている潰れた事故車を追い抜かすと、
 会長はメンバーの不安を振り払うかのようにアクセルを踏みこんだ。
 
 ----
 
 As I got off the highway, I got the S gym on the right side.
 
 I've been practicing myself at home in the trainer's furniture.
 Rings, lighting, big mirrors are dream facilities.
 
 It seems that the eyes of the trainer are slightly moist.
 
 "I'm pleased to meet you, today!"
 
 There are a lot of trainees of the same physique as you.
 
 (Oh, shoot! My skill, I will show you!)
 
 高速道路を降りると、程なく右側にSジムが見えてきた。
 
 これまで会長の自宅で家具をどかして練習してきたメンバーにとって、
 立派なリングや明るい照明、全身が映るくらいの大きな鏡は夢の設備だ。
 
 本格的な設備を前に、会長の目が少々潤んでいるように見える。
 
 「今日はよろしくお願いします!」
 
 見れば君と同じ体格の練習生が大勢キビキビとシャドーをしている。
 
 (お~しっ! 俺の実力、見せてやるぜっ!)
 
 ----
 
 The trainer climbs the ring and wears a glove.
 Move your body lightly, I will call your name.
 
 ""Kina" Enter the ring, it's spar with me."
 
 The gaze of the trainer, the heart is tightened.
 The person who taught me boxing is calling your name now.
 
 Yes, as an equal opponent ...
 
 ヒョイと会長はリングの上に登ると、念入りにグラブを装着する。
 ゆっくりとしたシャドーを終えると、通る声で君の名を呼んだ。
 
 「"kina"君、リングに入ってくれ、俺とスパーリングだ。」
 
 会長の真剣な視線、ドキンッと君の心臓が締め付けられるような感覚。
 君にボクシングを一から教えてくれた人が今、君の名を呼んでいる。
 
 そう、対等な対戦相手として…
 
 ----
 
 ("Kina" refrains from punching himself.
 There is no opponent here to grow him ...)
 
 The chairman who was staring at your shadow called you.
 
 ""Kina", go up to the red corner."
 
 The trainer settled his determination.
 
 (I could not hit the trainee seriously until now.
 So it's a blue corner of the challenger.
 ... If I lose on that ... ... he should graduate from here! )
 
 (いまや自分からパンチを制限している"kina"君。
 寂しいが、今の西沢ジムでは彼を更に強く育てるための相手がいない…)
 
 君のシャドーをじっと見ていた会長が君を呼び寄せた。
 
 「"kina"君、今日のスパーは赤コーナー側に上がってくれ。」
 
 素直に頷きスーッと登っていく若い君を見て会長は決意を固めた。
 
 (これまでどうしても練習生相手に本気で打つことはできなかった。
 だが、挑戦者として青コーナーに登る事で俺は全力を尽くせるだろう。
 …その上で俺が負けるようなら、…彼は西沢ジムを \"卒業\"すべきだ!)
 
 ----
 
 "Oh, it's an annual continuous spar! Ayu Lady?"
 
 While watching trainers flashyly declared, you were thinking.
 
 (Trainer's own color, my only original boxing.
 I can not grow unless I give myself a challenge ...)
 
 A dangerous idea came in a corner of your head.
 
 (Yes, let's seal your good skill and sparring.
 Techniques to seal ... ..., upper punch! )
 
 「おしっ、恒例の連続スパーだ! アーユーレディ?」
 
 派手に宣言している会長を見ながら、君はぼんやり考え事をしていた。
 
 (会長が言っていた独自の色、俺だけのオリジナル・ボクシング。
 ここから先は、自分自身に強烈な試練を与えねば進めない気がする…)
 
 グラブを持った途端、ふと君の頭の片隅に危険なアイデアが浮かんだ。
 
 (そうだ、自分の得意な技術をあえて封印してスパーしてみよう。
 う~む、今日のスパーで封印する技術は…、"Xpunch"に決定!)
 
 ----
 "Oh, it's an annual continuous spar! Ayu Lady?"
 
 While watching trainers flashyly declared, you were thinking.
 
 (Trainer's own color, my only original boxing. 
 I can not grow unless I give myself a challenge ...)
 
 Due to the damage remaining, only that task feels heavy.
 
 (First of all, safety boxing that pulls accumulated damage,
 And I guess the hints are waiting any further ...! Is it? )
 
 
 「おしっ、恒例の連続スパーだ! アーユーレディ?」
 
 派手に宣言している会長を見ながら、君はぼんやり考え事をしていた。
 
 (会長が言っていた 独自の色、俺だけのオリジナル・ボクシング。
 ここから先は、自分自身に強烈な試練を与えねば進めない気がする…)
 
 ダメージが残っているためか、その課題だけがやたら重く感じられる。
 
 (まずは蓄積されたダメージを抜くようなセーフティ・ボクシング、
 そして、その先になにかヒントが待っているような気が…!?)
 
 ----
 
 (Today 's "kina" looks nice ...)
 
 The trainer has made suggestions to you.
 
 "Today's battle, would you like to try the limit?
 Anyway spar, spar, spar ♪ ♪ "
 
 My face is laughing, but the back of my eyes is serious.
 
 ("Kina". A certain quality as a boxer you have.
 I want to see you in a compromised situation ...)
 
 
 (ふ~む どうやら"kina"君の体調、完璧のようだな…)
 
 会長は君の目をまっすぐに見つめながら、ある提案をしてきた。
 
 「今日の勝ち抜き戦だが、限界に挑戦してみたらどうだ?
 イケるトコまで、とにかくスパー、スパー、スパーッ! ってね♪」
 
 顔は笑っているが、瞳の奥からマジな輝きを放っている会長。
 
 ("kina"。お前が持っているボクサーとしての 確かな素質。
 危険を伴うが、追い詰められた状況でのお前を、俺は見てみたい…)
 
 ----
 
 "Today we will practice spur training for exchanges in the gym.
 
 Just as I do not feel embarrassed at the gym,
 I want to keep safety boxing.
 
 Let's finish it intact anyway. "
 
 You started a preparatory movement.
 
 (I'd like to challenge the match in a perfect physical condition.
 Today I have to do something like this to damage damage ...)
 
 
 「おしっ、今日は西沢ジムで交流戦に向けたスパー練習をしよう。
 
 Sジムで恥ずかしい思いをしなくてすむように、
 テクニックを重視したセーフティ・ボクシングを心がけて欲しい。
 
 とにかくケガだけはしないでくれよ♪」
 
 君はライセンスを首から外すと準備運動を開始した。
 
 (できることならSジムとの交流戦は万全の体調で挑みたいなぁ~
 今日は慎重にスパーして、ダメージを抜くような一日にしなくては…)
 
 ----
 
 (I'm not up to "kina" ....
 Fatigue seems to be accumulated, but it is an important time.)
 
 A trainer suddenly releasing the upper to you.
 You avoid sudden blows in Swed!
 
 A trainer cheerfully speaks to you who is amazed.
 
 "I'm walking with confidence, but "kina".
 The movement now, the boxer itself. Cheer up! It is! "
 
 (う~む、"kina"君の表情がどんよりと暗いような気がする。
 きっと疲労が蓄積されているんだろうが、今こそ大事な時期なんだぜ…)
 
 君の瞳を覗き込むと、突然グワッとアッパーを放つ会長。
 不意に放たれた一撃にも関わらず、鼻先スウェーで避ける君。
 
 唖然としたまま立ち尽くしていると、会長が明るく声を掛ける。
 
 「な~んか自信なさそうに歩いてるけどさ、"kina"君。
 今の動き、ボクシングが染み込んだヤツの動きだぜ♪ 元気だそっ!」
 
 ----
 
 ""Kina"! Damage, have you missed it?"
 
 Recent trainers first check damage.
 Will the trainee break in spar hell of every day? I am worried.
 
 (Reflective action in the spar and breathing.
 And grasp of the chance to fall suddenly ...!
 
 These can only be obtained with a rival spar!
 Every hard day, but now I want you to trust me.
 
 You ought to be able to reach, in the new world of boxing ...! )
 
 
 「おっ、"kina"君! ダメージ、抜けたかな?」
 
 最近の会長は君が玄関から入ってくるとすぐにダメージの確認をする。
 連日の\"スパー地獄\"で練習生が壊れてしまうのでは? と心配なのだろう。
 
 (とっさにパンチを殺す反射動作やスパー中の自然な呼吸リズム。
 そして、パンチ交換の最中に突然訪れる刹那タイミングの把握…
 
 これらは互角の実力を持つ相手とのスパーでしか得られない!
 確かにキツイ毎日だと思うが、今は俺を信じて、ただ信じて欲しい。
 
 お前達は辿り着けるはずなんだ、ボクシングの新世界に…!)
 
 ----
 
 "Is it difficult to win?
 
 Every time I do similar fighting way,
 Gray accumulation damage is not missing ... "
 
 You listen to the trainer's advice.
 
 "Boxing is a competition where opponents are.
 Let's examine the person's attitude.
 
 Accumulation damage will decrease if you reduce spurs.
 It is courage to finish without battle. "
 
 
 「ん? 勝ち抜くのが難しい?
 
 ふーむ… 考えられる原因は、毎回同じような戦い方をしているか、
 灰色の蓄積ダメージが慢性的に溜まっているか、だろうなぁ…」
 
 すっかりボクサーの顔になった君は、会長のアドバイスに耳を傾ける。
 
 「ボクシングは一人でやるスポーツじゃない。相手がいるから戦える。
 自分の得意スタイルよりも、相手の苦手なスタイルを探ってみろ!
 
 ダメージの蓄積は日々の練習量、スパーを減らすことで対応できる。
 連戦せずに疲れる前にスパッと終了。元気になってから 勝負!」
 
 ----
 
 A trainer who looks deeply in front of you in line.
 
 "Tanaka, Miura, murata, inoue, and "kina"...
 We finally got five practitioners able to spar. "
 
 Five people who were boxing beginners
 He grew up to be called a boxer.
 
 "Let's spur with this member for a while and improve our skills.
 Be careful not to suffer accumulation damage at that time.
 
 If you have the skill, it is an exchange game with other gyms! "
 
 ジムにメンバーが揃い、一列に並んだ君たちを感慨深く眺める会長。
 
 「野村君、直樹、小島君、高原君、そして"kina"君…
 ついに我が西沢ジムにもスパーのできる練習生が五人揃った♪」
 
 会長の強引とも思える \"いきなりスパーリング指導\" により、
 ボクシング初心者だった五人がボクサーと呼べるまでに育ったのだ。
 
 「しばらくこのメンバー同士でスパーを行い、技術を磨いていこう。
 その際、残るようなダメージを受けないように注意して欲しい。
 
 一定の実力が備わった、と俺が判断したら他のジムとの交流戦だ!」
 
 ----
 
 "Oh, finally you got the basics of boxing!
 Combine the basics from today and establish your style! "
 
 As you strike the sandbag, you start exploring your style.
 
 (There are many people who close their eyes when they fear.
 
 "Kina", you have the potential as a boxer.
 Later on you will be stronger by spar, reflections, ingenuity! )
 
 You felt expectation from the trainer.
 I raise my gear to the limit to sandbag and kept on ...
 
 「おーしっ、ついに君は ボクシングの基本 を習得したっ!
 今日からは基本を組み合わせ、自分スタイルを確立するんだ!」
 
 君はサンドバックを叩きながら、自分スタイルを模索しはじめる。
 
 (運動神経が良くても恐怖を前にすると目を閉じてしまう練習生は多い。
 
 "kina"よ、お前にはボクサーとしての 素質 がある。
 後は日々のスパー、日々の反省、日々の工夫で強くなっていくんだ!)
 
 会長の熱い視線から期待を感じた君は、更なる可能性を見せたくて、
 無敵のサンドバックを前に自分のギアを限界まで上げて打ち続けた…
 
 ----
 
 (It is getting pretty hard to win ...)
 
 You rested, you are looking at the spar of "cona".
 I thought of myself limits suddenly.
 
 (The body is too tinged, is this side my limit?)
 
 As I closed my eyes, tears seemed to come in,
 You looked up ....
 
 ("Cona" is good at counters for body attacks.
 Let's attack the body after he got tired ...)
 
 (なかなか勝てなくなってきたなぁ…)
 
 手を休めた君は、他の練習生と戦う"cona"君をぼんやり眺めている。
 相手の隙を見逃さずに打つ姿に感心しつつ、自分自身の限界を思った。
 
 (ふぅ~、体もボロボロだし、この辺が俺のゲ・ン・カ・イ、なのか?)
 
 静かに目を閉じると、熱いモノが込み上げてきそうだったので、
 君は無理やり自分の限界から目を逸らし、前向きな気持ちで上を向く。
 
 ("cona"君の得意パンチは、ボディ攻撃に対する顔面へのカウンター。
 ここは地道に制空権争いを展開、疲れた頃に勝負を賭けてみるか…)
 
 ----
 
 Inoue has a long boxing fan history.
 Fondness for boxing, love is deeper than anyone.
 
 "I want to live a life that has always been related to boxing."
 
 Prizefighter, trainer, judge, referee, mania ...
 
 There are hundreds of ways to go out with boxing.
 Inoue and trainer may be friendship ...
 
 "Let's go out with boxing for a long time each other"
 
 ボクシングを実際に始める前に長いボクシング・ファン歴がある高原君。
 ボクシングというスポーツに対する思い入れ、愛情は誰よりも深い。
 
 「どんな形であれボクシングに関わった生活を送りたい、と。」
 
 プロボクサー、ジムボクサー、ジャッジ、レフリー、マニア…
 
 ボクシングと付き合っていく方法は人それぞれ何百通りだってある。
 ある意味、高原君と会長は 同志 といった関係なのかも知れない…
 
 「お互い末長くボクシングと付き合えたらいいよねぇ~♪」
 
 ----
 
 \"Long time no see, trainer. I've been busy lately recently.\"
 
 Although inoue is in SE, muscles are developed.
 Boxers are also more boxing enthusiasts.
 
 \"There are places I do not know on the PC ...\"
 
 Without manipulating the shortcut keys freely,
 We will solve trainers' troubles one after another.
 
 After finishing work, on the face of a boxer!
 
 
 「お久しぶりです、会長。最近、ちょっと仕事が忙しかったんで…」
 
 システムエンジニアにも関わらずやけに筋肉が発達している高原君は、
 ボクサーである以前にボクシング・マニアとしての一面も持っている。
 
 「ちょうど良かった高原君、パソコンのキャプチャーについてだけど…」
 「先週の東洋戦、録画失敗したんだけどもしかして録画してない?」
 
 マウスを使わずにキーボードだけでPCをカチャカチャと自在に操り、
 溜まっていた会長の悩み相談を次々と解決していく姿はまさにプロ。
 
 一通りPCの作業を終えるとクルッと振り向き、ボクサーの顔に…!
 
 ----
 
 (Hmm, murata is strong, it is too strong ...)
 
 You rested, you are looking at the spar of "cona".
 I thought of myself limits suddenly.
 
 (The body is too tinged, is this side my limit?)
 
 As I closed my eyes, tears seemed to come in,
 You looked up ....
 
 (Murata's hard guard, the first one will be guarded ...
 First time? Does that mean that the one-two falls on? It is! )
 
 (ふ~む、小島君は強い。強すぎる…)
 
 自信を失った君は、他の練習生と戦う"cona"君をぼんやり眺めていた。
 相手の隙を見逃さずに打つ姿に感心しつつ、自分自身の限界を思った。
 
 (ふぅ~、体もボロボロだし、この辺が俺のゲ・ン・カ・イ、なのか?)
 
 静かに目を閉じると、熱いモノが込み上げてきそうだったので、
 君は無理やり自分の限界から目を逸らし、前向きな気持ちで上を向く。
 
 (小島君独特の鉄壁ガード、まず一発目は確実にガードされてしまう…
 ん? 一発目? ってことはワンツーのツーとか当たるんじゃ?!)
 
 ----
 
 (Hmm, murata is strong, it is too strong ...)
 
 You rested, you are looking at the spar of "cona".
 I thought of myself limits suddenly.
 
 (The body is too tinged, is this side my limit?)
 
 As I closed my eyes, tears seemed to come in,
 You looked up ....
 
 (Attack the body and weaken the recovery of murata.
 Opportunities will surely come in the second half! )
 
 (ふ~む、小島君は強い。強すぎる…)
 
 自信を失った君は、他の練習生と戦う"cona"君をぼんやり眺めていた。
 相手の隙を見逃さずに打つ姿に感心しつつ、自分自身の限界を思った。
 
 (ふぅ~、体もボロボロだし、この辺が俺のゲ・ン・カ・イ、なのか?)
 
 静かに目を閉じると、熱いモノが込み上げてきそうだったので、
 君は無理やり自分の限界から目を逸らし、前向きな気持ちで上を向く。
 
 (序盤は地道にボディ攻め、"+cona+"君の回復を弱めることに集中しよう。
 ほぼ無傷で凌げれば、後半は有利。必ずチャンスが訪れるはずだ…)
 
 ----
 
 "Every fighting spot has something in common ..."
 
 Murata who has experienced Karate and Nippon Kempo,
 Boxing can be analyzed objectively.
 
 Murata who plays a spar equal to or more than a trainer,
 It is good at teaching though it is a trainee of gym.
 
 Sparring we are going to do with you is part of guidance.
 
 ("Kina", feel it from the spar with me ...)
 
 「どの格闘技にもやっぱり共通点がありますよ…」
 
 空手や日本拳法に身を投じ、様々な格闘経験を持つ小島君の知識は、
 外からボクシングを客観的に分析できる為、会長も興味津々の様子だ。
 
 かつては何度も会長に対して互角以上のスパーを演じた小島君は、
 ジムの練習生であると同時に、新しい練習生への指導も行っている。
 
 もちろんこれから君と行うスパーリングも指導の一環である。
 
 ("kina"、俺とのスパーから何かを感じ取ってくれ…)
 
 ----
 
 A weird sound from the outside of the gym ...
 
 "Trainer, please lend me a file because I rubbed my car"
 
 Murata came back fine in a few minutes.
 I have a new scar on my face, but I do not care.
 
 "Long time no see, recently I was doing Japan Kenpo.
 Does anyone have the same physique as myself today? "
 
 The trainer and the eyes of murata are at the same time to you
 
 君が準備運動をしているとジムの外からギィ~ッと不気味な音が…
 
 「会長! 小島ですけど車を擦っちゃったんでヤスリ貸してください♪」
 
 豪快な風貌の練習生、小島君はたったの数分で元気に戻ってきた。
 よく見ると顔や拳にまだ新しい傷があり、格闘慣れが感じられる。
 
 「いや~、お久しぶりです。最近は日本拳法の道場ばかり行ってたんで。
 今日は試したい技があって来たんですけど、同じ体格の人いますかね?」
 
 彷徨っていた会長と小島君の視線が同時に君に向かって突き刺さった…