ニッポン: 明治維新

ゲーム画面


目的

様々なアクションを実行し、日本列島の各地で自分の影響力を高めることで勝利点を獲得する。さらに、様々な業績を達成することでも勝利点を獲得できる。最終的に最も多くの勝利点を獲得することを目指す。 -以下ゲームの時代背景とフレーバーテキスト

明治時代の日本-鎖国し、海外との通商もほとんどなかった封建主義国家-が、西洋化した近代国家に変わろうとしました。明治政府は使節を諸外国に派遣し、西洋から技術者や研究者を連れ帰り、鉄道を建設し、日本はめざましい速さで産業革命を成し遂げました。
この時代、政府の政策上の力となるのは、強大な力によって日本経済を大規模に支配している4つの巨大複合企業でした。これらの企業は財閥と呼ばれ、政府や日本経済に対する影響は大きく、日本の運命における重要性は途方もなく大きなものでした。
「ニッポン:明治維新」では、プレイヤーは財閥を操って新たな産業に投資したり、技術的知識を向上させたり、外国に商品を輸出したり、国内需要を満たしたり、日本の迅速な産業化を担うことで影響力や権力を増大させたりして勢力を広げることを目指します。
財閥の礎は昔ながらの絹糸工場ですが、彼らはすぐに影響力と権力を多様化させて、相互につながった企業の複合体構造を作り上げ、世界の新たな工業時代における最大手となります。各プレイヤーはこれらの巨大企業を統率し、成長させて力を得ようとします。
このゲームで勝利するためには、プレイヤーは日本列島で最も強い影響力を持つために、投資する産業の種類を慎重に選ばなければいけません。全てのアクションが、新たな機会に続く独自の道を築くのに役立ちます。
「ニッポン:明治維新」は難しい決断を必要とするハイテンポな経済ゲームで、日本の近代史において重要な新たな大国家の誕生の瞬間を舞台にしています。

コンポーネント

このゲームで使用するコンポーネントです。

ボード

このゲームでは共通のゲームボードと、各プレイヤー個人が所有するプレイヤーボードの2つのボードを使用します。
ゲームボードの各所の名称を示します。

地域は
地域1が西日本
地域2が中日本
地域3が東日本
地域4が北海道
となっています。(地域1~3の分け方は謎ですが…)

プレイヤーボードの各所の名称を示します。


BGAでの画面の見方

  • プレイヤーインフォメーション

1:勝利点
2:所持している石炭の数
3:所持している円紙幣
4:所持している青写真タイル
5:各トラックのレベル、左から、石炭トラック、収入トラック、知識トラックです

  • 各プレイヤーの手元

1:裏向きの(達成した)契約タイル
2:表向きの(未達成の)契約タイル
3:所持している影響力タイル
4:所持している工場タイル
5:その工場で生産されている製品
6:保持している機械タイル


これから説明するのは4人プレイでのルールです。2、3人プレイでの変更点は適宜示します。

ゲームの準備

BGAではセットアップは自動的に行われるので、ここは読み飛ばしても構いません。
  • 各プレイヤーには次のものが配られます。配られるものはプレイヤーカラー(黄色、赤、紫、青)と同じ色です。
1.契約タイル:8枚。8枚全て内容が異なります。配られる契約タイルのセット下記の画像の通りです。契約タイルは他プレイヤーから確認できるようになっています。

2.青写真タイル1
3.影響力タイル:10枚(価値1~7)
  • 勝利点
スタートプレイヤーは10点、2番手のプレイヤーは11点、3番手のプレイヤーは12点、4番手のプレイヤーは13点の勝利点を得ます。
  • プレイヤーボード
各プレイヤーにはプレイヤーカラーと同じ色のシンボルがついたプレイヤーボードが配られます。このシンボルは財閥を表します。

ここには以下のものが置かれます。
円紙幣:12000円が予算エリアに置かれる
2個の石炭(黒キューブ):予算エリアに置かれる。
(黒キューブは置かれた場所によって表すものが変化します。予算エリアに置いたものは石炭を表します)
6枚の船タイル:船エリアに「2勝利点」のアイコンが書かれている面を上にして置かれる
6枚の鉄道タイル:鉄道エリアに「+2」のアイコンが書かれている面を上にして置かれる
黒キューブ:石炭トラックの2の位置に1個、収入トラックの12の位置に1個、知識トラックの1の位置に1個置かれる
(黒キューブはプレイヤーボードの各トラック(石炭、収入、知識)でそれぞれのレベルを表すのに使われます。キューブが一番上のマスより上に行くことはありません。)
  • 工場タイル
生産する製品の種類(カード下部に記載)ごとに分けられて置かれる。
製品の種類は次の6種類がある。
  • 報賞タイル
報賞タイルが裏面の勝利点乗数ごとに分けられ、さらに、表面のボーナス内容ごとに分けられたタイル山ができる。これらをメインボードの報賞スロットにボーナス内容の面を表にして置かれる。裏面の勝利点乗数が2倍のタイルが一番左の列に、3倍のタイルをその隣に、以下同様に全て置かれる。
  • 都市タイル
日本地図は4つの地域に分かれていて、各地域には2つの都市スロットがあります。
都市タイルがメインボードの各都市スロットにランダムに1枚ずつ表向きに置かれます。残ったタイルは使いません。
  • ワーカーコマ
全てのコマが袋に入れられる。コマには様々な色がありますが、プレイヤーの色や工場の色と関係ありません。
  • アクションスロットとワーカー列
ランダムにワーカーコマがメインボードの各アクションスロットに3個ずつ置かれる。ワーカー列にも同様に並べられる。

残った機械タイル、青写真タイル、黒キューブ、円紙幣等は共通のサプライとなります。
ゲーム中にお金の支払いをしなければいけない時は、支払いは円紙幣で行います。自分のプレイヤーボード上の予算エリアにある円紙幣を取り、サプライへ戻すことで支払いが行われます。円紙幣や石炭を得る際には、サプライから取り、自分のプレイヤーボードの予算エリアに置きます。
青写真タイルはその「価値」の分だけ受け取ったり捨てたりします。枚数ではないことに注意してください。
:「2」の青写真タイルを受け取る時、価値1の青写真タイルを2枚か、価値2の青写真タイルを1枚受け取ります。
サプライに上限はありません。

2,3人プレイでの変更点
  • 報賞タイル
3人プレイ:報賞タイルの各列からランダムに1枚の報賞タイルが除かれる
2人プレイ:報賞タイルの各列からランダムに2枚の報賞タイルが除かれる
  • ワーカーコマ
3人プレイ:各色のコマのうち、1個を取り除く
2人プレイ:各色のコマのうち、2個を取り除く
  • アクションスロットとワーカー列
3人プレイ:ワーカー列を3列のみ使用し、各列に3個ずつのワーカーを配置
2人プレイ:ワーカー列を2列のみ使用し、各列に2個ずつのワーカーを配置

ゲームの流れ

スタートプレイヤーから時計回りに(BGAでは画面右側のプレイヤーインフォメーションで上から下の順番に)各プレイヤーにターンが回ってきます。自分のターンでは次の2つのアクションのうち、どちらか1つを選んで実行しなければいけません。何もしないでパスをすることはできません。
・メインボードからワーカーを1個取り、アクションを行う(実行可能なアクションについては後述)
・統合整理(詳細は統合整理の項目を参照してください)

なお、自分のターン中になら青写真タイル3を捨て、各トラック(収入トラック、石炭トラック、知識トラック)を1段階上げることができます。これは青写真タイル3を捨てられることができるなら何度でも実行できます。
(BGAの操作上の説明)
このアクションで各トラックの段階を上げるには、自分のプレイヤーボードの段階を上げたいトラックをクリックします。

ゲーム中、得点計算が3回発生します(詳細は後述)。3回目の得点計算が終わったらゲームは終了し、各プレイヤーの最終的な勝利点を計算します。そして、最も多くの勝利点を獲得していたプレイヤーが勝者です。

では、この2つのアクションの実行しなければならないことを説明していきます。

ワーカーを取ってアクションを行う

次のことを必ず実行しなければいけません。
1.メインボードのアクションスロットからワーカーを1個取る

2.自分のプレイヤーボードのワーカースロットの空いているスロットのうち、一番左側のスロットに取ったワーカーを置く

3.ワーカーを取ったアクションスロットに対応するアクションを1回だけ実行する。もし、2つのアクションが描かれているアクションスロットからワーカーを取った場合、どちらか1つのアクションを選んで1回だけ実行する(詳細は後述)。

プレイヤーボードのワーカースロットには最大で6個までワーカーを置くことができます。プレイヤーボードに6個のワーカーが置かれた場合、次のターンではワーカーを取ってアクションを実行することはできず、「統合整理」を必ず実行しなければいけません(詳細は後述)。
※重要事項:プレイヤーはアクションを1つだけしか実行できません。また、完全に実行できるアクションを選ばなくてはいけません。選んだアクションは必ず実行しなければいけません。
取ったワーカーの色は実行するアクションに影響を及ぼすことはなく、関係ありません。ワーカーの色は「統合整理」の際に重要な要素となっています(詳細は統合整理の項目を参照してください)。

アクションスロットが空になった場合

あるプレイヤーのターン終了時にワーカーが1個も置かれていない空のアクションスロットができた場合、次の手順でワーカーを補充します。
1. ワーカー列のスロットのうち、ワーカーが置かれているスロットの一番上のスロットからワーカー1組を取る。

2. 取ったワーカー1組を空のアクションスロットに置く。

ワーカー列が空になった場合

ワーカーを補充したことでワーカー列が全て空になった場合、次の手順でワーカー列を補充します。
1.全てのアクションスロットはワーカーが3個になるようにランダムに補充される。

2.ワーカー列の一番上のスロットから順番に、各スロットに3個のワーカーが置かれるようにランダムにワーカーが補充される(ワーカーが足りない場合、補充できる分だけ補充する。ワーカーが戻されたら、その都度補充しなければいけない場所へワーカーを補充していく)。

3. 得点計算マーカーを右に1マス動かす

得点計算マーカー

ゲーム中に3回の得点計算が発生します。得点計算では、各地域ごとの影響力の大きさによって各プレイヤーは勝利点を獲得します。
得点計算マーカーが「一」を通過したら1回目の得点計算が起こります。

得点計算マーカーが「二」を通過したら2回目の得点計算が起こります。

得点計算マーカーが最初の金色のマスに到達したら、各プレイヤーは3回ずつ手番を実行し(全プレイヤーが1回手番を終了したらマーカーが1マス右へ動く)、その後、3回目の得点計算が起こります。

3回目の得点計算が終わったら、ゲーム終了となり、最終的な勝利点の計算が行われます。
例:
の3人プレイです。のプレイヤーの手番終了時にワーカー列の補充が発生し、得点計算マーカーが最初の金色のマスへ到達しました。の順に1回ずつ手番を実行します。のプレイヤーが手番が終わったら、得点計算マーカーが1マス右へ移動します。これを後2回ずつ行います。そして、のプレイヤーの3回目の手番が終わった後、3回目の得点計算が行われます。これでゲーム終了となり、最終的な勝利点計算が行われます。

アクションの詳細

ゲームボードからワーカーを取った場合、ワーカーを取ったアクションスロットに示されているアクションを1つ選び、必ず実行しなければいけません。
各アクションスロットからワーカーを取った時に実行できるアクションは次の通りです。

例えば、「国内市場」のアクションを実行する場合、一番右側のアクションスロットからワーカーを取らなければいけません。
2つのアクションが書かれているスロットからワーカーを取った場合は、どちらかのアクションを1つ選ばなければいけません。

次に、それぞれのアクションを選んだ際に実行しなければいけない事項を説明します。

投資


このアクションを選んだプレイヤーは工場を1個建設しなければいけません。
それぞれの工場タイルには次のことが示されています
  • その工場で生産される製品
  • レベル。レベルは3段階あります
絹糸と製紙工場はレベル1
弁当とレンズ工場はレベル2
時計と電球工場はレベル3
  • 製品を生産するのに必要な石炭の数
  • 製品の保管エリア
  • シナジーボーナス。各工場によってボーナスの内容は異なります(詳細は工場のシナジーボーナスの詳細の項目を参照してください)
  • 機械タイルスロット(表面のみ)
  • 工場建設に必要な知識レベル(裏面のみ)

レベル1の工場には知識レベル2、レベル2の工場には知識レベル4、レベル3の工場には知識レベル6が必要です。

工場を建設する時には以下の手順で建設します
1.建設可能な工場タイルを1枚選択する
2.6,000円を支払う
3.知識レベルを確認する。知識レベルはプレイヤーボードの知識トラック上の黒キューブで示されます。黒キューブが置かれているマスに数字が書かれていれば、それが知識レベルです。黒キューブが置かれているマスの横に数字書かれていなければ、それよりも下のマスに書かれている数字が知識レベルです。
例:黒キューブが3と4が書かれている間のマスに置かれているなら、知識レベルは3です

4.工場建設に必要な知識レベルが足りているなら、このステップはスキップします。もし、知識レベルが足りていないなら、足りない分だけ青写真タイルを捨てなければいけません。青写真タイルを必要なだけ捨てられないなら、工場を建設することはできません。
補足:知識レベルは消費するものではなく、建設に必要なステータスです。
:弁当工場(レベル2の工場)を建てる場合。この工場を建設するのに必要な知識レベルは4です。もし知識レベルが3しかない場合、青写真タイル1を捨てることで、工場を建設できます。

5.工場タイルを表向きにして自分の手元に置く
重要事項:1人のプレイヤーが同じ製品を生産する工場を2つ以上所持することはできません。

機械化


このアクションを選んだプレイヤーは1~3個の工場を「改良」しなければいけません。
1回の「改良」を実行するには5,000円を支払う必要があります。
このコストを支払って次のどちらかを選んで実行します。

・新たな機械の導入:機械タイルを1枚取り、自分が所持する任意の工場タイルの空いている機械スロットに「+1」の面を上にして置く

・機械性能の向上:自分が所持する任意の工場タイルに置かれている機械タイル1枚を裏返し、「+2」の面を上にする。既に「+2」の面が上になっているタイルに対してこのアクションは実行できません。

注意:一度工場タイルに置かれた機械タイルは移動させたり取り除いたりできません。
:5,000円を支払って絹糸の工場に新たに機械タイルを「+1」の面を上にして置きました。さらに、5,000円を支払ってこの機械タイルの性能を向上させて「+2」の面を上にしました。

機械化アクションを実行する場合、新たな機械の導入/機械性能の向上が可能な工場があるなら、これらのうちどちらかのアクションを必ず実行しなければいけません。
もし、これらのアクションを実行できる工場がないなら、機械タイル1枚につき5,000円を支払って購入し、これを保持することができます。保持する場合の機械タイルは「+1」の機械タイルとなります。
注意:機械タイルを保持しているプレイヤーは、次に自分が工場を建設したら、建設した工場に保持していた機械タイルを即座に置かなければいけません。さらに、機械タイルを2枚以上保持しているなら、置いた機械タイルに対して「機械性能の向上」アクションも実行しなければいけません。保持している2枚目の機械タイルを1枚捨て、工場タイルに置いた1枚目の機械タイルを裏返し、「+2」の面を上にします。

:+1の機械タイルが置かれた工場を持っています。5,000円を支払い、「+1」の機械タイルを裏返し、「+2」のタイルにしました。さらに10,000円を支払い、機械タイルを2枚を購入しました。この2枚の機械タイルを置くことができる工場を持っていないので、この2枚のタイルは保持しておきます。次に工場を建設したら、1枚の機械タイルを捨て、もう1枚の機械タイルを「+2」の面を上にして、建設した工場タイルに即座に配置しなければいけません。

生産


このアクションを選んだプレイヤーは自分が所持している工場タイルを1~3個を選び、対応する製品を生産しなければいけません。
補足:製品が生産されると、生産した工場タイルの製品保管エリアにキューブが置かれます。このキューブは対応する製品を表します(絹や紙、レンズなどです)。

製品を生産させる工場ごとに、次の手順でアクションを実行しなければいけせん。
1.工場タイルに示されている「製品の生産に必要な石炭の数」と同じ数だけの石炭を支払う。
注意:石炭が足りない場合、その工場では製品を生産することはできません。

2.1個のキューブが工場タイルの空いている製品保管エリアに置かれる
注意:製品保管エリアに1つも空きがない場合、その工場では製品を生産することができません。
3.工場タイルに置かれている機械タイルが示す数字(+1/+2)分だけ追加のキューブが可能な限り工場の製品保管エリアに置かれる。
注意:追加のキューブが置かれるスペースが足りない場合は、置けるだけのキューブを置かれます。

(この例の画像では黒キューブですが、BGAでは白いキューブで製品が表されます。)

:絹糸工場を稼働し、製品を生産させることにしました。なお、この工場タイルには+2の機械タイルが置かれています。さらに、この工場の製品保管エリアには既に2個のキューブが置かれています。
まず、2個の石炭を支払いました。次に、3個のキューブ(+2の機械タイルが置かれているため。1+2=3個)を取りました。しかし、この工場タイルには既に2個のキューブが置かれていたため、2個のキューブを工場タイルの製品保管エリアに置き、残りの1個のキューブは捨てられました。

知識


このアクションを選んだプレイヤーは知識トラックを1~3段階の範囲で上げなければいけません。
  • 1段階上げるなら1,000円
  • 2段階上げるなら3,000円
  • 3段階上げるなら6,000円
知識トラック上の黒キューブが1段階につき1マス上に進みます。

なお、知識トラックのレベルには上限があり、黒キューブが知識トラックの一番上のマスにあるなら、これ以上レベルを上げることはできません。

鉱山


このアクションを選んだプレイヤーは石炭トラックを1~3段階の範囲で上げなければいけません。
  • 1段階上げるなら1,000円
  • 2段階上げるなら3,000円
  • 3段階上げるなら6,000円
石炭トラック上の黒キューブが1段階につき1マス上に進みます。

なお、石炭トラックのレベルには上限があり、黒キューブが石炭トラックの一番上のマスにあるなら、これ以上レベルを上げることはできません。

鉄道


このアクションを選んだプレイヤーは鉄道を1~3個建設しなければいけません。鉄道を1つ建設するには5,000円を支払う必要があります。
このコストを支払って、次の手順でアクションを実行します。
1.自分のプレイヤーボードから建設する数だけの鉄道タイルを左から順に取る。

2.取った鉄道タイルをメインボードの空いている鉄道・船スロットに置く。各地域には鉄道・船スロットが8マス分用意されています。1回のアクションで鉄道タイルを2枚以上置く場合はそれぞれの鉄道タイルは異なる地域の鉄道・船スロットに置かなければいけません。
補足:鉄道タイルを置いたプレイヤーは得点計算時に追加の影響力を得ることができます(詳細は得点計算の項目を参照してください)。

造船


このアクションを選んだプレイヤーは船を1~3個建造しなければいけません。船を1つ建造するには5,000円を支払う必要があります。
このコストを支払って次の手順でアクションを実行します。
  • 自分のプレイヤーボードから建造する数だけの船タイルを左から順に取る。
  • 取った船タイルをメインボードの空いている鉄道・船スロットに置く。各地域には鉄道・船スロットが8マス分用意されています。1回のアクションで船タイルを2枚以上置く場合はそれぞれの鉄道タイルは異なる地域の鉄道・船スロットに置かなければいけません。
補足:船タイルを置いているプレイヤーは得点計算時に追加の勝利点を得ることができます(詳細は得点計算の項目を参照してください)。

鉄道/造船での補足


プレイヤーボードから鉄道タイルと船タイルを取ることで上の画像のマークが完全に見えるようになったら、そのプレイヤーは即座に収入トラックを1レベル上げます。そして、収入トラック上の黒キューブを1マス上に進めます。ただし、既に収入トラックの一番上のマスに黒キューブがあるなら、何も起こりません。

・2,3人プレイでの鉄道・船スロットの数についての変更点
3人プレイの場合は各地域に鉄道・船スロットが6マス分用意されます。つまり、各地域に鉄道/船タイルは6枚しか置けません。
2人プレイの場合は各地域に鉄道・船スロットが4マス分用意されます。つまり、各地域に鉄道/船タイルは4枚しか置けません。

輸出


このアクションを選んだプレイヤーは1~3個の契約を達成しなければいけません。

各プレイヤーにはゲーム開始時に内容の異なる8枚の契約タイルが配られています。

達成したい契約タイルごとに、次の手順でアクションを実行しなければいけません。
1.自分が所持する契約タイルのうち、表向きの(まだ達成されていない)タイルを1枚選択する。

2.選択した契約タイルに描かれている白いキューブの絵に従って、自分が所持している工場の製品保管エリアにある製品を捨てる。
白いキューブの個数は、異なる種類の製品を何種類捨てる必要があるのかを示しています。
白いキューブに書かれている数字は、同じ種類の製品を何個捨てる必要があるのかを示しています。
注意:1つの契約を達成する場合には、1回のアクションで全て達成しなければいけません。(例えば、1種類の製品を3個捨てなければいけない契約を達成する際に、1ターン目で1個、2ターン目で2個の製品を分割して捨てることで契約を達成するようなことはできません。)


この契約タイルを達成するためには、1つの工場から2個のキューブと、別の工場から1個のキューブを捨てなければいけません。

上記の手順で契約を達成したら、次の処理を実行します。
1.契約タイルの左下に示されているボーナス(お金か勝利点)を獲得
2.自分の収入トラックのレベルを上げる。レベルを上げたら、収入トラック上の黒キューブを1~3マス上に進める。どれくらいレベルを上げるのかは契約タイルの右下に示されています。ただし、右下に何も描かれていない場合はレベルを上げられません。なお、黒キューブが既に収入トラックの一番上のマスにあるなら、何も起こりません。
3.契約タイルを裏向きにする

先の例の契約を達成したら、2勝利点を獲得し、収入トラックのレベルを1上げます。そして、この契約タイルを裏向きにします。

(裏向きの契約タイルは左上に緑色のチェックマークが描かれています)

都市と製品の需要

これから「都市」と「影響スロット」について説明しますが、これらの説明は、「国内市場」アクションの詳細を理解しやすくするためのものです。
各地域には2つの都市があります。都市タイルは、その都市での製品の需要を示しています。
各都市の周りには都市タイルが置かれるマスの隣に4つの影響スロットがあります。

注意:影響力スロットに書かれている数字は、その地域で海外企業(いわゆるダミープレイヤーのこと)の持つ現在の影響力を示しています。
これらの数字は「国内市場」アクションを実行する際には関係がありません。ただし、得点計算の際に、影響力タイルが置かれていないマスの数字が重要になります。
:

この都市ではレンズ、紙、絹、電球に需要があります
「国内市場」アクションを実行したら、都市タイルに示されている製品のいずれかを捨て、捨てた製品に対応するマスに自分の影響力タイルを置くことになります。

この都市の需要を満たすために、絹糸を捨てた。絹糸の隣の影響力スロットに自分の影響力タイルを置きます。

国内市場


このアクションを選んだプレイヤーは1つの地域を選び、その地域の都市の影響力スロットに自分の影響力タイルを置かなければいけません。

影響力タイルを置くには、以下の手順でアクションを実行しなければいけません。
1.都市タイルに示されている製品のうち、影響力タイルを置きたい影響力スロットに隣接して示されている製品を1~3個捨てる(対応する製品の工場の製品保管エリアにあるキューブを捨てる)。
2.捨てた製品の個数に対応する数字の影響力タイル1枚を、対応する影響力スロットに置く。
3.即座に地域ボーナスを受け取る(影響力タイルを置いた地域に対応する地域ボーナス)。地域ボーナスは5,000円、石炭2個、青写真タイル2、2勝利点があります。

注意:1度のアクションで影響力タイルを複数枚置く場合は、全ての影響力タイルを同じ地域に置かなければいけません。2枚目以降の影響力タイルを置く際、1枚目の影響力タイルを置くときに捨てた製品とは異なる製品を捨て、対応する影響力スロットに、対応する影響力タイルを置くことができます。

影響力タイルの価値

プレイヤーが置くことのできる影響力タイルの価値は、捨てる製品の種類と個数によって変動します。
なお、本来置くことができる影響力タイルの価値よりも低い価値の影響力タイルを置くこともできます。
製品を生産する工場のレベルと製品を捨てた個数によって、次のように置くことができる影響力タイルの価値が変動します。

  • 製紙工場(白の工場)から3個のキューブを捨てることで価値3の影響力タイルを置くことができる
  • 時計工場(緑の工場)から2個のキューブを捨てることで価値6の影響力タイルを置くことができる

注意:製品を捨てる際、異なる影響力タイルを得るために、キューブを分割して捨てることができます。

時計工場(緑の工場)から3個のキューブを捨てることにした。この際、キューブ1個を捨てて価値5の影響力タイル1枚を得て、残りのキューブ2個を捨てて価値6の影響力タイル1枚を得ることができます。もちろん、価値7の影響力タイル1枚を得るためにキューブ3個を捨てても構いません。

利用できる影響力スロット

影響力タイルを置けるのは、次の条件のうち、いずれかを満たす影響力スロットのみです
・影響力タイルが置かれていない影響力スロット
・既に影響力タイルが置かれている影響力スロットのうち、置こうとしている影響力タイルよりも価値の低い影響力タイルが置かれている影響力スロット
(既に置かれている影響力タイルというのは、どのプレイヤーが置いたのかは関係ありません。もちろん自分が置いた影響力タイルであっても対象です)この場合は、新たに影響力タイルを置いた場合、既に置かれていた影響力タイルは元の持ち主の手元に戻ります。



前のターンで、のプレイヤーが時計工場から1個のキューブを捨てることにより、価値5の影響力タイルを置いています。今、のプレイヤーが時計工場から3個のキューブを捨て、のプレイヤーが影響力タイルを置いていた場所に、自分の価値7の影響力タイルに置き換えました。
のプレイヤーが置いていた価値5の影響力タイルは、のプレイヤーの手元へ戻ります。


2,3人プレイでの変更点

3人プレイ:各都市には影響タイルを3枚までしか置くことができません
2人プレイ:各都市には影響タイルを2枚までしか置くことができません
さらに、2,3人プレイの場合、次のルールが追加されます
既に影響力タイルが最大数置かれている都市に、新たな影響力タイルを空いている影響力スロットに置きたい場合は、既に置かれている影響力タイルのうち、新たに置く影響力タイルよりも低い価値の影響力タイル(このタイルはどのプレイヤーのものかは問わない)を取り除き、空いている影響スロットに新たな影響力タイルを置きます。取り除く際には、最も価値の低い影響力タイルが取り除かれますが、対象となるタイルが複数枚ある場合は、手番プレイヤーがどのタイルを取り除くのかを選択します。


2人プレイです。既に2つの影響力スロットが埋まっています。のプレイヤーが価値5の影響力タイルを置こうとしています。彼はのプレイヤーが置いた価値3の影響力タイルを取り除くことにしました。このとき、価値3以下の影響力タイルは置くことはできません。(一応、のプレイヤーは自分が置いた価値3の影響力タイルを取り除くこともできます。ただ、メリットはありません。)

統合整理


ワーカーを取って置くスペースがない、どのアクションも実行できない、もしくはワーカーを取りたくない場合は統合整理を実行しなければいけません。

統合整理は次の手順で実行します。
{
1.資産(お金と石炭)の棄却と獲得}
次の2つのことを実行しなければいけません。
・プレイヤーボードの予算エリアに置かれている円紙幣と石炭を全て捨てる。

・次のものを取り、予算エリアに置く:収入トラックのレベルに応じた円紙幣、石炭トラックのレベルに応じた石炭(黒キューブのあるマスの右の数字か、そのマスよりも下の数字)
:統合整理を実行します。全ての円紙幣と石炭を捨て、石炭5個と16000円を得ます。

2.報賞タイルの獲得
自分のプレイヤーボードに少なくとも3個のワーカーが置かれていないなら、このステップはスキップします。
自分のプレイヤーボードに少なくとも3個のワーカーが置かれているなら、次のことを実行します。

2-1.自分のプレイヤーボードのワーカーが置かれているワーカースロットのうち、最も右のスロット上部に示されている数字(2~5)と同じか、それよりも小さい数字を選び、選んだ数字に対応する報賞タイルをゲームボードから1枚取る。


ワーカーを4個置いていた。最も右のワーカースロットの上部に示されている数字は3なので、報賞スロットの「3」か「2」と描かれた列から報賞タイル1枚を取ることができる。

ゲームボードに、より大きい数字の報賞タイルしか残っていない場合は、このステップはスキップされ、報賞タイルは取れません。
もし、ゲームボードに1枚も報賞タイルが残っていないなら、報賞スロット右上に用意されている勝利点乗数x2のタイルを取ります。

これも残っていないなら、このステップはスキップされ、報賞タイルは取れません。

2-2.即座に、取った報賞タイルの表面に描かれているボーナスを受け取る。
ボーナスは次の3つのいずれかです:5,000円、青写真タイル2、2個の石炭

2-3.取った報賞タイル/勝利点乗数タイルは即座に勝利点が描かれている面を上にして自分のプレイヤーボードの業績エリアに置く。業績エリアの各マスには報賞タイル/勝利点乗数タイルを1枚だけ置くことができます。なお、2マスだけは勝利点乗数が最初から描かれています。これらのマスにゲーム中に報賞タイルを置く場合は、既に描かれている勝利点乗数の上にタイルを置きます。
もし、全てのマスが埋まっているなら、獲得した報賞タイル/勝利点乗数タイルは捨てられます。

注意:一度置いた報賞タイル/勝利点乗数タイルは取り除いたり、移動したり、他のタイルと取り換えることはできません。
ゲーム終了時に、業績エリアの各マスで示されている内容と、そこに置かれている勝利点乗数タイルによって勝利点を獲得します。
補足:より高い数字の報賞タイルの裏面はより高い勝利点乗数となっています。

3.賃金の支払い
自分のプレイヤーボードに置かれているワーカーに給料を支払わなければいけません。
支払う金額は、異なる色のワーカー1色につき3000円です。支払えない場合は、支払えない色1つごとに2勝利点を失います。勝利点を失うことで支払いをパスすることはできません。支払える分は必ず支払わなければいけません。
その後、プレイヤーボードのワーカーを全て取り除き、ワーカーを入れている袋に戻します。ワーカー列に並べるワーカーが足りていないなら、そのワーカー列にワーカーを置きます。


3色のワーカーがあるため、9000円を支払わなければいけません。

得点計算

ゲーム中に3回の得点計算があり、各地域ごとに得点が計算されます。

得点計算マーカーが得点計算トラックの「一」、「二」、「三」のマークを通過したら得点計算が行われます。
得点計算時には、地域ごとに、各プレイヤーの影響力を計算し、各プレイヤーの影響力の順位を決定します。
影響力は次の事項の合計値で決定されます。
  • 各地域に置かれている影響力タイル
  • 自分の影響力タイルが少なくとも1枚置かれている地域に自分の鉄道タイルを置いている場合は、その鉄道タイルの影響力も加算されます。

これによって各地域ごとに影響力の順位がつけられます。各地域ごとに、影響力の順位が1位、2位、3位のプレイヤーは勝利点を獲得します。
影響力の順位によって獲得する勝利点は次の通りです。

(表の見方)
縦の3列は何回目の得点計算かを示しています(一は1回目、二は2回目、三は3回目)。横の行は上から順に、それぞれの地域において、影響力が1位のプレイヤーが獲得する勝利点、影響力が2位のプレイヤーが獲得する勝利点、影響力が3位のプレイヤーが獲得する勝利点となっています。

同点の場合は、同点のプレイヤーが獲得する勝利点を合計し、当該プレイヤーで等分します(端数は切り捨て)。
例:1回目の得点計算です。
のプレイヤーは共に影響力6点で、のプレイヤーは影響力4点でした。{のプレイヤーは同点1位の影響力を持っているので(10+7)÷2=8(端数切捨て)点ずつの勝利点を獲得します。のプレイヤーの影響力は第3位だったので、5勝利点を獲得します。

海外企業と船タイル

  • 海外企業
重要!:海外企業は影響力の順位を決定する際に、追加のプレイヤー(いわゆるダミープレイヤー)としてカウントされます。各地域の空いている(影響力タイルが置かれていない)影響力スロットに書かれている数字の合計値が海外企業の影響力となります。
  • 船タイル

影響力の順位が1位と2位のプレイヤーは、それぞれ自分が置いた船タイルに示されている勝利点を追加で獲得します。

例1

2回目の得点計算です。
海外企業の影響力は空いている影響力スロットの数字の合計値なので(3+3+1で)7で第1位。
のプレイヤーは合計で6なので第2位。
のプレイヤーは合計で5(影響力タイルで1、鉄道タイルで4の合計5)なので第3位。
のプレイヤーは0(鉄道タイルを置いていますが、この地域に自分の影響力タイルを置いていないので鉄道による影響力は加算されません)なので第4位。
この地域では、のプレイヤーは11点と船タイルによって追加で2点、のプレイヤーは8点の勝利点を獲得します。のプレイヤーは勝利点を獲得できません。

例2:2回目の得点計算です。
紫、青、赤のプレイヤーの3人が影響力8で、海外企業の影響力は2でした。
3人のプレイヤーは同点なので、各プレイヤーはそれぞれ(15+11+8)÷3=11点(端数切捨て)の勝利点を獲得します。また、船タイルを置いているなら、各プレイヤーは自分が置いた船タイルから追加の勝利点を獲得します。

ゲーム終了

3回目の得点計算が終わったら、最終得点計算を行ってゲーム終了です。
最終得点計算では主に業績による勝利点についての処理を行います。詳細については、最終得点計算の項目を参照してください。
最終得点計算後、最も多くの勝利点を獲得していたプレイヤーが勝者です。同点の場合は、同点プレイヤーのうち、最終手番をプレイしたプレイヤーが勝者です。どちらも最終手番をプレイしたプレイヤーでない場合は、最終手番からより遠い(手番から逆順に数えて、より近い)プレイヤーが勝者です。

最終得点計算

3回目の得点計算のあと、最終得点計算が行われます。

賃金の支払い

まず、各プレイヤーが所持している円紙幣を全て捨てます。その後、各プレイヤーは自分の収入トラックのレベルに応じて円紙幣を得ます。そして、各プレイヤーのプレイヤーボードにあるワーカーに対して給料の支払いを行います(支払いのルールは統合整理の時と同じ)。もし、お金が足りない場合は、支払えない色1つにつき2勝利点を失います。

業績の詳細

各プレイヤーは自分のプレイヤーボードの各業績エリアから勝利点を獲得します。業績エリアの各マスには勝利点を獲得する条件が示されています。
各業績の内容によって基礎勝利点が計算されます。この基礎勝利点に次のように定められる勝利点乗数を乗じます
  • そのマスに勝利点乗数が描かれていない、かつ、勝利点乗数タイル(報賞タイル)も置かれていない場合は、「0」を乗じる。この場合は、その業績からは勝利点を得られない
  • そのマスに1xと描かれていて、かつ、勝利点乗数タイル(報賞タイル)が置かれていない場合は、「1」を乗じる
  • そのマスに勝利点乗数タイル(報賞タイル)が置かれている場合はタイルの勝利点乗数の数字を乗じる

各業績では基礎勝利点が次のように計算されます。
  • 業績 - 円紙幣

最終得点計算時(最後のワーカーへの支払いの後)に、自分が所持する円紙幣6000円ごとに勝利点1点を獲得する。
例:8000円を持っていました。基礎勝利点は1点です。

  • 業績 - 船

自分のプレイヤーボードの空の船エリアの上にある星マーク1つにつき勝利点1点を獲得する。
例:ゲーム中に船タイルを5枚ゲームボードに置きました。そのため、プレイヤーボードには1枚の船タイルが残っており、空の船エリアは5つで、対象となる星マークは3つです。基礎勝利点は3点です。

  • 業績 - 鉄道

自分のプレイヤーボードの空の鉄道エリアの上にある星マーク1つにつき勝利点1点を獲得する。
例:ゲーム中に鉄道タイルを3枚ゲームボードに置きました。そのため、プレイヤーボードには3枚の鉄道タイルが残っており、空の鉄道エリアは3つで、対象となる星マークは1つです。基礎勝利点は3点です。

  • 業績 - 影響力

自分の影響力タイルが少なくとも1枚以上(1枚を含む)置かれている地域1つごとに勝利点1点を獲得する。
このとき、鉄道タイルは影響力タイルとみなさないので注意すること。

  • 業績 - 機械化

自分が所持する工場タイルのうち、+2の機械タイルが置かれた工場タイル1つにつき勝利点1点を獲得する。

  • 業績 - 工場

自分が所持するレベル2とレベル3の工場タイル1つにつき勝利点1点を獲得する。
例:レベル2とレベル3の工場を合計で4個持っていました。基礎勝利点は4点です。

  • 業績 - 石炭

自分の石炭トラックの黒キューブがあるマスと、それよりも下のマスの星マーク1つにつき勝利点1点を獲得する。
補足:弁当工場の中に、シナジーボーナスによって追加の星マークを獲得できるものがあります。

  • 業績 - 知識

自分の知識トラックの黒キューブがあるマスと、それよりも下のマスの星マーク1につき勝利点1点を獲得する。
補足:製紙工場の中に、シナジーボーナスによって追加の星マークを獲得できるものがあります。
例:知識トラックの最大まで上げました。対象となる星マークは4個です。基礎勝利点は4点です。

  • 業績 - 契約

自分が所持する裏向きの(達成した)契約タイル2枚につき勝利点1点を獲得する。
例:裏向きの(達成した)契約タイルが5枚ありました。基礎勝利点は2点です。


業績での勝利点獲得の例
例1:契約の業績

裏向きの(達成した)契約タイルが5枚ありました。基礎勝利点は2点です。
しかし、このマスに勝利点乗数タイルを置いていなかったので、勝利点は獲得できません。なぜなら、このマスには最初から勝利点乗数(x1)が描かれていないからです。

例2:知識の業績

知識トラックの最大まで上げました。対象となる星マークは4個です。基礎勝利点は4点です。
このマスには勝利点乗数タイルを置いていませんでした。このマスには最初から勝利点乗数(x1)が描かれているので、勝利点乗数タイルを置いていなくても勝利点を獲得できます。獲得する勝利点は4×1=4点です。

例3:工場の業績

レベル2とレベル3の工場を合計で4個持っていました。基礎勝利点は4点です。
このマスに勝利点乗数タイル(x5)を置いていました。獲得する勝利点は4×5=20点です。


工場のシナジーボーナスの詳細

各製品には4種類の工場があり、それぞれには固有のシナジーボーナスがあります。ボーナスは特定のアクション中に効果が適用されるものと、一度だけ効果を使えるものの2種類があります。この効果は工場を建設したら即座に使用することができます。
確認:同じ製品を生産する工場を2つ以上建設することはできません。

絹糸工場

  • #1

統合整理時:追加で円紙幣2000円を受け取る。収入トラックが最大レベルでも追加で受け取れる。
  • #2

統合整理時:石炭を捨てる際、石炭を1個だけ残すことができる(円紙幣は全て捨てる)。その後、通常通りに石炭トラックのレベルに応じて石炭を得る(もちろん円紙幣も通常通りに得る)。
  • #3

鉄道/造船アクション時:鉄道タイルと船タイルを置いたことで、プレイヤーボードから下の画像のシンボルが完全に現れたら収入トラックの段階を上げる際に1段階ではなく2段階上げる。この効果は、この工場を建設する前に現れていたシンボルにも遡及して適用される。
  • #4

一度だけ:即座に5000円を得る。

製紙工場

  • #1

知識アクション時:知識アクション実行時、追加で知識トラックを1段階上げる
(同一ターンで2段階以上上げたとしても、追加で上がる知識トラックは1段階だけです。)
  • #2

知識アクション時:知識トラックの段階を上げる際、通常のコストを支払う代わりに0円、2000円、4000円を支払って、1,2,3段階、知識トラックを上げる。また、この工場の右上に描かれている星マークが業績 - 知識での勝利点が発生する対象としてカウントされる。
  • #3

一度だけ:即座に知識トラックを2段階上げる
  • #4

一度だけ:即座に青写真タイル2を得る

レンズ工場

  • #1

生産アクション時:この工場は石炭2個を支払うだけで製品を生産する(他のレンズ工場は3個必要)
  • #2

一度だけ:自分のプレイヤーボードの船タイルを全て裏向きにし、「3VP」の面を上にする。以降は造船アクション実行時、船タイルを「3VP」の面を上にしてゲームボードに置く。
  • #3

一度だけ:即座に2枚の船タイルをコストを支払うことなくゲームボードに置く。ただし、これらはそれぞれ異なる地域に置かなければい
けない。
  • #4

造船アクション時:通常コストを支払う代わりに、2000円、7000円、12000円を支払って、船タイルを1枚、2枚、3枚、ゲームボードに置く。

弁当工場

  • #1

生産アクション時:この工場は石炭2個を支払うだけで製品を生産する(他の弁当工場は3個必要)
  • #2

鉱山アクション時:石炭トラックの段階を上げる際、通常のコストを支払う代わりに0円、2000円、4000円を支払って、1,2,3段階、石炭トラックを上げる。また、この工場の右上に描かれている星マークが業績 - 鉱山での勝利点が発生する対象としてカウントされる。
  • #3

鉱山アクション時:鉱山アクション実行時、追加で石炭トラックの段階を1上げる。
(同一ターンで2段階以上上げたとしても、追加で上がるのは1段階だけです。)
  • #4

一度だけ:即座に石炭トラックを2段階上げる

時計工場

  • #1

生産アクション時:この工場は石炭3個を支払うだけで製品を生産する(他の時計工場は4個必要)
  • #2

一度だけ:自分のプレイヤーボードの鉄道タイルを全て裏向きにし、「+3」の面を上にする。以降は造船アクション実行時、鉄道タイルを「+3」の面を上にしてゲームボードに置く。
  • #3

一度だけ:即座に2枚の鉄道タイルをコストを支払うことなくゲームボードに置く。ただし、これらはそれぞれ異なる地域に置かなければいけない。
  • #4

鉄道アクション時:通常コストを支払う代わりに、2000円、7000円、12000円を支払って、鉄道タイルを1枚、2枚、3枚、ゲームボードに置く。

電球工場

  • #1

生産アクション時:この工場は石炭3個を支払うだけで製品を生産する(他の時計工場は4個必要)
  • #2

一度だけ:即座にコストを支払うことなく、機械化アクションを2回実行できる
  • #3

生産アクション時:この工場を稼働して製品を生産する場合、追加で1個の製品を生産する。ただし、製品保管エリアがいっぱいなら、追加で製品を生産できない。
  • #4

機械化アクション時:通常コストを支払う代わりに、2000円、7000円、12000円を支払って、機械化アクションを1回、2回、3回実行する。
添付ファイル