ナイアガラ

Niagara

BGAでプレイ

ゲーム画面

目的

プレイヤーは、急流に流されてナイアガラの滝に落ちないように気を付けながらカヌーで川を渡りつつ各所に散らばる宝石を集めます。

ルール

画面説明


①:陸地。ゲーム開始時には全員のカヌーがここにあります。また、ここに宝石を積んだカヌーが戻れば宝石を獲得できます。
②:天候ボード。雲のマーカーがあるところが現在の天候です。
③:各プレイヤーが選んだパドルカード
④:スタートプレイヤーマーカー
また、画面の右側が川の上流で、左側が下流となっていて、川は右から左に流れます。


ゲームの流れ

ゲーム開始時に各プレイヤーは1~6の数字と雲が描かれたパドルカード7枚を受け取ります。
ラウンドの開始時には全員が一斉にパドルカード1枚を選び、全員が選んだらスタートプレイヤーから順番にアクションを実行していきます。最後のプレイヤーがアクションを実行したら、使用されたパドルカードの数字によって川が流れます。その後、次のプレイヤーがスタートプレイヤーとなり、新たなラウンドが開始されます。これを誰かが勝利条件を満たすまで繰り返します。

カードの選択


ゲーム開始時に各プレイヤーにはこの画像のように1~6の数字が書かれたカードと雲が描かれたカードが1枚、計7枚のパドルカードが配られます。まず、全プレイヤーはこのカードの中から使いたいカードを選びます。1~6の数字が書かれたカードを選んだ場合はその数字分だけカヌーを動かせます。雲カードを選んだ場合は天候(後述します。)を変えられます。
一度使ったパドルカードは一旦、手札から無くなります。7枚全てのパドルカードを使い切ったら、再度7枚のパドルカードが補充されます。この7枚のパドルカードは全て使い切らないといけません。また、パスをすることはできないので、カードを出す順番には注意してください。

BGAでの操作上の説明
このラウンドで使いたいパドルカードまたは雲カードをクリックします。全員がカードを選び終える前なら、自分の他のカードをクリックすることで選びなおすことができます。

カヌーの移動

全プレイヤーが使用するパドルカードを選んだら、そのラウンドのスタートプレイヤーから順番にカヌーを移動させます(数字のパドルカードを出したプレイヤーのみ。雲カードを出したプレイヤーはカヌーを移動できません)。
カヌーを動かす場合にはパドルカードの数字分を必ず移動させなければいけません。例えば、5のパドルカードを出して4だけ移動させて止めるような事はできません。また、カヌーは上流、下流のどちらにも動かせますが、一度移動させたら逆方向には動かせません。例えば、5のパドルカードを出した場合、4だけ上流に移動させた後、1だけ下流に移動させるようなことはできません。
ゲーム開始時には全プレイヤーは2隻のカヌーを所持していますが、これらが陸地にあるか、川にあるかで移動のさせ方が少しだけ変わります。

2隻のカヌーがどちらも陸地にある場合

どちらか1隻だけをパドルカードの数字分だけ川に出して動かします。残りの1隻は動かせません。
+...

赤のプレイヤーは3のパドルカードを出しました。赤のプレイヤーのカヌーは2隻とも陸地にあるので、1隻だけを3移動させます(赤い丸がついているマスに移動させます)。

2隻のカヌーがどちらも川にある場合

必ず2隻のカヌーともパドルカードの数字分だけカヌーを動かさなければいけません
例えば、4のカードを出したらどちらのカヌーも4つずつ移動させなければいけません。片方のカヌーだけ4動かして、一方のカヌーは止めておくようなことはできません。また、移動力は分割できないので、両方のカヌーを2ずつ動かすとかいうようなことはできません。ただ、2つのカヌーを異なる方向(片方は上流に、もう片方は下流)に動かすことはできます。もちろんどちらも同じ方向に動かしても構いません。

1隻のカヌーが陸地にあり、もう1隻は川にある場合

川にあるカヌーはパドルカードの数字分だけ動かさなければいけません。陸地にあるカヌーはパドルカードの数字分だけ川に出して動かすか、そのまま陸地から動かさないでおくか選択します。

BGAでの操作上の説明
動かしたいカヌーをクリックすると、動かせるマスの周辺部が赤く変わります。その中から動かしたいマスをクリックします。

+...

青のプレイヤーは1のパドルカードを出しました。青のプレイヤーは1つのカヌーが川にあり、もう片方のカヌーは陸地にあります。そのため、青のプレイヤーは陸地にあるカヌーを動かすか陸地に留めておくかどうか選択できます。今回は川に出すことにしました。そこで、陸地のカヌーを1移動させます。(赤い丸がついているマスに移動させます。)

もう片方の川にあるカヌーは必ず動かさなければいけません。このカヌーを1移動させます。(赤い丸のついているどちらかのマスに移動させます。)
今回は陸地にあるカヌーを動かしましたが、動かさないで陸地に留めておいても構いません。また、両方のカヌーを動かす場合、動かすカヌーの順番はどちらからでも構いません。

宝石の積み下ろし

自分のカヌーが3~7マス目(下の画像で①~⑤のマス)にある時、パドルカードの数字から2を消費して宝石を積み下ろしできます。宝石の積み下ろしに関するルールは次のようになっています。

  • 宝石の積み下ろしはカヌーを移動させる前後のみ可能です。例えば、4のカードを出した場合、カヌーを2だけ移動させてから、移動先のマスで宝石を積み下ろしできるなら宝石を積み下ろせます。また、最初に宝石を積み下ろしてから、カヌーを2だけ移動させることもできます。
  • カヌーを移動させる途中で宝石を積み下ろすことはできません。例えば、6のカードを出して、2だけ移動させて、宝石を積んで、さらに2移動させるというようなことはできません。
  • 同一ラウンド中に同じ色の宝石を積んで下ろす(または、下ろして積む)ことはできません。ただし、異なる色の宝石を積んで下ろす(または、下ろして積む)ことは可能です。この場合にはパドルカードの数字を4消費します(積んで、下ろすため2ずつ消費するので、合計で4消費することになる)。
  • 1つのカヌーに積める宝石は1個だけです。


各マスでは基本的に以下の宝石を積めます。
①:アメジスト
②:ダイヤモンド
③:コハク
④:サファイア
⑤:ルビー
下流にある宝石ほど価値があります。つまり、アメジスト<ダイヤモンド<コハク<サファイア<ルビーの順で価値が高いです。
宝石を下ろす場合には、下ろしたマスにその宝石が置かれます。例えば、③のマスでアメジストを下ろしたとすると、アメジストが1個だけ③のマスに置かれます。その後、③のマスではコハクまたは、下ろされたアメジストのどちらを積むか選択できます。


BGAでの操作上の説明
宝石を積み込みたいカヌーをクリックします。その後、積む宝石をクリックします。



赤のプレイヤーは6のパドルカードを出しました。そこで、川にあるカヌーにダイヤモンドを積んでから4動かすことにしました。この場合は陸地に戻すことになります(下流に4マス動かすことができないため)。これで赤のプレイヤーはダイヤモンドを積んだカヌーを陸地に戻せたので、ダイヤモンドを無事に獲得することができました。
宝石を積んだカヌーを陸地に戻せた場合は、自動的にカヌーから宝石が下ろされ、その宝石を獲得します。
赤のプレイヤーのターン開始時には、赤のカヌーは1個川にあり、1個は陸地にありました。そのため、陸地にある赤のカヌーを動かすかどうかを選択できます。

そこで、赤のプレイヤーは陸地にあるカヌーを4移動させて、さらにダイヤモンドをカヌーに積みました。
これでどちらのカヌーの移動を終えたので、赤のプレイヤーのターンは終了します。


略奪

次の条件を全て満たす場合、他のプレイヤーのカヌーに積まれている宝石を略奪し、自分のカヌーに積むことができます。
自分の宝石を積んでいないカヌーを下流から上流に移動させる
その時、自分のカヌーが他プレイヤーの宝石が積まれているカヌーと同じマスで移動を終える
なお、略奪は必ずしも実行する必要はありません。必要なければ略奪はパスできます。


青のプレイヤーは4のパドルカードを出しました。青の2個のカヌーのうち1個は宝石が積まれていません。そこで、4マス上流に移動させて、そのマスで移動を終えました。これで略奪できる条件は満たされているので、青のプレイヤーは緑のカヌーから宝石(この場合はアメジスト)を略奪し、青のカヌーに積み込むことができます。


BGAでの操作上の説明
略奪をする場合は、略奪したいカヌーをクリックします。略奪をしない場合は、画面上部の「盗まない」をクリックします。

川の流れ

全プレイヤーのターンが終了したら、全員の出したパドルカード(雲カードは除く)のうち、最小の数字分だけ川が上流から下流に流れます。この際、天候の影響を受けて川が流れる量が増減します。

分岐

上流から数えて5マス目からは川が分岐し、流れる量が半分になります。最初は上に流れ、次は下、次は上・・・のように交互に流れていきます。
+...

この状態で川が「3」流れるとします。すると、①のマスは上に流れ、②のマスは下に流れ、③のマスは上に流れて下の画像のようになります。

前回が上に流れたので、次に流れる時には最初に下に流れて、次に上に流れる・・・というように交互に流れていきます。

天候


現在の天候は天候ボードで示されます。雲マーカーのあるところが現在の天候です。雲カードを出すと雲マーカーを左右1マスのどちらかに動かすことができます。(ただし、雲マーカーが左端または右端にある時には、どちらか一方向にしか動かせません。)ゲーム開始時には雲マーカーは±0にあります。この状態では、流れる量はパドルカードの最小の数字分だけです。雲マーカーが左に(+1や+2)にずらされると流れる量は(パドルカードの最小の数字+1または+2)となります。つまり、流れが激しくなります。右(-1)にずらされると、流れる量は(パドルカードの最小の数字ー1)となります。


BGAでの操作上の説明
雲カードを出したプレイヤーは雲マーカーを左右どちらかに動かせます。周辺部が赤く変わっているマスに雲マーカーを動かせます。動かしたいマスをクリックします。

落下

川の流れによってカヌーが(上流から数えて)7マス目より先に行ってしまった場合は、滝壺に落ちたことになり、そのカヌーが没収されます。カヌーが没収されてしまった場合は、次のターンから獲得した宝石1個を支払ってカヌーを取り戻すことができます。2隻とも落ちてしまった場合には次のターンで必ず宝石1個を支払ってカヌーを取り戻さなければいけません。2隻とも落ちてしまって、しかも宝石を1個も持っていない場合、次のターンに1隻のみ無料でカヌーを取り戻せます。
なお、落下したカヌーが宝石を積んでいた場合は、その宝石はゲーム開始時にその宝石が置かれていたマスに戻ります。

例1

全員が出したパドルカードのうち最小の数字は「2」です。また、雲マーカーは±0にあります。そのため、川は2だけ流れます。

川が流れてこのようになりました。

例2

全員が出したパドルカードのうち最小の数字は「4」です。また、雲マーカーは+1にあります。そのため川は5流れます。

(上流から)数えて5マス目にある緑のカヌーは川の流れによって7マス目より先に行ってしまうため、滝壺に落ちてしまいました。
落下した緑のカヌーは没収されます。また、緑のカヌーに積まれていた宝石は元の位置に戻されます。

ゲーム終了

次の3つの条件のうち、いずれか1つを誰かが達成したら、そのラウンド終了と共にゲームは終了します。
同じ種類の宝石を4つ集める
5種類の宝石を1個ずつ以上集める
任意の宝石を7個集める
同ラウンドでゲーム終了条件を達成したプレイヤーが複数いる場合には、集めた宝石の価値によってタイブレークとなります。