ぺルド

ゲーム画面

目的

全員のダイスの目を予想するゲーム
最後まで脱落しなかったプレイヤーの勝利

ルール概要

ダイスについて

一人につき5個のダイスが場にある状態でゲームを開始します。
ぺルドで使用するダイスには、1の目の代わりにPacoの目が描かれています。Pacoの目は通常ラウンドにおいて他の目の代わりとして働きます。
自分のダイスの出目は見ることができますが、他のプレイヤーのダイスの出目は見ることができません。

ゲーム進行

ファーストプレイヤー

場にあるダイスのうち、2~6の目がいくつあるかを予想してビッド(=宣言)します。

2番手以降のプレイヤー

2~6の目でビッドする、Pacoの目でビッドする、Dudoを宣言するのいずれかを選ぶことができます。

2番手以降のビッドは、1つ前のビッドよりも大きい目(最大6)か、多いダイスでなくてはなりません。

Pacoの目でビッドする場合は1つ前のビッドの半分(奇数の場合切り上げ)より大きい数でビッドすることになります。
その次の手番のプレイヤーも続けてPacoの目でビッドできます。2~6の目でビッドする場合は、以前のビッドと関係なく目を決めることができますが、Pacoの目のビッドの2倍の数よりも多い数でビッドすることになります。

1つ前のビッドが間違っていると思ったら、Dudoを宣言することができます。

Dudoとラウンド終了

Dudoを宣言すると、全員のダイスが公開されます。
ビッドした目のダイスとPacoの目のダイスの合計数がビッドした数よりも多かった場合(=1つ前のビッドが間違っていた場合)は宣言が成功となり、1つ前の予想をしたプレイヤーのダイスが1つ没収されます。
ビッドした目のダイスとPacoの目のダイスの合計数がビッドした数と同数かそれより少なかった場合(=1つ前のビッドが正しかった場合)は宣言が失敗となり、Dudoを宣言したプレイヤーのダイスが1個没収されます。
次のラウンドはダイスが没収された人から始まります。

Palificoラウンド

誰か一人の残りダイスが1つになると、次のラウンドがPalificoラウンドと呼ばれる特殊ラウンドになります。
Palificoラウンドでは
  • ファーストプレイヤーがビッドした目を変えることはできない。
  • Pacoの目が他の目と同様に扱われるようになる。初めからPacoの目の数をビッドでき、ジョーカーとして働かない。
という特殊ルールがあります。
Palificoラウンドは1ラウンドのみで、残りダイスが1個のプレイヤーがいても次のラウンドは通常ラウンドに戻ります。

ゲーム終了

手持ちのダイスが0個になったら脱落となります。最後まで脱落せずに生き残ったプレイヤーの勝利となります。

Calza(拡張ルール)

他のプレイヤーのビッドが、目・数ともに正しいと思ったときに、Calzaを宣言することができます。
この宣言は自分以外のプレイヤーの予想に対して、誰でもできます。
宣言が失敗した場合(宣言対象のビッドが正しくなかった場合)はダイスを1個没収されますが、成功した場合(宣言対象のビッドが正しかった場合)はダイスを1個獲得します。
添付ファイル