中世の建築士たち

The Builders: Middle Ages

BGAでプレイ
訳語は個人で訳したものです。実際のゲームとは異なる場合があります。
現在、このゲームのテーブルを立てることができるのはボードゲームアリーナプレミアム会員のみとなっています。

ゲーム画面

目的

労働者に建物を建築させることで最も多くの勝利点を獲得し、偉大な建築士となることを目指す。

画面説明


1:場。上段が建物カードの列、下段が労働者カードの列。この場は共通の場で、ここから必要なカードを取る
2:所持コイン数
3:建築完了した建物
4:建築中の建物
5:手元にある労働者カード
6:ファーストプレイヤーマーク

このゲームで使うもの

労働者カード:42枚

1:この労働者を派遣するのに支払わなければいけないコインの数
2:石材生産力
3:木材生産力
4:技術資源生産力
5:タイル生産力

建物カード:42枚(設備8枚を含む)

1:この建物の建築完了時に獲得するコイン
2:この建物の建築完了時に獲得する勝利点
3:建築に必要な石材生産力
4:建築に必要な木材生産力
5:建築に必要な技術資源生産力
6:建築に必要なタイル生産力

コイン
コインは労働者の派遣や追加アクション実行に必要
ゲーム終了時に所持しているコインのうち、10コインにつき勝利点1点を獲得する。

セットアップ

(BGAではセットアップが自動で行われます。読み飛ばしても構いません)
1.建物カードが全てシャッフルされ、「建築中」の面を上にして山札が作られる。この山札から5枚の建物カードが引かれ、一列に並べられる。
2.労働者カードのうち、「見習い」カードが各プレイヤーに1枚ずつ配られる。残りの全ての労働者カードがシャッフルされる。
3.シャッフルした労働者カードを建物カード山札のそばに表向きで置く。この山札から5枚の労働者カードが引かれ、一列に並べられる。
4.全てのコインがストック(以下、銀行と呼ぶ)に準備される。
5.各プレイヤーに10コインずつ配られる。
6.ファーストプレイヤーがランダムに決定される。そのプレイヤーにはファーストプレイヤーマークが付く。

ゲームの流れ

ゲームは誰かが終了条件を満たすまで、ファーストプレイヤーから順番に手番を実行することで進行します。自分の手番では、3アクションを実行することができます。望むなら、3アクションの他に、追加のアクションを実行することができます。
誰かがゲーム終了条件を満たしたらゲーム終了です。最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーが勝者となります。

ルール

自分の手番は3アクションポイントを持ってスタートします手番では、アクションポイントを消費してアクションを実行します(アクションによって必要なアクションポイントは異なります)。望むなら、追加のアクションポイントを獲得して、追加のアクションを1回、もしくは複数回実行することができます。追加のアクションを1回実行するたびに5コインが必要となります。

アクションは次の4つがあります。

・建築の着手
・労働者の雇用
・労働者の派遣
・コインの獲得

]それぞれのアクション詳細は次の通りです。

アクション詳細

建築の着手

このアクションを実行するにはアクションポイントを1消費します。
場に並べられている5枚の建物カードから1枚を選び、手元に置きます。このとき、場の空いたスペースには建物カードの山札からカードが1枚即座に補充されます。このアクションを同一手番に複数回繰り返し実行することもできます(必要なアクションポイントを支払って)。手元に置くことのできる建物カードの枚数に上限はありません。


1アクションポイントを支払って、このアクションを実行する。
場の「Chapel」を建設することにした。場にある「Chapel」のカードを取り、建築中の面を上に向けて手元に置いた。

労働者の雇用

このアクションを実行するにはアクションポイントを1消費します。
場に並べられている5枚の労働者カードから1枚を選び、手元に置きます。このとき、場の空いたスペースには労働者カードの山札からカードが1枚即座に補充されます。このアクションを同一手番に複数回繰り返し実行することもできます(必要なアクションポイントを支払って)。手元に置くことのできる労働者カードの枚数に上限はありません。


「Chapel」を建設するために労働者を雇います。そこで、「Craftsman」を取り、手元に置きました。

労働者の派遣

このアクションでは、派遣する労働者数によって必要なアクションポイント数が変動します。(詳細は後述)
自分の建築中の建物カードを1つ選び、そのカードとそばに労働者カードを置きます。これによって、労働者の各種生産力が建築中の建物へ供給されます。
労働者を置く際には、労働者カードの右上に表示されているコインを支払わなければいけません(支払ったコインは銀行へ戻される)。一度、建築中の建物へ派遣した労働者は、その建物の建築が完了するまで移動することはできません。

必要なアクションポイント数は次の通りです
  • 労働者を1人だけ派遣する場合
必要なアクションポイントは1です。派遣先の建物に既に労働者が派遣されているとしても、必要なアクションポイント数は変わりません。
  • 同一手番中に、同じ建物へ2人目の労働者を派遣する場合
必要なアクションポイントは2です。1人目の必要アクションポイントと合計して、3ポイント(1+2)を消費することになります。
  • 同一手番中に、同じ建物へ3人目の労働者を派遣する場合
必要なアクションポイントは3です。1人目と2人目の必要アクションポイントと合計して、6ポイント(1+2+3)を消費することになります。
  • 以降、1ずつ増えていく(?ちょっとよくわからない。分かり次第修正します)
  • ただし、同一手番中でも、異なる建物に労働者を派遣する場合に必要なアクションポイントは1ポイントとなります。



「Chapel」を建築するために、「Craftsman」を派遣することにした。1アクションと4コインを消費して派遣します。


コインの獲得

このアクションはアクション内容によって必要なアクションポイント数が変動します。
このアクションは次の通りに実行します。

1アクションポイントを消費すると1コインを獲得
2アクションポイントを消費すると3コインを獲得
3アクションポイントを消費すると6コインを獲得

補足:コインはゲーム終了時に10コインにつき1勝利点となります。


以上がアクションの詳細です。

建築の完了

これはアクションではありません。
建物に労働者を派遣した際、各建物に派遣されている全労働者の各種資源生産力の合計値が、その建物の建築に必要な値を満たした場合に、建物の建築が完了します。

建物の建築が完了したら、次の処理が行われます。
  • 労働者
建築が完了した建物に派遣されていた全ての労働者が元のプレイヤーの手元に戻ります。
  • 収入
建物カードに表示されている数字分のコインと勝利点を獲得します。その後、建物カードは裏返され、建築完了の面が上になります。



「Chapel」は石材3、木材2、技術資源2、タイル3を必要とします。「Craftsman」を4コインを支払って「Chapel」へ派遣しました。「Craftsman」は技術資源生産力1、タイル生産力3を供給します。これによって「Chapel」の建築が完了しました!建築が完了したので、「Chapel」の建築のために派遣されていた全労働者が手元に戻ります。そして、「Chapel」に示されている18コインを獲得し、この建物カードを裏返します。そして、5勝利点を獲得します。

設備

「設備」は特殊な建物カードの一種です。建築が完了した「設備」はコストを必要としない労働者として扱われます。(設備の稼働にコインは必要ありません)
設備は他の建物と同様に建築します(建築が完了したら勝利点ももちろん獲得できます)。

ゲーム終了

誰かの手番終了時に、勝利点が17点以上(建物と設備の勝利点のみ。コインによる勝利点は含まない)だった場合、ゲームの終了条件が満たされます。
全員が同じ手番数となるように、まだ手番を行っていないプレイヤーは最後の手番を行います(スタートプレイヤーの前のプレイヤーが最後の手番を行うまでゲームは続きます)。
つまり、スタートプレイヤーの手番終了時にゲーム終了条件が満たされた場合は、他の全てのプレイヤーが最後の手番を行います。一方で、スタートプレイヤーの前のプレイヤーの手番終了時にゲーム終了条件が満たされた場合は、ゲームは即座に終了します。
ゲームが終了したら、勝利点を計算します。
ゲーム終了時に所持していたコインのうち10コインにつき1勝利点を獲得します。これにゲーム中に獲得していた勝利点を合計して、最も多くの勝利点を獲得していたプレイヤーが勝者です。